しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

漂流物」 みんなの声

漂流物 作・絵:デイヴィッド・ウィーズナー
出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,800+税
発行日:2007年05月
ISBN:9784776402381
評価スコア 4.79
評価ランキング 384
みんなの声 総数 37
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

37件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ
  • ロマンだなぁ〜

    • 10月さん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子5歳

    すごく気に入りました。
    字はひとつもなくて、丁寧に緻密に描かれた絵ですべてが伝わってきます。
    海に打ち上げられたカメラ?のようなもの。
    それが映し出した不思議な世界。
    それをみつけて驚き引き込まれてゆく少年の表情。
    いいな、いいな。

    びっくりするような海の中の世界。
    そして何よりも気に入ったのは、それを拾った子どもたちが写りこんだ一枚の写真。
    繰り返されてきた記録。

    現実にはこんなのありえないのかもしれないけど、
    とても夢に満ちていてステキでした。
    息子と一緒にワクワクと見つめてしまいました。

    掲載日:2010/09/06

    参考になりました
    感謝
    2
  • あなたには選ばれる自信はありますか

    • はしのさん
    • 40代
    • パパ
    • 神奈川県
    • 男の子15歳、女の子13歳

    文字はひとつもありません。絵だけの絵本です。そのせいでしょうか、想像ががふくらみます。

    少年が海でひろったカメラのなかのフィルムを現像してみると、思いもよらない画像ばかり。機械仕掛けのタイ、ソファに座って読書を楽しむタコ、フグの気球……。

    そのなかに一枚だけ、少女の写真が入っていました。よく見ると、少女が手にした写真の中には、やはり写真をもった少年が写っていて、その写真の中にも……。限りなく少年、少女の写真が続いているようでしたが、最後は写真を持たない一人の少年が写った白黒の写真でした。

    このお話のすごいところは、何代にも渡って、カメラが子どもから子どもへと引き継がれていることです。もし、このカメラを大人がひろったらどうなるでしょうか。これは、愚問ですね。カメラは、子どもにしか届かないのです。それも、このカメラの秘密に気づき、次の子どもに届くようにと海に返そうと思う子どもにしか。

    もし、あなたがカメラを見つけたら、どうしますか。いや、あなたはカメラに選ばれる自信がありますか?

    掲載日:2010/06/28

    参考になりました
    感謝
    2
  • 海の秘密

    文字のない絵本のおもしろさを初めて知ったのが、この作品でした。

    少年が海で拾ったカメラに写っていたのは、機械仕掛けの魚やハリセンボンの気球、歩くヒトデの島。
    宇宙人や人魚が当たり前のように暮らしている、海の楽園。

    それは海の住人以外は誰も知らない、夢のような世界でした。

    現実と空想の狭間っていうのでしょうか。
    海の中はもしかしたらこんな世界なのかも…と思えるくらいリアルで、引き込まれます。
    海は神秘。秘境ですね。

    読み終わってから気づきました。表紙の赤い魚の目に映っているのは…

    漂流物の旅はまだまだ続きます。
    私もそんな漂流物に、出会いたくなりました。

    掲載日:2013/12/06

    参考になりました
    感謝
    1
  • じっくり読む

    文字はないのに、のめりこむように、読みました。
    何度ももどっては、また、ページをめくり、じっくり、読みました。
    絵をながめたというよりは、しっかり読んだという感じです。
    長い時間をながれる壮大なストーリーがあったので。
    ウィーズナーの絵本には、どれもおどろかされますが、なかでも、とびきりおどろいた一冊です。
    文字のない絵本の魅力に、ますます興味が増しました。

    掲載日:2015/08/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • カメラは見た。

    • ととくろさん
    • 30代
    • ママ
    • 千葉県
    • 女の子6歳、女の子2歳

    無音の絵が続きます。
    絵は写実的で怖い印象も受けますが
    構成は漫画のコマ割りのようで、読みやすいです。
    海が運んできた漂流物、カメラ。
    現像してみたら・・・

    なんとなく展開が読めるんですが、
    絵の持つ、世界の広がりの説得力に凄みを感じます。
    研究熱心な主人公ですね、
    海に顕微鏡やらを持ち込んでいます。
    主人公とカメラを通して
    世界の裏側を覗きこむような絵本です。

    掲載日:2015/05/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • なんだかドキドキ

    知らない世界を覗いているようで、ドキドキしました。

    絵本なのですが、
    なんだか良質な映画を見終えたような気持ちです。

    文字がないので、
    想像力を働かせないといけない場面もありましたが
    何度か読むうちに、
    こういうことかな?と分かってきました。

    眺めているだけでも、
    素敵な世界に浸れる絵本です。

    掲載日:2015/03/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 想像力を膨らませて

    文字のない絵だけで語る物語りです。
    海岸で遊んでいた少年が古いカメラをみつけます。その中に入っていたフィルムを現像すると、そこには見たこともない海底の様子がうつされていました。それはそれは美しくて楽しいです。
    感動なのは最後の一枚。写真を持ってうつっている子供の写真なのですが、そこに映り込んでいる写真をのぞいてみると・・・
    想像力を膨らませて読むと、無限に物語りが広がるようです。本当にスゴいです。

    掲載日:2015/02/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • ステキな世界観

    このお話は、海から流れてきた箱の中にいろいろな写真が入っていて、その中の写真にとっても変わったものがありました。魚と宇宙人が一緒なのとか、カメの背中が町みたいになっているものとか、すごい世界観で子供の心をわしづかみでした。

    掲載日:2013/09/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • なるほどー

    以前「火曜日のよる」というデイビッド・ウイーズナーの絵本を読んで、とても面白かったので借りてみました。

    字のない絵本です。その分とても奥が深い。絵を見ながらじっくり内容を理解していく絵本です。3歳次女に読んだところ、まだ理解は無理でした。5歳長女に説明しながら進めていくと「なるほどー」と理解できたようです。「でも、難しいわー」と言われましたが。大人向きの絵本だと思いますが、絵の繊細さ、きれいさには長女は「すごいな」と言っていました。

    掲載日:2013/09/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • おぉ

    見終わった瞬間、「おぉ!」と感動しました。
    字のない絵本なのですが、ドラマティックな物語が充分に伝わってきました。
    時代を超えて場所を越えて、つながっていくドラマ。
    スケールが大きいですね。
    海の中の世界が、幻想的でした。

    掲載日:2013/04/26

    参考になりました
    感謝
    0

37件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / おおきなかぶ / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



世界21カ国で大ヒットの絵探し本、第4弾

みんなの声(37人)

絵本の評価(4.79)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット