モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしものの試し読みができます!
作・絵: ふくざわ ゆみこ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
「モモンガのはいたつやさん」最新刊は、クリスマスのお話!
モカミさん 40代・ママ

可愛らしい
娘がふくざわゆみこさんの本が大好きで、…

ロシアの昔話」 みんなの声

ロシアの昔話 絵:タチヤーナ・A・マブリナ
訳・編:内田 莉莎子
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\4,200+税
発行日:1989年
ISBN:9784834001020
評価スコア 4.6
評価ランキング 3,292
みんなの声 総数 4
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • どのお話もすごくおもしろかったです

    すごく長くて大きい本でした。

    おかあさんに、毎日すこしずつ読んでもらいました。

    どのお話もすごくおもしろかったです。

    ハバヤガーとかペチカとか出てくるから、おかあさんに説明してもらいました。

    ロシアのむかしばなしはとてもおもしろいと思います。

    絵本で読んだことがあったお話もたくさんありました。

    ちょこっとちがうところもあるなあって思いました。

    掲載日:2010/01/11

    参考になりました
    感謝
    1
  • 毎日読んでとせがまれました

    低学年から中学年にかけての読み物に困っていた時に勧めていただいた本です。

    総ページ384もあり、とても分厚い本です。

    ロシアの昔話は絵本になっているものもたくさんあって日本でも馴染みのものが多いですね。

    「雪むすめ」「おおきなかぶ」などの有名どころはもちろん収録されています。

    読破するのに二週間以上かかりましたが、息子が毎日のように「ロシアの昔話読んで」と言ってきましたから、相当おもしろかったようです。

    とても読み応えがありました。

    昔話なので日本の昔話や他の国の昔話にも似た要素を見つけて楽しかったです。

    いのちの水、死の水、ハバヤガー、エレーナひめ、イワン、ペチカ、魔法、金などがこのロシアの昔話にはたくさん出てきました。

    そして割と長めのものが多いです。

    ロシアの長く厳しい冬、ペチカの周りで昔話を聞いて過ごしたのかななんて勝手に想像してしまいました。

    内田さんの訳も読みやすくてよかったです。

    自分で読める年齢であっても、この本は読み聞かせで聞いてほしいです。

    ストーリーテリングとしてもよさそうだと思いました。

    文庫も出ていますが、この本は家庭に一冊持っていてもいい本だと思います。私も一冊ほしいです。

    昔話の楽しさを堪能できますよ。

    掲載日:2010/01/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子ども心をわしづかみにしました。

    • あまたろうさん
    • 40代
    • ママ
    • 千葉県
    • 女の子9歳、男の子9歳

    脇明子さんの著書『物語が生きる力を育てる』に紹介されているのを見て、興味を持ち、文庫本サイズを買いました。

    いざ子どもたちに読み聞かせてみると、想像以上に子どもは大喜び。
    私が読み始めると、目を見開き、耳の穴をかっぽじいて(笑)、それはそれはよく聞きます。
    特に息子は、毎晩の読み聞かせに、「今日もロシアの昔話がいい!」と、連日リクエスト。
    それだけ、子ども心をわしづかみにしました。

    内田莉莎子さんの訳です。
    おなじみ「おおきなかぶ」や「ゆきむすめの」のほか、短いお話から長いお話まで、いろいろ入っています。
    さながら昔話の宝石箱みたい。
    絵本もいいけれど、昔話は、耳で聞いてこそ存分に楽しめるものだということを、改めて子どもたちから教えられた思いです。

    昨年のクリスマス、サンタクロースが愛蔵版を届けてくれました。
    大判な分、字も読みやすく、挿絵も迫力がありますね。
    普段は文庫本のほうを読んでいますが、わが家の家宝として、大切にしていきたいです。
    いつか、子どもたちが親になった時、子ども(私の孫ですね。笑)に読んであげてほしいな、なんて思ってます。

    掲載日:2009/04/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 力強い訳

    • おるがんさん
    • 40代
    • ママ
    • 高知県
    • 女の子、男の子

    内田さんはロシアの昔話の訳をたくさんされています。
    絵本にもいっぱいなっています。
    そのおはなしをこうして、一冊にまとめられていて、とても読み応えがありました。

    ストーリーテリングのテキストとしても使えそうです。
    寒い時期に語りたいおはなしがたくさんありました。

    他の国にもあるようなおはなしで、ロシアの生活の厳しさが表れています。
    読み比べるとおもしろいです。

    布張りの表紙もすてきです。お値段は張りますが・・・
    子ども達に、おはなしの世界の雰囲気作りになります。
    ぜひ手にとってもらいたい本です。

    掲載日:2009/02/04

    参考になりました
    感謝
    0

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / もこ もこもこ / おおきなかぶ / くだもの / よるくま

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。


『ことわざ生活 あっち篇 こっち篇』<br>ヨシタケシンスケさんインタビュー

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.6)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット