だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

わたしのおうち」 みんなの声

わたしのおうち 作:神沢 利子
絵:山脇 百合子
出版社:あかね書房 あかね書房の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1982年3月
ISBN:9784251030085
評価スコア 4.61
評価ランキング 3,009
みんなの声 総数 32
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

32件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ
  • おうちごっこ

    • きゃべつさん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子9歳、男の子6歳

    子供って、おうちごっことか秘密基地が大好きだと思います。
    そんな子供心をくすぐる一です。

    春の原っぱに、ダンボールでおうちを作っていきます。
    ページが進むにつれ だんだんおうちが出来上がっていく過程は
    大人の私もわくわくしてきます。

    出来上がったおうちで弟と遊ぶ風景とか
    子供らしい遊びかたに、ほのぼのとしました。

    この本を読んだら、原っぱにおうちというわけにはいきませんが
    おうちごっこで遊びたくなります。季節感もいっぱいで今からの季節にいいと思います。

    掲載日:2011/03/31

    参考になりました
    感謝
    1
  • 段ボールで想像が広がる

    こどもって段ボール好きですよね。
    段ボールがあると子どものとき必ず入ってごっこ遊びに使いました。
    この作品でも段ボールでおうちを作って、子どもの想像の世界が広がっていきます。お姉ちゃんと弟の日常的な何気ないやりとりも昔を思い出してほっこりさせられます。
    こどもは目をキラキラさせて読んでくれそうな1冊です。ほのぼのした絵に癒されました。

    掲載日:2016/01/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • ダンボールでおうちを作るものの、弟に邪魔されて外に逃げ出します。でも、動物たちが遊びに来ても親みたいな役をするのは大変。そこへ弟が遊びに来たので、動物よりは仲良く遊べる、、、という話。

    私も昔はこういうダンボールで作ったおうちが欲しくて自分で作りました。ワクワクできて素敵だと思います。

    なつかしい気分になったので☆5つにしました。ちょっと癒されますよ。

    掲載日:2014/02/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • ステキなお家

    このお話は女の子が自分で作った段ボールのお家にいろいろな動物が遊びに来るのを想像しながら楽しんでいました。うちの子女の子に負けじと、こんな動物も来るんじゃない?って言いながら一緒になって想像して楽しんでいました。

    掲載日:2013/05/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 想像するのが楽しい

    • ディドルさん
    • 30代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子5歳、女の子3歳

    5歳と3歳の子供達に読みました。
    おうちに来てくれるお客さんを想像するのを楽しんでいるのは、主人公だけでなく私達も同じ。ワクワクさせてくれる素敵な物語でした。
    絵も可愛いですし、園児へのプレゼントにピッタリかと思います。

    掲載日:2011/12/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • まさにそれは私

    4歳の娘と2歳の息子に読みました。

    登場する『わたし』とそのわたしの弟が
    本当に娘と息子と同じようでした。
    娘も、『この弟は私の弟と同じみたい』と
    とても共感していました。

    ダンボールで作ったへやがわたしの部屋です。
    子供にとってはこういった空間は大好きな空間だと思います。
    その部屋が子供にはこううつるのかなぁと
    親の私も夢中になって読みました。

    キョウダイケンカの多い我が家ですが、この絵本は
    なかよく座って聴いていましたよ。

    掲載日:2010/07/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • わが家といっしょ

    • うーずさん
    • 30代
    • ママ
    • 静岡県
    • 女の子7歳、女の子4歳

    こんなおうち、作りたくなりますよね。これを読んだ娘も、大きい段ボールを欲しがっています。

    そして、下の子に邪魔されるのが嫌だけれど、結局遊んでいるのもわが家といっしょ。読んでいて同感できるところが多かったです。ひとりでの空想遊びも楽しいけれど、きょうだいってケンカしてもやっぱり仲良しなんですよね。

    掲載日:2009/12/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • おうちが作りたくなる

    おかあさんにもらった大きなダンボールで「わたし」はおうちを作ります。
    おうち作りを弟に邪魔された「わたし」は、ダンボールを外へ移動。
    色んな動物が「すてきなおうちね」と訪ねてきてくれることを空想しながら待ちます。
    来てくれたのは...。

    実際にはシンプルなダンボールのおうちですが、空想の中では家具があって、料理も出来る素敵なおうち!
    でも、ただのダンボールでも、子どもの目にはこう見えてるんですよね。
    わくわく・どきどき、お客様をまつ、「わたし」の気持ちが伝わってきます。

    子どものためと言うより、私がこういう話が大好きなんです(笑)
    私も子どもの時、ダンボールで秘密の家を作ったな〜、という思い出がよみがえります。

    息子たちとおうちを作った気分になって読み聞かせます。
    わが家はマンションで物だらけだけど、一緒におうちつくってみたいな。
    息子たちも大好きな本です。

    掲載日:2009/10/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • ちいさな女の子の、ちいさなファンタジー。

    • ちゅら。さん
    • 40代
    • ママ
    • 千葉県
    • 男の子12歳

    とてもとても、可愛らしい絵本です。

    段ボール箱で「わたしのおうち」を作ろうとするおねえちゃん。
    一緒にお手伝いしたい弟が、ちょっと邪魔。
    おうちは原っぱへお引っ越しします。

    ひとりおままごとも始まり、どんなお客さんが訪ねてきてくれるか、
    楽しいことをたくさん考えます。

    ちいさな女の子が想像する、楽しいお客さまのお話しは、
    ちいさなファンタジーのようです。

    さて、本当に訪ねてきた初めてのお客さまは・・・

    きょうだいって、いいなあ。

    掲載日:2009/08/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • すてきなお話でした

    • こがれさん
    • 20代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子3歳、男の子1歳

    お家遊びって本当に子供が大好きな遊びですよね。
    自分だけの場所に、すてきなお客様を呼んで。
    子供が憧れる遊びそのものを描いてくれてあって、
    息子が食いついて聞いてくれました。

    そして、姉妹兄弟って一番のライバルで
    一番の仲良しなんですよね。
    そんな子供の気持ちがとってもよく伝わってくる
    身近に感じられる絵本でした。

    掲載日:2009/07/26

    参考になりました
    感謝
    0

32件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


『ことわざ生活 あっち篇 こっち篇』<br>ヨシタケシンスケさんインタビュー

みんなの声(32人)

絵本の評価(4.61)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット