ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」

いちねんせい」 みんなの声

いちねんせい 作・絵:はせがわ ほういち
出版社:フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
本体価格:\850+税
発行日:1997年
ISBN:9784577016046
評価スコア 4
評価ランキング 18,712
みんなの声 総数 5
「いちねんせい」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 時間の流れを楽しむ

    トコトコスキップえほんシリーズの一つです。

    ストーリーを楽しむ本ではなく、ある場所における時間経過を楽しむような本になります。朝の学校がページをすすめていくうちに夜になるといったところでしょうか。

    この本は一人で読ませるのではなく、親子で絵を見ながら感想をいいあうのが良いかと思います。

    就学前の娘は、いちねんせいへの期待からこの本をきにいっていますが、このシリーズでは、動物園やデパートの方が細部まで作りこんであって、一緒に読む場合では会話量はそちらの方が多くなるとかと思います。

    絵本の中で、えがかれる子供たちがそれぞれどのように動いていくかを追っていくなど、発見が楽しい本です。

    掲載日:2013/12/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 小学校

    まだまだ先のことになりますが、小学校に通う孫を思い浮かべながら絵

    に魅入ってしまいました。小学校に通う朝の一日から始まって、学校で

    の様子が絵と一人ひとりの言葉で画面いっぱいに画かれていて楽しいで

    す。一人ひとりには夫々のドラマがあって、ページを捲ったり、まだ戻

    って見るのも楽しいです。夫々が物語りをつくって自分の好きなように

    考えるのも嬉しいです。授業中は、まだまだ一年生らしくじっと集中し

    て聞いてないのでちょっと安心しました。用務員さんが、春の日差しい

    っぱい浴びながらおにぎりを食べていたり、うさぎさんが小屋から出た

    りとページ捲る度に新しい発見が出来てよかったです。

    掲載日:2011/03/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 自分でお話を作れちゃう!!

    息子も4月から一年生。
    私たちの住んでいる地域では集団登校&集団下校です^^;
    そんな集団登校から集団下校におわる小学校1年生のお話。
    「あ、今はたしざんしているのかなあ。」
    「あ、今はきゅうしょくだね〜」
    とか、小学校ってこんな感じで過ぎていくのかあ・・・というのが疑似体験できちゃいます^^;
    「ここの子、きゅうしょくこぼしているね〜」とか、
    「時計がこわれている!!」とか、
    挿絵に色々なことが書かれているので、
    自分でお話を作りながら楽しめちゃう1冊です♪

    息子は読みながら、「ぼくの行く小学校でもこんなことするのかなあ?」といったり、
    小学校に向けての期待がいっぱいになったようです^^;

    掲載日:2008/03/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 眺めていると見えてくる

    ここにはストーリーはありません。でも学校での一日の様子をイラストとちょっとしたコメントが描かれてあり、それがかえって時間の動きを感じさせてくれる面白さがあります。
    幼稚園に通っている娘はまだしょうがっこうという場所を漠然としかしりません。
    でもこれならば絵を通して勉強している様子、休憩時間の様子、給食の様子、下校時間の様子・・ほんとに細かく楽しく描写されていて何度ページを見ても新しい発見があるはずです。
    細かく見ていると・・あ!あるあるという懐かしい場面もたくさん見つけられ大人の私のほうが和んでしまいました。

    小学校に入学前のお子さんにも・・いまいちねんせいの子どもさんにも楽しめると思います。

    掲載日:2008/03/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • ちょっと早かったけど

    一年生の通学風景から始まって
    帰りの風景までの一日の様子を時間を追って
    描いた絵本です。
    幼稚園児の娘にはあんまりよく判らなかったみたいですが
    親の私が遠い小学生時代を懐かしんで眺めました。
    授業風景ではうとうとしてる子がいたり
    後ろを向いて“消しゴムかして〜”なんて言ってる子。
    窓の外をぼーっとみてる子なんて細かく描かれていて
    そうそうそんな感じ〜〜♪とか思いながら楽しく読みました。
    教室で飼っている小鳥やうさぎ小屋のうさぎたちにもハプニングが起きていたりしてよくよく探すと相変わらず面白いです。
    このシリーズはオススメです。

    掲載日:2007/06/07

    参考になりました
    感謝
    0

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / となりのせきのますだくん / まあちゃんのながいかみ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うきわねこ
    うきわねこの試し読みができます!
    うきわねこ
    作:蜂飼 耳 絵:牧野 千穂 出版社:ブロンズ新社 ブロンズ新社の特集ページがあります!
    MOE絵本屋さん大賞第2位!満月の夜の、ふしぎなおはなし。
  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★


すべてのおとなとこどもに贈ります

みんなの声(5人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット