だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

レイチェル」 みんなの声

レイチェル 作:エイミー・エアリク
絵:ウェンデル・マイナー
訳:池本佐恵子
出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2005年
ISBN:9784776401346
評価スコア 4.33
評価ランキング 11,025
みんなの声 総数 2
「レイチェル」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • レイチェルから学んで欲しい

    小さな頃から自然を愛し、今のように環境保護という言葉が
    当たり前でない時代に、
    人間の行いに警鐘をならしたレイチェル・カーソンの人生が
    語られた絵本です。

    飛行機による殺虫剤の散布で鳥が大量に死んでしまったことについて、
    「人間は、いったい、なぜ、大切な地球にこんなひどいことができるのでしょうか?
    すべての生き物は、複雑な命のつながりの網で、結ばれあっているのが
    わからないのでしょうか?」
    という文章が胸をうちます。
    最後まで読むと涙が出てしまいました。

    これを読めばきっと、普段の行動で変えるべきところがあるんじゃないかと
    自分を見つめなおす機会になります。

    小さな子には難しい文章ですが、小学生くらいのお子様には
    ぜひ読んでいただき、
    自然を愛し守る気持ちを育てていただけたらと思います。

    掲載日:2007/06/04

    参考になりました
    感謝
    1
  • つながっている命

    レイチェル・カールソンというと『センス・オブ・ワンダー』がすぐに浮かびます。

    子育て中にも何度か読みかえした私の大好きな本です。

    『沈黙の春』は読んだことがありませんが、レイチェル・カールソンの偉業に関してはおぼろげながら知っていました。

    レイチェル・カールソンの絵本があることを知りぜひ読んでみたくなりました。

    こうして絵本を読んでみると、我々も自然の一部であり、つながっている命というものを感じます。

    絵もとても美しく、レイチェルの静かな情熱が伝わってきました。

    この本を手がかりに、レイチェル・カールソンのことをもっと詳しく知りたいと思いました。

    掲載日:2011/01/05

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / かぼちゃスープ / こねこのチョコレート

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • クリスマスのほし
    クリスマスのほし
     出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    クリスマスのプレゼントに!森の仲間たちとトナカイのトニーの素敵なクリスマスのおはなし。


『いのちのはな』のぶみさん、窪田等さんインタビュー

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット