たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ
 出版社: サンリオ サンリオの特集ページがあります!
メモ&付箋96枚いり!おてがみがもっとたのしくなる折りてがみアイデアがいっぱい♪

イギリス民話 3びきのくま 新装版」 みんなの声

イギリス民話 3びきのくま 新装版 絵:バーナデット・ワッツ
訳:ささき たづこ
出版社:西村書店 西村書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2009年07月
ISBN:9784890139088
評価スコア 3.5
評価ランキング 31,378
みんなの声 総数 7
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 読み比べてみるのも面白い!

    イギリス民話で有名な「3びきのくま」のお話。
    有名なだけにたくさんの絵本が出版されているので,読み比べてみると,それぞれイラストや文章で雰囲気や味わいが違うので面白いです!
    こちらはバーナデットワッツさんの「3びきのくま」。
    優しいタッチのイラストが愛らしい絵本となっています。
    お話はある意味シンプル,だからこそ読み比べてみるのも面白いですね。

    掲載日:2015/12/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • こんなお話だったんですね

    3びきのくまは、よく見かけるし、読んだこともあったような
    気がしていたのですが、読んでみたら、知らないお話でした(笑)。
    読んだ気になっていたんですね・・・。
    何種類かある「3びきのくま」の中でも、この本がかわいらしかったので、
    読んでみたのですが、なんだかたしかに民話っぽいです。
    (ちなみにイギリスの民話です)
    終わりがすっきりしないというか、もやもやしているというか・・・。
    日本の昔話ににていると思いました。
    他の絵本も読み比べてみようかなと思います。

    掲載日:2015/09/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • ほんわかした絵

    • おうさまさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子4歳、

    「3びきのくま」のお話が、他の絵本の中にでてきて、私も読んだことがあるのかないのか、3びきのぶたとも違うしー、と曖昧で、あらためて読みました。
    昔から読まれているお話にしては、たんたんとしているなあという印象でした。
    やさしい絵のタッチで描かれているので、ほんわかした印象です。
    他の絵本の「3びきのくま」と読みくらべしてみてもおもしろいかなあ、とも思いました。

    掲載日:2013/04/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • イギリスのテイストです

    トルストイの「3びきのくま」しか読んだことがなかったので、
    こちらの絵本も読んでみることにしました。

    「3びきのくま」といえばロシア民話だとばかり思っていたのですが、
    こちらの絵本はイギリス民話のようです。
    ストーリーはほぼ一緒なのですが、微妙にニュアンスの違っている
    ところがありましたので、その違いを楽しみながら読みました。

    まず、絵がとてもかわいらしいので、クマの表情も軟らかい印象で、
    クマが怒っているシーンもそんなに怖く感じられませんでした。
    全体的に、淡々と話が展開していく感じです。

    クライマックスのクマと女の子が遭遇するシーンでは、ビックリした
    女の子が、慌てて窓から飛び出して逃げるかと思いきや、階段を駆け
    下りて、上品に逃げていきます。
    なるほど、そういえばこの絵本ではベッドは2階にありました。
    2階の窓から女の子が飛び降りるのは危険ですものね(笑)

    女の子を追いかけたクマでしたが、女の子が金髪だったので、キラキラ
    光ってまぶしくて捕まえらませんでしたという展開には、ついつい
    ツッコミを入れたくなりましたが、絵のイメージからいくとそれもありかな?

    イギリスのテイストがいっぱい詰まった「3びきのくま」、楽しませてもらいました。
    優しいイラストだったので、ドキドキ感が半減してしまったのが少し残念でした。

    掲載日:2011/02/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • ???でした

    3歳1ヶ月の息子に読んでやりました。昔、この童話をなんとなく読んだことがあるのですが、展開をよく覚えていないのでとおもい、私も読みたくて息子に読んでやりました。

    ところが、起承転結に欠けるというか、なにがお話のポイントなのか、どこにクライマックスがあったのか、まったくわからず、終わりも慌てて巻いてしまった感じです。3びきのくまの親子が散歩に行っている間に、女の子がくまの親子の家に忍び込み、おかゆを食べ、イスを壊し、勝手にベッドに寝てしまったところに、親子が帰ってきてびっくり!というお話。なんだか煮え切らないお話でした。

    イギリスの民話がオリジナルのようですが、現地の人に読んでもらうともっとメッセージ性の高いお話になるのかもしれません。残念ながら、この本を日本で読んでもあまり惹かれるお話にはならないと思います。

    掲載日:2010/09/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 優しい印象

    同じおはなしでも絵が違うと随分印象が違うものですね。
    バーナデットの描く女の子はおなかが空いてどうにもならないという
    切羽詰まった感じはなくただただ無邪気な幼子に見えました。
    そしてくま達も、女の子と一緒に遊んでくれるのではないかと思わせる穏やかさ。
    追うのを諦めてブツブツ・・・というくだりの似合わないクマだと思いました。

    掲載日:2010/06/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 美しい絵本です

    「3びきのくま」、いろいろな出版社から出ていますよね。

    そこで息子と読み比べをしています。

    この本は、私の好きなワッツということでどんな風かな?と期待感大でした。

    やはり色遣いが美しいしかわいいですね。

    最近、片山健さんの絵の本を読んだばかりですが、片山さんの絵はエネルギッシュで迫力がありました。

    ワッツの絵は繊細で、調度品も今までの本の中では一番豪華だなあと思いました。

    こぐまのいす以外は、ソファーだったのに、息子と驚きました。

    この本では女の子ですが、金色巻き毛ちゃんとかいろいろな言い方もありますし、おとうさんぐまではなくて名前があるくまの本もありますね。

    この本、細かい書き込みがあるので読むたびに新たな発見があるかもしれません。
    お部屋にふくろうが巣を作っているんだと発見した時には嬉しかったです。
    訳文も読みやすくて絵にも癒されました。

    掲載日:2009/10/07

    参考になりました
    感謝
    0

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


ドイツで大人気!バニーが日本上陸

みんなの声(7人)

絵本の評価(3.5)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット