クネクネさんのいちにち きょうはパーティーのひ クネクネさんのいちにち きょうはパーティーのひ
文・絵: 樋勝 朋巳  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

たなばたさま」 みんなの声

たなばたさま 作:住井すゑ
絵:滝平 二郎
出版社:復刊ドットコム 復刊ドットコムの特集ページがあります!
本体価格:\1,800+税
発行日:2007年02月
ISBN:9784835442860
評価スコア 4.25
評価ランキング 14,732
みんなの声 総数 7
「たなばたさま」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 意外な七夕

    恋人として日本では知られる七夕星の、中国でのお話。

    実は二人は滅びた王家の子、兄妹だったのです。星になった母のように、星になりたいと必死で働くうち、星になった、、、、

    意外なストーリーについひきこまれます。

    中国で聞いたらどういう話なのか、中国人と話をしてみたい気がします。

    掲載日:2017/07/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • きょうだいが七夕の星になるお話です。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子21歳、女の子16歳

    日本で俗に伝えられている恋人同士の七夕の物語よりも、ずっと心に残るお話でした。
    この物語で、牽牛星は兄の白光。
    淑女星は妹の紅華。
    きょうだいが七夕の星になるお話でした。
    物語の舞台は中国の華北地方に伝わる伝説……でしょうか(?)
    作者は「橋のない川」の著者:住井すゑさんです。
    絵は滝平さんで、独特の木版画が物語にあっていて味わい深かったです。

    話もいいし、滝平さんの絵ですから遠目もきくので、ぜひ子どもたちに紹介してみたいと音読して時間を量ったら、(早口でやって)15分以上ありました。
    読み聞かせで小中学校にもっていくのは、時間的に難しそうです。
    やや昔風の言葉遣いなども出てきますが、とても素敵な物語でした。
    興味のある方はぜひ読んでみてください。
    また、他の七夕の絵本を紹介して、こういうのもあるよってブックトークしてくるのはありだと思います。

    掲載日:2017/03/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 変わったお話ですが

    恋人同士の、織姫・彦星のお話ではなかったので、少し驚きましたが、読み終えてみると、二つの星が兄妹ということが、すんなりと思えました。

    高貴な身分らしく、言葉遣いなどは難しい言い回しが使われていますが、そのことで物語自体にも品が感じられるようです。

    悲しいお話なのですが、とても印象深く残りました。

    掲載日:2012/07/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 兄妹愛と労働観

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子17歳、男の子15歳

    七夕の由来のお話なのですが、マイナーな民話の再話か、オリジナルストーリーでしょうか。
    よく知られているお話とは趣が違います。
    中国山西省の地主、王(ワン)家に白光(はくこう)、紅華(こうか)という兄妹がいたのですが、
    両親は不意打ちにあい、屋敷とともに落命します。
    母の機転で生き延びた兄妹は、母の教えに従い、川下の領主に奴隷として仕えるのです。
    奴隷という過酷な環境にいながらも、母の遺言を守り、懸命に生きる兄妹が健気です。
    ひたすら天の星になることを願う兄妹の姿は神々しいばかりです。
    通説の夫婦愛ではありませんが、兄妹愛が素晴らしいです。
    奴隷という立場を悲観するのではなく、労働の喜びを感じるあたりも
    素晴らしいと思います。
    滝平二郎さんの切り絵がそれはそれは美しいです。

    掲載日:2011/07/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 住井すえさんのたなばたさま

    住井すえといえば、名著「橋のない川」の長編を思い出します。
    そして、牛久沼と部落解放運動のイメージが強いのですが、絵本作品もあったのだと驚きました。
    そして絵が滝平二郎。
    たまらない組み合わせです。

    お話の舞台は意外にも中国。
    牛飼いとおり姫が兄妹だという話にも驚きましたが、数奇な運命の後に七夕のお話につながっていることに、とても印象深く読みました。
    評判の高い領主であった父親が、隣の領主に襲われるところから話が始まります。
    兄妹は川下に逃げ、子どもを逃がした母親は父の最期をみとるために館に戻ります。
    母親は死に星になります。
    母親の言いつけに従い、川下の領主に奴隷にしてもらう兄妹。
    どうして奴隷なのだろう?
    奴隷の身分から牛飼い、おり姫になる展開に住井さんらしさを見つけました。

    七夕は哀しいお話であるから、年に一度の星空を期待されるのでしょう。

    掲載日:2010/06/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • ところかわれば・・・

    育った家柄も身分も隠してどれとなった兄妹が、
    天の星になった母に会う、うれしさや奴隷であるが故に
    悲しい思いをしたことを読むと、私たちがよく耳にする
    織り姫や彦星のお話しとは違った、奴隷などが登場する
    辛くて険しい社会を背景に悲しくなるおはなしでした。

    挿絵も「花さき山」や「モチモチの木」でお馴染みの
    滝平二郎さんが担当されていて、兄妹の思いや風景が
    きれいに映し出されています。
    ところ変われば悲しい七夕のお話。と言った感じなのですが
    兄妹愛の素晴らしさも感じた作品でした。

    掲載日:2007/07/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • こんな「たなばたさま」のお話もあります。

    息子が図書館で見つけてきました。てっきり織姫と彦星の話かと思ったのですが、舞台は中国大陸のお話。地主の王家(ワンケ)二人の兄妹・白光と紅華は家に攻め込まれ、母に逃げるように言われ、家を出ます。

    兄妹が身分を隠し、奴隷となって働く姿は森鴎外の「安寿と厨子王」を連想させます。所変わっても「たなばたさま」にまつわる話は悲しいお話だと思いました。作品のベースには、奴隷解放や平等への願いがあるように感じました。たなばたの時期にオススメします。

    掲載日:2007/06/06

    参考になりました
    感謝
    0

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。
  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!


『1日7分の絵本で子どもの頭はみるみる良くなる!』浜島代志子さん×金柿代表

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.25)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット