まるまるまるのほん まるまるまるのほん まるまるまるのほんの試し読みができます!
作・絵: エルヴェ・テュレ 訳: 谷川 俊太郎  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
「きいろいまるを おして つぎへ いこう」言葉に導かれて、ページをめくっていくと・・・? フランス発・ポップな色づかいがオシャレな絵本です。
なーお00さん 30代・その他の方

大人でも楽しい!
こんな絵本、見たことない! 大人の私…

アンモナイトの夏」 みんなの声

アンモナイトの夏 文:本木洋子
絵:高田三郎
出版社:新日本出版社 新日本出版社の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2007年04月25日
ISBN:9784406050388
評価スコア 4.25
評価ランキング 14,258
みんなの声 総数 3
「アンモナイトの夏」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 夏の空気と草いきれ。

    • ねがいさん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子7歳、男の子3歳

    絵が凄いです。
    夏の空気と草いきれ。絵を見ているだけで、汗がじっとり浮かぶ気がします。
    アンモナイトを探しに行く少年たち。
    見つかるんだろうか、と思ったら、そんなに?
    半世紀前の話とはいえ、すごいです。

    アンモナイトの化石を見せてもらって以来、アンモナイトに興味のある娘ですが、
    聞いている様子から、微妙に難しかったような感じを受けました。
    でも、アンモナイトの絵には、「(見たのと)同じだ〜」と大感激でした。

    アンモナイトは無理にしても、町中に住んでいる我が家の子どもたちにも、
    少年時代の間に、是非こんな経験をしてほしいと思います。
    冷たい水、草のにおい、木のにおい、土のにおいを全身で感じるような体験を。
    むせかえる自然の中で、自分の息ばかりが聞こえるような、興奮を感じて欲しい、
    そう思いながら、私は読んでいました。

    掲載日:2008/07/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 色あせた思い出と消えた町の記憶

    • てんぐざるさん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子12歳、女の子7歳

    個人的には、こういうお話好きです。子ども頃ならではの熱い想い。薄れていくけれども、懐かしい、確かにあった思い出。
    とても感性豊かな作品だと思いました。
    色あせた思い出と、人がいなくなって消えてしまった町。
    すごく素敵な話だと思いますが、内容が内容だけに万人にはお勧めできないのが、残念です。
    読んで理解するには高学年くらいからでしょうか?
    化石と蚊に興味があるお子さんは、低学年でも楽しめるかもしれません。

    掲載日:2007/09/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 時の流れ

    最初のページを読むと科学絵本かなと思ったら次のページを開いて「やられた!」って感じです。油絵の重厚感が地球と子どもたちの時間の流れを引き立てています。画家自身の体験に基づく冒険ファンタジーです。

    掲載日:2007/06/11

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / ママ、ママ、おなかがいたいよ / あかたろうの1・2・3の3・4・5 / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



「11ぴきのねこ」シリーズ こぐま社相談役 佐藤英和さんインタビュー

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.25)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット