くまの子ウーフ くまの子ウーフ
作: 神沢 利子 絵: 井上 洋介  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
遊ぶこと、食べること、そして考えることが大すきなくまの子ウーフ。ほら、今日もウーフの「どうして?」が聞こえてきます!
アマアマ47さん 40代・ママ

考えさせらる、色々な事を
6歳の息子と3歳の娘に読みました。 …

だれか たすけて」 みんなの声

だれか たすけて 作:角野 栄子
絵:宇野 亜喜良
出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:1996年
ISBN:9784337022010
評価スコア 3.33
評価ランキング 37,339
みんなの声 総数 2
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 小さい子にはちょっと怖いかも

    宇野亜喜良さんの絵が利いています。
    絵本作家というより芸術家の領域です。
    話は、小さい女の子の話。
    寝る前に見たテレビが様々な夢を呼び起こします。
    身の回りのものがいろいろな動物に変身して、しかも宇野さんの絵は本当に怖い。
    寝る前に読んであげると、夜中に本当に助けを求められるかも知れません。

    掲載日:2009/11/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 何か好きだな^^☆

    タイトルに魅かれて図書館で借りてきました。
    (まったくもって母の勝手な心情からだったのですが。。)

    いや、でも、読んでよかったです。
    まず宇野亜喜良氏の絵がいい!キレイだけどちょっとコワい
    ような雰囲気が、熱があるときの少し夢と現実があやふやに
    なっているようなお話とすごくあっていると思いました。

    子ども達は、家具が動物に変身することに興味津々でした。
    ソファーがカバに、ピアノは。。へぇ〜、そうなるか〜!!

    ストーリー的にはありがち?絵も小さい子にはコワいかも?
    でも、私は好きかも〜♪って思う絵本でした^^☆

    掲載日:2007/06/05

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / うずらちゃんのかくれんぼ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『桃太郎が語る桃太郎』クゲユウジさん 岡村優太さんインタビュー

みんなの声(2人)

絵本の評価(3.33)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット