雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
りひまるさん 40代・ママ

たくさんの人に
宮沢賢治さんの「雨ニモマケズ」こういっ…

ふしぎな ともだち」 みんなの声

ふしぎな ともだち 作・絵:サイモン・ジェームズ
訳:小川 仁央
出版社:評論社 評論社の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:1999年04月
ISBN:9784566006355
評価スコア 4
評価ランキング 18,824
みんなの声 総数 17
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

17件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 本当の友だち

    お父さんの不在。
    はじめての引っ越し(?)。
    いつから少年に、見えない友だちができたのでしょうか。
    絵本はさりげないのですが、少年には孤独感と疎外感を感じてしまいました。
    ある日、少年は本当の友だちと巡り合います。
    少年が本当の友だちを訪ねていくとき、姿の見えない友だちはどこかに行ってしまったけれど、目に見えない友だちはいなくなったわけではないでしょう。
    少年の心の中にいて、いつも少年を見守っているのです。
    決して不思議ではない、少年にしか見えない友だちでした。

    掲載日:2012/12/06

    参考になりました
    感謝
    1
  • 心の友

    目に見えぬ心の中にいつも話しを聞いてくれるお友達のボブが、突然姿を消した日に、ボブと言う少年と出会うことが出来ました。きっと、心の中のボブがレオンの背中を押して勇気を与えてくれたのだと思いました。内表紙の公園の戸口が閉まっていたのに、最後の内表紙にはレオンとボブが仲良くサッカーボールで遊んでいて、戸口が半分開いている状態なのがとても印象に残りました。公園と言っても団地の空き地のような空間ですが、これからもレオンとボブは仲良く遊ぶ素敵な場所となることでしょう・・・・裏表紙の帰り道に話ながら行く姿に何を話しているのかなあって思いました。お友達が出来て本当によかったと思いました。

    掲載日:2011/03/15

    参考になりました
    感謝
    1
  • 心のボブはどこへ

    • PDさん
    • 30代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子8歳

    息子が一人っ子で、よくこの本のようにして遊んでいます。
    私自身、一人っ子ではないのですが姉とかなり年が離れていて、こういう自分の中での友達を作って遊んだものです。

    このお話しでは「人間のボブ」が現れることによって心の中のボブが消えてしまいますが、ここがちょっと理解できません。
    子供も、「どうしていなくなったの?」と不思議がります。
    人間の友達ができても、心のボブはいなくならないと思うんですよね。
    だって人間のボブは、心のボブの代わりじゃないから。

    同じ名前だし、本当のボブの登場の「予知」と思って読めばいいのでしょうか・・・

    掲載日:2007/12/03

    参考になりました
    感謝
    1
  • 見えない友だちは誰?

    • ムースさん
    • 40代
    • ママ
    • その他
    • 男の子12歳、女の子6歳

     電話で子どもたちのことを母に話すと、よくわたしの子ども時代の話になります。わたしも子どもの頃は同じだったと言うのです。この絵本を読み、ふと母の一言を思い出しました。「よくひとりでぺちゃくちゃお喋りをして、楽しそうに誰かと遊んでいるようだった」のだそうです。わたしも主人公レオンのように、見えない友だちと遊んでいたのかもしれません。
     新しい街に越してきたレオンは、ボブという見えない友だちといつもいっしょでしたが、ある日すてきな出会いを体験します。見えない友だちもいいし、本当の友だちもいいし。2人のすてきな友だちに出会えたレオンは、しあわせ者だと思いました。
     息子が結末を当ててしまいビックリ。小さな友だち物語は、きっと子どもの心にも印象に残るでしょう。表紙・裏表紙見返しも物語の1部になっているのでお見逃しなく。

    掲載日:2006/04/11

    参考になりました
    感謝
    1
  • 「簡潔で叙情的」な名作!

    「ともだち」コーナーにありました

    表紙を開いて
    なんか薄い着色だなぁ・・・
    と、裏表紙を見たら
    同じようで、違う!

    カバーの作者&本の内容紹介に
    とても興味津々!!
    「簡潔で叙情的」とのこと
    確かに、ぴったりの言葉です

    引越ししてきて
    パパは軍隊で家には居なくって
    まだお友達が出来ないのかな・・・

    ちょっとマイナスな感じで
    だから「ボブ」が居るんだなぁ〜と解釈
    絵がまた素敵で
    手紙を読んでいる時
    ボブは、イスに座っているんだね

    パパの写真かな
    とか

    そして、・・・やっぱり!!

    だから、裏表紙の絵がそうなんだね

    とっても素敵な絵本に出逢いました!!

    同じ題名「ふしぎなともだち」
    たじまゆきひこ氏のも
    是非、読んでみてくださいね

    掲載日:2017/03/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 本当にいた!!

    この絵本は、引っ越してきてなかなか友達の作れなかった男の子しか見えないボブという友達が、隣に引っ越してきた男の子と友達になるときには消えていて、代わりにその隣の男の子がボブという名前だったとい、奇遇なお話でした。うちの子は前まで見えなかったボブが見えるようになったんだって言い張っていました!!すてきなお話でした。

    掲載日:2015/06/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 偶然?運命?

    コンクールの課題図書にもなった作品のようですが、私には難しい内容で感想が上手く出てきませんでした。
    見えない友達「ボブ」の存在は、レオンにとって必要だったのでしょう。
    そして、本当に実在するボブと出会います。
    偶然なのか?運命なのか?
    いろいろと不思議が残る作品でした。

    掲載日:2013/05/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 神様からのプレゼント

    不思議な話ですが、私はこの話、好きです。

    パパと離れて引越しをして、新しい環境にいる“ぼく”だけれど、大丈夫。
    だってぼくには見えないけれどボブという友達がいるんだもん。でもある日、
    隣りに男の子が引っ越してきて、一晩考えて勇気を出して声を掛けに行ったら、
    見えないボブはいなくなってしまったけれど、なんと引っ越してきた子の名前は
    ボブだった! という話です。

    私の最初の感想は、頑張っている“ぼく”への神様からの素敵な贈り物かな?でした。
    この話でいいなぁ〜と思うところは、ぼくが見えないボブの分のシリアルを用意して
    牛乳をかけてあげていても、ママは何もとがめていないだろうというところ、
    そしてパパからも手紙が届くところです。みんな、頑張っているぼくを陰ながら優しく
    見守っているのが感じられます。
    だから、やっぱり神様からの御褒美だよという気がしてなりません。
    木の人形だったピノキオが本当の男の子になったみたいに!

    そして、男の子が勇気を出してお隣の子に声を掛けるところも本当に頑張ったな〜と
    思いました。

    そういえば、うちの息子も年少の頃、幼稚園に通う道がてら電車ごっこをしていると、
    必ず“りすさん”が乗車してきたなぁ....
    そして、やはり、いつのまにか“りすさん”は現れなくなったなぁ。

    スラスラと読める本なので読んでみてください。男の子のかわいい話です。お奨めです。

    掲載日:2011/05/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • イマジナリーフレンドのはなし

    レオンはママとこの町にこしてきた。
    パパはぐんたいにはいって遠くにいってしまった。
    でも、レオンにはボブがいる…

    イマジナリーフレンドのはなし。

    ボブはレオンにしか見えない友達で、寂しいときや心細いときもいつもそばにいてくれる。
    小さい頃、こうした大切な持つ人も結構いるという。
    心の中でいつも自分を支えてくれる最高の友達。
    少しうらやましい。
    作中では触れられていないが、きっとお母さんもレオンの気持ちをよくわかっていて「ボブ」を大切に扱っていたのだろう。

    奇跡のような結末も含めて、色々と想像がふくらむ作品。

    第46回青少年読書感想文コンクール・課題図書

    掲載日:2010/08/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 友だちの存在

    • けいご!さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子10歳、男の子7歳

    読むととっても不思議な気持ちになりました。見えない友だちがリアルな友達として現れることって、本当にありえたらすごいですよね。
    見えない友達と遊んでいる男の子を見て、この子はさびしいんだなあ、かわいそうだなあって思っていたんですが、心の支えとなる存在がこの子にはあるんだと思うと、恵まれているなあとも感じました。
    この子が見えない友達を大切にしていることを、神様がずっと見ていて、本当の見える友達というプレゼントをしてくれたんじゃないか、そう思いました。
    この子のように、子供たちも、運命と感じるような友達との出会いを経験してほしいなあと思います。

    掲載日:2010/03/30

    参考になりました
    感謝
    0

17件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!


人気デュオ ガーガーズのパネルシアターから生まれた絵本

みんなの声(17人)

絵本の評価(4)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット