モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしものの試し読みができます!
作・絵: ふくざわ ゆみこ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
「モモンガのはいたつやさん」最新刊は、クリスマスのお話!
モカミさん 40代・ママ

可愛らしい
娘がふくざわゆみこさんの本が大好きで、…

もりのびょういん」 みんなの声

もりのびょういん 作:渡辺 鉄太
絵:加藤チャコ
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2007年06月
ISBN:9784834022841
評価スコア 4.23
評価ランキング 15,366
みんなの声 総数 12
「もりのびょういん」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

12件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • オーストラリアの森で

     舞台はオーストラリア。カンガルーやコアラのほかにも、オーストラリアならではの珍しい動物がたくさん登場します。
     娘は、牙むき出しのタスマニアデビルにちょっとびっくり。
    (実物よりずっとかわいらしく描かれているんですけどね!) 
    ポッサムは、我が家の庭にもしばしば出没していたので、なつかしく思い出しました。
     
     病院で使われる様々な器具や自然の薬にも、興味津々の娘でした。
    「血圧計は、ばあばの家にもあるよね」
    「アロエは、うちの庭にも生えてたね」
    それから、自分が虫歯の治療に行ったときには、
    「注射(麻酔)はしなかったよね」と、自慢げに言ったり。

     お医者さんで痛い思いをした子も楽しめる1冊です!

    掲載日:2010/10/04

    参考になりました
    感謝
    1
  • おさるの夫婦のお医者さん

    このお話は、お医者さんの旦那さんと看護婦さんの奥さんのおさるのお話でした。さすが夫婦、息の合った審査ウの様子がとってもかわいかったです!!色々な動物の症状を端的に診察する凄腕な感じもうちの子が面白いって言っていました!!

    掲載日:2016/04/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • すてきなお医者さん

    病院、お医者さん、治療。
    ちいさな子にとっては、どれも、あまり嬉しいものではないです。

    自然いっぱいの森の中の病院は、とっても開放的。
    子どもが大好きなどうぶつが、診察を受けています。
    “おっさん”なのに、薬がしみて逃げ出すダチョウ、可笑しいです。

    お医者さんは、テキパキと治療をこなすだけでなく、火事からコアラのお母さんを助け出しました!カッコイイ!

    病院って、そんなに嫌なところじゃないかも…。
    お医者さんってカッコイイかも…。

    絵もとっても優しいタッチ。
    病院嫌いのチビッコたちに、おススメです!

    掲載日:2016/04/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • オーストラリア

    娘に読んであげている傍らで聴いていた夫が
    「どうしてオーストラリアの動物ばっかり出てくるんだ?」と
    訊いてくるので確認しました。作者はオーストラリアに住んで
    いるのですね。
    ということを知ってしまうと、ああ、そのうち娘をオーストラリア
    に連れて行ってあげたい(私自身も行ったことはないのですが。夫は
    あるけれど)と思ってしまいます。
    オーストラリアに行ったことがあって、動物達を間近で見ていたならば
    またおもしろさもひとしおだろうになあって。それに、空気が乾いて
    いて、すぐ山火事になってしまって危ないということも実感として
    わかるだろうになあ。
    お恥ずかしながらコアラの赤ちゃんは、産まれて半年ほどは
    おかあさんのおなかの袋で暮らすということを知らなかった私です。

    掲載日:2012/09/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 森の絆でみんな救われる。

    • ひーちゃんさん
    • 40代
    • ママ
    • 広島県
    • 女の子10歳、男の子6歳

    さるのお医者さんと看護婦さん。

    もりでひらいた病院。
    心も傷もなおしていきます。
    そんなつながりのなか
    森のピンチ。
    皆の力を合わせて・・
    だれひとり後ろ向きなことなんていわない。
    清々しいお話です。
    誰かの役に立つ。素敵な事ですね。
    登場人物のだれに自分が似てるかななんて話をしましたよ。

    掲載日:2012/03/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 安心

    森の中に病院があると安心出来ます。コイコイとチャイチャイのようなお医者さんと看護士さんがいるとそれだけでも心強いと思いました。
    やっぱり、怪我をした人、病気になった人が何処でもいるものだと思いました。アロエは小さい頃は家でも大活躍したなあって懐かしかったです。少しの怪我なら家でアロエを塗ってもらいました。「ちちんぷい、痛いの飛んでいけ!」今でも孫にやっているので、微笑んでしまいました。「ちちんぷい、痛いの、痛いの飛んでいけ!」ってよくお世話になっています。その言葉で安心出来ます。

    掲載日:2010/12/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 森の生活

    2歳7ヶ月の息子は、病院が怖くて嫌いなのですが、絵本のテーマとしては病院ネタが大好きなので、探して借りてきました。

    オーストラリアの森の動物たちが生き生きと描かれています(怪我をしていたり病気だったりですが)。中には日本に住む私たちにはあまり馴染みのない動物も多いです。

    前半は、さるの医者と看護婦が森で病院を開き、動物たちを診察します。後半では、森が火事になって、皆で消火します。息子が病院ネタにしか興味がないのか、息子にはまだ話が長過ぎるのか、エミューの診察が終わるあたりで毎回集中力が途切れて聞くのをやめてしまいます。なので、火事の場面はほとんど読んだことがありません。(火事の話を読むなら、消防車の出てくる絵本が良いという理由もあるようです・・・)

    ちなみに、息子が気に入っているのは、診察道具がずらっと並んだページです。

    掲載日:2010/12/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 物語を楽しむ絵本

    淡い優しい絵にひかれ手に取りました。
    オーストラリア在住の作家さんの作品。
    その土地ならではの動物たちもたくさん登場して物語が進んでいきます。
    お猿のコイコイとチャイチャイが森で病院を開いて…という物語性のある絵本。6歳の息子も、8歳の娘もそれぞれに楽しんでいました。なんだかほんわか優しいこの絵本が私のお気に入りの一冊にもなりました。

    掲載日:2009/04/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 読み応えがあります

    絵本ですが読み応えがあります。

    絵も感じがよく気に入りました。

    おさるのコイコイとチャイチャイが始めた病院。ヨガのポーズをコアラととる場面についクスリとしてしまいました。

    オーストラリアの森の様子のようですが、ユーカリの木から油がとれるぐらいですから発火しやすく、火がつくとあっという間に広がると聞いたことがあります。

    診察だけでなく、火事の消火、森の仲間たちが助け合っている姿がよかったです。

    掲載日:2008/12/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • めずらしい動物がいっぱい

    子供って、お医者さんは大嫌い。
    そのくせ、お医者さんごっこが大好きなように、お医者さんのお話も大好きなわが子。
    「もりのびょういん」その題名だけで、これは喜ぶに違いないと、図書館で借りてきました。
    動物といえば、キリン、ぞう、さる、ライオンなどを思い浮かべるけれど、この絵本の中に出てくる動物たちは、ちょっとかわっています。
    タスマニアデビルに、ウォンバット、エミューと続けば、いったい、これはどこの森なんだ?という感じ。
    「お母さん、どれがウォンバットなの?」
    「ウォンバットってどんなの?見たことあるかなぁ。」
    と聞いてくる息子に、これがそうよ、これよ、と指さしながら、読みました。
    息子が一番興味をしめしたのは、治療の器具が勢ぞろいしているページ。
    「むしめがねってどうやって使うの?」
    「はさみは、何をする時に使うの?」
    って。怖いもの見たさ、みたいなものでしょうか。読み終わってからも、そればかり聞いていました。
    大勢に読み聞かせするには、ちょっと遠めが聞かないかなぁと思う絵柄だけれど、お医者さん好きな子供には、楽しい1冊じゃないかな。

    掲載日:2008/09/15

    参考になりました
    感謝
    0

12件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / わたしのワンピース / がたん ごとん がたん ごとん / バムとケロのさむいあさ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • クリスマスのほし
    クリスマスのほし
     出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    クリスマスのプレゼントに!森の仲間たちとトナカイのトニーの素敵なクリスマスのおはなし。


『いのちのはな』のぶみさん、窪田等さんインタビュー

みんなの声(12人)

絵本の評価(4.23)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット