だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

にぎりめしのすきなだいじゃ」 みんなの声

にぎりめしのすきなだいじゃ 作:松谷 みよ子
絵:長野 ヒデ子
出版社:小学館 小学館の特集ページがあります!
本体価格:\650+税
発行日:2001年
ISBN:9784097472247
評価スコア 4.14
評価ランキング 17,177
みんなの声 総数 6
「にぎりめしのすきなだいじゃ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • おにぎりで助かった

    私にとっても、初めて読む昔話でした。
    父親の知恵と息子の勇気とが上手く合わさって、命拾いをしたのだと思います。
    大蛇を殺して退治するのではなく、おにぎりでお腹いっぱいにして追い払うやり方も、残酷でないのでいいですね。

    掲載日:2013/02/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大蛇

    握り飯が好きな大蛇で本当によかったとほっとして嬉しくなる絵本でし

    た。握り飯をお腹いっぱい食べて帰る大蛇の嬉しい顔に読んでいる私ま

    でがとても満足感でいっぱいになる絵本でした。

    松谷みよ子の愛情溢れる画き方に感動してしまっていつまでも余韻が楽

    しめる私でした。

    掲載日:2012/02/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • かっこいいのか!?

    この絵本で大蛇が川上から登場してくるシーンがあるのですが、うちの子はその姿がかっこよく見えたそうです。最近うちの子は紫色が好きで、なんでも紫色にしてるので、この絵本の大蛇も紫色なのも気に入っていたポイントでした。

    掲載日:2012/02/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 寡黙な父親。

    • 多夢さん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 女の子9歳

    「男の子がうまれたが、12の歳に大蛇に飲まれて、
     死ぬという運命。」という山の神の声を聞いたおとこ。
    それが、わが子だと知ったとき、腰を抜かしそうになるが、
    山で聞いたことは、誰にも言わず、あかんぼうを育てた。

    男は、最後までなにも語らない。
    どんなに、心配だったろうと思うが、
    嫁にも話さず、ただひたすらに自分の胸にだけに収めていた。
    父親って、そうなのかな〜。
    すごいな〜と思いました。

    怖い大蛇も、山ほどのにぎりめしで、
    腹いっぱいになって帰っていく姿が、
    なんとも可笑しい昔話でした。

    掲載日:2009/11/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • おもしろいお話

    自分の子どもが12歳で大蛇に飲み込まれて死ぬと知った男。ここまでの話で、「ねむり姫」を思い出しました。

    土手を直す工事に出かけることになった息子。けがをして一緒に出かけられない親の気持ちは?私だったらきっと行かせないかもしれないと思いました。

    途中怖いところもありますが、残酷な場面もないし、安心して読むことができる昔話だと思いました。

    題名もさることながら、大蛇がにぎりめしを食べる場面では息子は笑っていました。息子は、おもしろいお話が好きなので気に入ったようです。

    掲載日:2008/07/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • おむすびが好きで、良かったです。

    • NON×2さん
    • 30代
    • ママ
    • 愛媛県
    • 男の子8歳、女の子5歳

    最近ん、昔話もよく聞いてくれるようになった、我が子に聞かせました。
    昔話は、独特な語りで、私は好きです。
    懐かしさと共に読みました。

    「12の年に大蛇に飲まれて死ぬ」
    と神様から言われていた息子。
    食べられないようにするには?
    にぎりめしを、いっぱい大蛇に食べさせ、飲まれなくなったお話です。

    誰も傷つかない、お話です。
    よかったよねぇ。と、思える本です。
    リズミカルで、わかりやすく、聞きやすいです。
    今までの昔話にない展開だったような気もします。
    小さな子供に、いいお話です。

    掲載日:2007/06/07

    参考になりました
    感謝
    0

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • クリスマスのほし
    クリスマスのほし
     出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    クリスマスのプレゼントに!森の仲間たちとトナカイのトニーの素敵なクリスマスのおはなし。


第11回 『くつ あらいましょう』のさこももみさん

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.14)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット