十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。

風の又三郎」 みんなの声

風の又三郎 作:宮沢 賢治
絵:小林 敏也
出版社:パロル舎
本体価格:\2,000+税
発行日:1997年
ISBN:9784894191648
評価スコア 3.5
評価ランキング 31,548
みんなの声 総数 1
「風の又三郎」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 宮澤賢治の子供の世界の描き方がなかなか面白いなあ〜

    小学生の男の子達の遊びが魅力的に描かれているなあ〜

    転校してきた三郎、彼は、お父さんの仕事で転校してきた。はじめはみんなも、違和感があったけれども、そこは子供の、すばらしさで、三郎を仲間に、いろんな遊びをする。
    一番大きい6年生の、一郎を中心に、それぞれの子どもたちが独りひとり、個性があり、存在感がある。
    子供の好奇心は、いつの時代も同じだなあ〜

    男の子は、面白い!(魅力的だ)
    不思議な経験を、いろいろしている。
    三郎もすっかり仲間になっていて、風の又三郎と不思議な存在として描かれている、みんな、一目おいていたのだろう!

    このお話を、さらに盛り立てているのは、小林敏也氏の絵だと思う。
    美術館の作品を見ているようで、心地が良い、馬の絵、耕助が、木を見上げる絵はとても
    気に入りました!
    川で裸で泳いで、、木に登っている絵も面白い!

    三郎は、お父さんの仕事でまた、北海道に帰っていく、みんなにお別れの挨拶もすることなく・・・・

    どっどど どっどど どどどど どどこ どどこ 風三郎
    歌が あって、保育園の子どもたちと歌ったのが懐かしい!

    風の又三郎は、今頃どうしているんだろう。

    そして村の子どもたちは、三郎がいなくなってどんな風に思ったんだろう?
    余韻を残すお話でした。

    掲載日:2007/06/07

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

きんぎょがにげた / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!


『こえだのとうさん』 いとうさゆりさん インタビュー

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット