十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。

12の月たち」 みんなの声

12の月たち 絵:ジョン・シェリー
訳:鈴木 晶
出版社:三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:1991年
ISBN:9784895882163
評価スコア 4
評価ランキング 20,278
みんなの声 総数 2
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • よくばっちゃいけないと思いました

    12の月の話はまえにも読んでもらったことがあります。

    だから、おんなじ話だあと思いました。

    「あそんでいるホレーナはねどんどんみにくくなっていきました」と書いてあったから、絵を見たら、ほんとうにみにくくなっていました。

    「みにくいおひめさま」とにているなあと思いました。なにもしないとみにくくなるのかな?

    マルーシャがなんかいもさむいのにそとにだされるから、かわいそうだと思いました。

    よくばっちゃいけないと思いました。

    掲載日:2009/09/14

    参考になりました
    感謝
    1
  • 絵が美しい

    昔話はよく絵本を読みくらべているのですが、この12月のお話はどれも絵が幻想的ですばらしいなあと思います。

    特に、雪道を歩く場面や、魔法のように冬があっという間にスミレの月になったりりんごの月になったりする場面の変化がまたいいなあと思います。

    この本の絵も厳しい冬の様子、美しい自然の様子がとても美しく描かれていると思いました。

    美しいマルーシャと比較して継母とホレーナの醜い顔に描かれていて、息子が本文と絵を見ながら「何もしないと醜くなるんだね。『みにくいおひめさま』と似てるね」と言いました。

    今回、いろいろとミキハウスの絵本を読んでいるのですが、絵が美しいものが多いなあと思いました。

    掲載日:2009/09/30

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おおきなかぶ / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★


『こえだのとうさん』 いとうさゆりさん インタビュー

みんなの声(2人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット