しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

さんぽみちははなばたけ」 みんなの声

さんぽみちははなばたけ 作・絵:広野 多珂子
出版社:佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2007年03月
ISBN:9784333022663
評価スコア 4.44
評価ランキング 7,729
みんなの声 総数 8
「さんぽみちははなばたけ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 散歩

    広野多珂子さんの作品を以前にも読んだ事があり親近感が湧いたのでこの絵本を選びました。物知りの御婆ちゃんを持った主人公は幸せ者だなと思いました。知識があると散歩もこれ程まで変わってくるのだと驚きました。広野さんの絵が本物の様に丁寧に描かれているのでこの絵本で色々な花の名前を覚えられるのが良いと思いました。特に気に入ったのはヘビいちごの効能です早速取り入れたいと思いました。

    掲載日:2009/03/09

    参考になりました
    感謝
    1
  • 春のお散歩にぴったり♪

    この絵本は、おばあちゃんと女の子がお散歩をしながら、
    野に咲くいろいろな花や草を、紹介してくれる絵本です。
    春はあったかくて、大好きなので、私も娘と毎日お散歩
    をしていましたが、この絵本に出てくる草花が、実際の
    散歩道にもたくさんあって、見つけると、二人して、
    嬉しくなっていました♪
    絵もきれいで、ほんとにたくさんの草花が登場するので、
    とっても勉強になりました。
    この絵本に出てくるおばあさんのように、たくさんの
    知識を身につけたいなと思いました!!

    掲載日:2014/04/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 丁寧な絵

    図書館で借りてみたのですが、広野さんの丁寧な絵が大好きです。女の子の表情や笑顔がかわいくて読んでいて楽しくなるんです。散歩していて目にする草花って名前も知らないし、気に留めていないものも多い。この本を見ると、小さな花でもかわいいものがたくさんあって、いいなとおもいました。家族で散歩して見つけてみるのもいいかも。立ち止まるってことがだいじですね!

    掲載日:2013/12/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 花だらけの散歩道

    このお話はおばあちゃんと女の子が散歩をしながら、その道に咲いている花々について女の子がおばちゃん教えてもらっているお話でした。お花はちょっと興味の薄いうちの子にはちょっと向いてませんでしたが、身近な草花の名前が分かって親は楽しかったです。

    掲載日:2013/08/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 散歩道の花

    おばあちゃんと孫が犬を連れてお散歩してていいなあって思いました。

    私もバキーに孫を乗せてお散歩したくなりました。道端に咲いている可

    憐な花の名前がわからないので、絵本を持ってお出かけするのがいいみ

    たいです。とってもやくにたちそうです。それにしてもおばあちゃんは

    たくさんの花の名前を知っていると感心しました。野草や雑草は、逞し

    いと思いました。

    掲載日:2011/03/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • ママと先生と、散歩のお供に

    まだ図鑑が読めない子、図鑑より物語本が好きな子、いかがですか。
    散歩の途中で見られる、本当に身近な野草(雑草ともいう)が祖母と孫の会話で紹介されています。
    「草にも名前があるの?」から始まって、どんな花が咲くのか薬草になるものがあるなど、わかりやすく分類されて季節が進みます。

    これ一冊で散歩道の花が全部わかるわけではないけど、子供の興味を増進させるにはじゅうぶんな種類と写実的で大きくてわかりやすい絵です(うちの図鑑よりわかりやすい絵だった;;)
    ママバッグに一冊忍ばせて、さぁさぁ散歩に行きましょう。
    保育園のお散歩後に、みんなで読むのも良さそうですね。

    掲載日:2009/03/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • さあ、散歩に出かけよう!

    • 多夢さん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 女の子7歳

    大人になると、ほとんど足元を眺めて歩くことがなくなった。
    でも、子供が出来て、一緒に野原で遊んだり、散歩をするようになると、
    また、足元の雑草にも目がいくように。

    雑草と一口に言っても、ちゃんと名前もあるし、
    可愛い小さな花を咲かせる。

    どんな花があるだろう?
    おばあちゃんが孫を連れて、いろんな花の名前を教えてくれる。
    ただ、道端にひっそりと咲いているだけじゃない。
    ちゃんと、薬になったり色を染める花があって、
    役たたずの雑草ではない。

    ちょっと立ち止まって、自分の足元を見てください。
    可愛いお花がいっぱい咲いていますよ。
    そのお花を見ると、心が優しくなります。
    ちょっと、見方を変えるだけで、素敵な散歩になりますよ。

    掲載日:2008/04/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 知らない野の花がいっぱいでした♪

    姉妹編の野菜畑を先日図書館で借りたら、本屋さんでこちらを発見。
    早速読んでみました!!

    こちらは野菜畑ではなく散歩道の花。
    いわゆる散歩しながら発見できる野草や雑草に焦点があたっています。
    それも春・夏・秋・冬と、それぞれの季節ごとに。

    こちら読んで思ったこと。

    こんなにいろいろな花があるのね〜。
    その種類の多さに驚きました!!

    そして知らない名前ばっか。

    散歩をしてよく見かけるけど、実は名前なんてほとんど知らない私なのです。

    ああ、やっぱこの絵本のおばあちゃんのようになるには
    かなり道のり遠いなあと思ってしまいました。

    掲載日:2007/05/30

    参考になりました
    感謝
    0

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / くっついた / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『誰も知らない世界のことわざ』翻訳者・前田まゆみさんインタビュー

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.44)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット