雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
かずっこ☆さん 30代・ママ

心打たれる
宮沢賢治の心がまっすぐ表現されているこ…

もりはおもしろランド 5 もりのおもちゃやさん」 みんなの声

もりはおもしろランド 5 もりのおもちゃやさん 作:舟崎 靖子
絵:舟崎 克彦
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\800+税
発行日:1983年
ISBN:9784033133003
評価スコア 4.69
評価ランキング 1,519
みんなの声 総数 12
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

12件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • ステキなおもちゃ屋さん

    このお話は、イタチさんが森のみんなに呼びかけて、みんなが作ったおもちゃを持ち寄って飾る素敵なおもちゃ屋さんのお話でした。自分で作ったもんを売るのではなくて、みんなが作った物を披露する場所という変わった感じのおもちゃ屋さんだったのがうちの子には羨ましかったみたいです。

    掲載日:2016/05/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • もりはおもしろランドは
    たくさんシリーズがあるんですね。
    見開きに地図もあり、
    大人の私がみても
    ちょっと行ってみたい場所に思えてきます(笑)

    どうぶつたちがお店や職業についていますが、
    特徴をつかんでいたり、
    個性を発揮していて
    文字が多いわりに
    すんなり入っていけるストーリーです。

    創作された おもちゃが次々と並び
    これはすごいアイデアと思える
    おもちゃ。
    ワクワクします。

    大型ショッピングセンターの時代ですが、
    こういう楽しいお店、
    ぴったりのイメージのお店、
    顔なじみのメンバーがあつまる楽しさって
    絵本の世界でも
    読んでいて幸せな気分になってきました。

    子供さんが
    ひらがなが読めるようになり
    自分で本を読みたくなったら
    このシリーズは楽しめるのではないかな。。と思いました。

    掲載日:2015/09/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • まさに今!!

    おもちゃやさんというと、子供なら

    ワクワクする場所だと思います。

    どんなおもちゃを買ってもらおうかなと

    勝手に盛り上がってしまう場所ですね笑

    この絵本は森の動物がそれぞれ持ち込んだおもちゃを

    見せ合う場所、といってもいいと思います。

    段ボール、空き缶、サランラップの芯、

    空き箱、エアークッション、牛乳パック・・・。

    なんでも利用して工作する息子にとって

    この絵本は、さらに刺激されたと思います。

    それぞれが工夫して工作していたのが、

    いいと思います。

    一番がどれかということではなく、

    すべてが素晴らしい作品でした。

    掲載日:2015/02/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子ども心をくすぐるね

    「おもちゃやさん」などという、子どもにとっては、ものすごーく
    魅力的な言葉が使われているだけでなく。
    そのおもちゃやさんをやるために、おもちゃを自分達で作ってしまうと
    いう、本当に子ども心をくすぐる物語でした。
    既製のおもちゃを用意するのではなく、それぞれが工夫して・・って
    いうのがいいですね。子どもにもこうあってほしいなあって思うし、
    でも、実際、小さな子どもはほうっておけばこんな風に自分で工夫して
    楽しくおもちゃを作り出すことができるものなのですよね。
    最初におもちゃやさんをひらこうと考えたたぬきさんのおもちゃが
    すごいです。いかにもたぬきのおもちゃらしくて!
    工作大好きな娘も刺激を受けたのではないかしら。

    掲載日:2013/06/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • さすが、おもちゃやさん

    たぬきさんは、何のお店を開こうかと考えています。
    それも、そのはず。
    もりには、たくさんのお店がありますからね。
    思いついたのが、おもちゃ屋さんです。
    これなら、きっとみんな大喜びするはず。

    でも、なかなか、おもちゃのアイデアが浮かばない様子です。

    もりの仲間の個性的なおもちゃも、楽しかったのですが、さすが、おもちゃやさんです。
    たぬきさんのおもちゃは、ずっとすごかったですよ。
    「まるで魔法!?」と、思いました。

    掲載日:2011/11/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • さすが、たぬきのおもちゃやさん

    たぬきさんが一番欲しかった言葉、「さすが、たぬきのおもちゃやさん

    」を言ってくれる人がいて本当によかったと思いました。

    これからの励みになるし、自信もついたと思います。

    おもちゃやさんを選んでよかったと思っていると思いました。

    「たぬきさんのばけちゃうぞ」が流行すること間違いないです。

    そんなおもちゃが孫にほしいと思いました。

    おもちゃがいっぱいでみんなの自信作がとてもよかったです。「もりの

    なかはおもしろランド」にも夢があっていつまでもほんわかムードで

    いられました。

    掲載日:2010/07/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • シリーズ

    以前にもこのシリーズを読んだことがあり親近感が湧いたのでこの絵本を選びました。学生時代にもこの絵本を読んだことを思い出しとても懐かしく感じました。登場人物も御馴染みの狸が登場して嬉しくなりました。素晴しい発想で大発明をしてみなの心を掴んだ主人公に感動しました。

    掲載日:2010/07/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • さすがたぬきさん

    いろんな動物さんたちが住んでいる《もりはおもしろランド》シリーズの1冊です。
    この本の主役は、たぬきさん。
    何のお店を開こうかと考えて、おもちゃやさんをしよう!と思いつきます。
    そこからのたぬきさんのアイディアが楽しいです。
    森の皆から、自分自身をモチーフにしたおもちゃを募集しちゃうのです。

    次々に集まったおもちゃたち。
    みんな楽しいアイディアばかり。
    たぬきさんの作ったオモチャ、さすが自分でオモチャ屋さんを開こうと思うだけありますよ〜!

    このシリーズは毎回主役が入れ替わりますが、登場人物たちはおなじみのメンバーです。
    1冊だけでも楽しめますが、全部読むと一段と楽しさが増しますよ♪

    掲載日:2010/02/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • おもちゃ屋さん開店

    • ミトミさん
    • 30代
    • ママ
    • 岐阜県
    • 女の子9歳、女の子8歳、男の子0歳

    森にたぬきさんのおもちゃ屋さんが開店しました。

    ここのおもちゃ屋さんには普通のおもちゃはないんですよ。
    動物達が考えたアイデアおもちゃばかり。
    それも動物の特徴、特技を生かした素敵なおもちゃばかりです。

    なんだかどれも楽しそうなおもちゃばかりで、
    本当にあったら遊んでみたいな!

    そんなおもちゃを見ていて、
    「夏休みの自由工作になんだかいいヒントをもらえそう」
    なんて思ってしまいました。
    自由工作ってなかなかいいアイデアが浮かばないんですよね。
    動物達の素敵なアイデアおもちゃに感心しちゃいましたよ。

    それにたぬきさんが考えたおもちゃすごいんですよ!
    でもなかなか登場しなくて読みながら
    「たぬきさんの特徴って何だろう?どんなおもちゃなんだろう?」
    とおもちゃが出てくるまでワクワクした気持ちでした。
    絵本でこんなワクワクした気持ちで読めたの久しぶりでした。

    これは子供に読んで欲しいな!と思い子供の机の上に・・
    「おもちゃやさん」と言うタイトルに興味持ったようで
    早速読んでくれました。
    とても読みやすかったようで「あっ」という間に読み終わり
    「このシリーズ他にないの?」と一言。
    娘好みの本だったようです。
    親子趣味が似ているのかな?

    このシリーズ人気のようで、図書館でもほとんど貸し出し中。
    予約してシリーズ全部読みたいと思いました。

    掲載日:2008/10/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • たぬきさんらしいおもちゃ

    息子が毎日のように図書館で借りて来るシリーズです。

    たぬきのおもちゃやさんが開店します。

    みんなで作ったおもちゃを比べてみようとという企画がおもしろかったです。

    たぬきさん、おもちゃ屋さんというメンツがありますから、普通のおもちゃではいけなくて…。

    とてもたぬきさんらしいおもちゃだなと思いました。

    他の動物たちが作ったおもちゃも、それぞれの特徴をよく出していると思いました。

    こんなお店がある森の中は、すごく楽しいでしょうね。

    息子が次は森のどんなお話を借りて来てくれるのか?とても楽しみにしています。

    掲載日:2008/10/24

    参考になりました
    感謝
    0

12件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / バムとケロのおかいもの / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



柚木沙弥郎さんのあかるい「雨ニモマケズ」

みんなの声(12人)

絵本の評価(4.69)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット