もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

ふわふわふとん」 みんなの声

ふわふわふとん 作・絵:カズコ・G・ストーン
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\900+税
発行日:2001年10月
ISBN:9784834017830
評価スコア 4.45
評価ランキング 8,072
みんなの声 総数 43
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

43件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 次の10件 最後のページ
  • さむ〜い今の季節に!

    さむいさむい今の季節におすすめの絵本です。
    小さい虫たちが寒々しい自然中を、おふとんを探しに旅に出るお話です。
    とちゅうの霜柱や雪がとっても寒そうで見ていてぶるぶるしました…。
    でも最後はあったかい「おふとん」に出会えます。
    読んでいて最後はあったかい気持ちになれました。

    掲載日:2016/01/19

    参考になりました
    感謝
    1
  • ふわふわ〜

    冬は寒いですね。
    ちっちゃなむしたちにとってはなおさらのこと。
    ちょっとした北風や雪でぱたりと死んじゃうことにも
    なりかねません。
    そんな時、ふわふわふとんがあったなら。
    むしたちも快適にぬくぬくと寒い冬を過ごせますね。
    みんなで協力しあってががいものたねを運んでくるのも
    いいなあと思うし、みんなでやなぎハウスで暮らすのも
    いいなあって思います。大勢で一緒に暮らすのって
    夢です。
    私も、私のふわふわふとんが欲しくなりました。
    ががいものたねじゃ小さすぎるだろうしなあ(笑)。

    掲載日:2010/12/08

    参考になりました
    感謝
    1
  • 綿毛がいっぱい

    虫たちがあまりに寒いので、
    家を温かくできるものを探しに行くお話でした。
    霜柱の森は、冷たそうで、途中から雪も降ってきて
    ほんとうに寒そうでしたが、のねずみさんのおかげで
    助かりましたね。
    ちいさな虫たちは、ガガイモの種のなかに乗って帰れたし
    ふわふわの綿毛は、おふとんのようで、温かい気持ちになれる
    絵でした。
    ちいさな生き物たちの、この作家さんのシリーズは素敵です。

    掲載日:2018/03/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • やさしい絵本

    • じっこさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子5歳、男の子1歳

    優しい絵と文章で描かれた、小さい虫たちのお話です。派手さはないですが、しみじみといいです。
    虫たちは温かいおふとんを自分たちの家に持ってくるために頑張ります。いろいろ困難はありますが、ネズミの助けもあり、無事に家までふわふわの布団を運ぶことに成功します。
    娘はまぁまぁ気に入ったようでした。冬に読みたい本です。

    掲載日:2017/02/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • あったかおふとん

    寒さに凍える虫たちが、あたたかいふとんを探しにでかけます。

    小さな虫たちからみると、霜柱ですら森のよう。うちの娘も、ビックリしていました。
    人間にとっては、ほんの数歩の世界でも、虫が進むとなると、結構大変そうでした。

    苦労の末、手に入れたふわふわふとん。
    とってもあったかそうでした!

    掲載日:2016/08/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 冬に読みたい絵本!

    カズコGストーンさんのこのシリーズ,繊細な色鉛筆画で虫達の世界が描かれ,親である私が読んでも見応えがあります。
    我が家の娘は女の子ですが虫が好き,このシリーズ大好きです。
    今回は冬支度をしたり雪が降ったりと,まさに冬に読みたい絵本です。
    自然の色々なことに興味を持つきっかけにもなる絵本ではないでしょうか。
    春夏秋冬で読んでみたくなりますよ。

    掲載日:2015/06/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 虫ならでは

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子3歳、女の子1歳

    寒い冬がやってきます。
    やなぎむらの虫たちはふわふわふとんをさがすことに。
    ありのぼうやと同じくかがいものたねがどんなものか私は大人ですが分からなかったので勉強になりました。こどももわからなかっただろうから作中で答えがあるのは助かりますね。
    かがいものたねをおふとんにするだなんて虫ならではのお話しだなーと思いました。

    掲載日:2015/02/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 冬にぴったり

    寒くなって、あたたかいふとんをさがす虫たち。
    途中でしもばしらから降りれなくなった虫が、ががいもの種があたたかいと教えてくれます。

    ががいも?早速ネット検索!
    見たことの無い植物です。
    実の中に綿毛がたくさん詰まっています。

    絵本ではどんなふうに描かれるのか楽しみにしながらページをめくります。
    虫たちにとってががいもは巨大なんですね。
    新しく仲間も増えてひっぱっていきますが、なかなか大変。
    親切なねずみが助けてくれました。

    そしていよいよ、ががいもの実から綿毛を出します。
    期待通りのふわふわの綿毛です。
    虫たちの達成感と喜びが伝わってきます。
    自分も綿毛に包まれたように思えますよ!

    掲載日:2014/12/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 協力

    3歳の息子に図書館で借りてきました。

    ががいも???
    って聞いたこともなくて初めて知りました。
    だから本って知らないことを教えてくれる
    大切なものだなと改めて思いました。

    小さな虫たちが協力して寒くて厳しい冬を
    快適に過ごすための知恵
    たくさん詰まっていると思います。

    ねずみさんの優しさに心奪われました!

    掲載日:2014/11/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • ねずみさんが力もち

    小さな虫たちにとっては、冬の寒さはこたえるでしょうね。
    冬を越すために、みんなで家を準備して、ふわふわふとんを探しに行って。
    面白かったのは、ねずみさんが力もちに描かれていたこと。
    他のお話では、小さな存在でも、やなぎむらの虫たちの目線になれば、大きくて頼りになるのですね。

    掲載日:2014/01/17

    参考になりました
    感謝
    0

43件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / よるくま / ちょっとだけ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • はるがきた
    はるがきた
    作・絵:ロイス・レンスキー 訳:さくま ゆみこ 出版社:あすなろ書房 あすなろ書房の特集ページがあります!
    おひさま ぽかぽかかぜは さわやか
  • 透明くれよん10色
    透明くれよん10色
     出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    ★スルスル描ける新感覚クレヨン★     水彩えのぐみたいに下絵が透けて見える!


いろんな場所へ旅する楽しい乗り物のしかけ絵本

みんなの声(43人)

絵本の評価(4.45)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット