だれのあしあと だれのあしあと だれのあしあとの試し読みができます!
作・絵: accototo ふくだとしお+あきこ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
雪のうえにのこったあしあと、さあ、だれの? あてっこ遊びができる絵本!

キップコップのこどもたち」 みんなの声

キップコップのこどもたち 文・絵:マレーク・ベロニカ
訳:羽仁 協子
出版社:風濤社
本体価格:\1,200+税
発行日:2006年10月
ISBN:9784892192821
評価スコア 4
評価ランキング 18,462
みんなの声 総数 7
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 家族っていいね!

    全頁試し読みで読みました。キップコップに5人の子供たちが増えて、7人家族になってよかったと思いました。心配できる家族が出来て賑やかになって羨ましいです。5人の子供たちが、協力して移動式の家を造ったので、もう家の心配はしなくてもよくなったので安心しました。

    掲載日:2016/05/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 一緒に読みたい絵本です

    少しレトロな色合いが愛らしく、とても味のある絵本です。

    この、キップコップシリーズは他にもありますが、
    特にこの巻は優しい色使いで、心が温かくなります。

    文字が多めなので、読み聞かせ向きではないかもしれませんが
    誰かと一緒に読みたい一冊です。

    掲載日:2015/04/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 親は子どもを心配し子どもは家をつくる

    • doruさん
    • 40代
    • その他の方
    • 兵庫県
    • 姪10歳

    キップコップってシリーズであるのですね。知りませんでした。名前もカタカナで読み聞かせるには舌がまわらず難儀しました。でもそのカタカナの名前が遠く異国の地で作られた感じがあってよかったです。
    キップコップとティップトップは夫婦です。そして子供はとちのみから生まれるってちょっと斬新でした。家が流されそうになって、親は子どもを心配し、子どもは木の葉でできた家をつくる。妖精かコロボックルみたいで興味深かったです。

    掲載日:2011/05/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • シリーズ

    マークベロニカさんの作品だったのでこの絵本を選びました。同主人公たちが登場する他の絵本を読んだことがあったので親近感がわきました。家族っていいな!と思える絵本でした。どんなことがあっても協力したり奮闘したり出来る機会があることは素晴らしいと思いました。主人公たちが一生懸命がんばる姿に感銘を受けました。

    掲載日:2010/10/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 家族になった訳

    キップコップシリーズ。
    先に違う絵本を読みました。
    お母さんにしては、お父さんにしては若いな?
    と思っていたのですが、この絵本を読んでなるほどね〜と納得しました。
    お国が違うので名前がカタカナしかも読みずらかったです。
    読んであげるママはスラスラ読めずに苦労するかもしれません。
    絵はとても可愛らしい絵です。
    妖精にちょっと興味が出てきていた息子は『これが妖精なの?』とちょっと興味があるようでした。

    掲載日:2010/10/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 家族のあり方を考えさせられます

    • ジュンイチさん
    • 40代
    • パパ
    • 東京都
    • 男の子12歳、男の子6歳

    キップコップは、シリーズになっていて既に第五弾なのですが、初めて読みました。
    作者は、ベルギー生まれで、何処となく今まで読んだことのないテイストを醸し出しています。

    物語の主人公のキップコップは、とちの実。
    とちの実が、ベルギーでは動物や人形を作って遊ぶという習慣があることから生まれたお話のようです。
    今回のお話では、子供が5人も出来ます。
    そして、嵐がきて大変なことになるのですが、親は子供に対して心配し、子供は子供ながらに力を合せていく姿がとても微笑ましいものだと思います。

    家族のあり方を示しているようで、とてもほっとさせられる読後感でした。

    私が小さい頃に読んだコロボックルのようで、とても懐かしく読みましたが、子供もこの世界が気に入ったようでした。

    掲載日:2007/10/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • パパになったキップコップ。

    それにしても登場するキャラクター達の名前は舌を噛みそうな言いづらいものばかり。でも、そこがかわいかったり楽しかったりするんですけどね。
    家族が出来るって言うことは、簡単なことじゃないって言うお話です。
    親は子供のために、子供達も親を助けようと頑張る姿は感動的。
    裏表紙に地図みたいなものが書かれていて、お話を全体図で改めておさらいできるのも、面白かったです。

    掲載日:2007/06/09

    参考になりました
    感謝
    0

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / うずらちゃんのかくれんぼ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • クリスマスのほし
    クリスマスのほし
     出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    クリスマスのプレゼントに!森の仲間たちとトナカイのトニーの素敵なクリスマスのおはなし。


『大きなクスノキ』 みそのたかしさん さとうそのこさん インタビュー

みんなの声(7人)

絵本の評価(4)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット