あくたれラルフのクリスマス あくたれラルフのクリスマス
作: ジャック・ガントス 絵: ニコール・ルーベル 訳: こみや ゆう  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
わるい子は、プレゼントをもらえないのよ!
レイラさん 50代・ママ

嫉妬
『あくたれラルフ』のねこ、ラルフのクリ…

あいててて!」 みんなの声

あいててて! 絵:フレッド・マルチェリーノ
訳:せな あいこ
再話:ナタリー・バビッド
出版社:評論社 評論社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2007年04月
ISBN:9784566008618
評価スコア 4.71
評価ランキング 1,131
みんなの声 総数 16
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

16件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • にんまり

    • 桂はなさん
    • 20代
    • せんせい
    • 千葉県

    いつも悩む高学年向けよみきかせ本。
    久々の100パーセント、あたりの、ヒットです。
    最初にタイトルを知ったときグリム童話で「あいててて」?と疑問に思いました。
    あらすじは典型的なグリムの話で、良くあるパロディのようなものではないのですが、スタイリッシュでインパクトのある絵とテンポが良くぐいぐい引き込む文章がすばらしいです。

    最初の赤ん坊が川に捨てられてしまうあたりで「ひどい・・・」というつぶやきが聞こえ、王さまが城を飛び出していくあたりでにんまりしながら、オールを漕ぐしぐさをする子もいました。

    お話に入り込んで楽しんでもらえる一冊です。

    掲載日:2009/07/03

    参考になりました
    感謝
    1
  • 面白かった!

    • 金のりんごさん
    • 40代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子12歳、男の子9歳、男の子7歳

    インパクトのある表紙に魅せられて、読んでみました。
    この絵本、表紙に、どーんとおめかししてる悪魔の絵があって、タイトルは裏表紙に書かれているという、とてもおしゃれな絵本です。

    一見、砕けた文章で、最初はあまり馴染めなかったのですが、声に出して読んでみると、語っているようで、なかなか味わいがありました。
    悪魔や地獄が出てきますが、語り口が軽妙なのと、絵がとてもおしゃれなので、おどろおどろしさは微塵もありません。
    むしろ、王子様ブルマーをはいた悪魔がコミカルです。

    最後のオチも、「そうきたか!」という感じで、痛快でした。
    一緒に読んだ次男は、「王様はひどい!」と怒っていましたが、この結末には十分満足した様子。

    おしゃれで楽しいグリム童話です。

    掲載日:2007/06/27

    参考になりました
    感謝
    1
  • これはいい!楽しい!

    6歳長女に借りました。この絵本とーっても面白い!そしてスカッとします。意地悪な王様が出てくるのですが、お姫様を結婚させまいといろいろ頑張るのですが、それが裏目裏目に出るんです。もう可哀想になるほど。(笑)グリム童話みたいですが、この絵本を読むまでこんなお話知りませんでした。もっと有名になったらいいのになー。本当に面白いので。

    掲載日:2014/04/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • ユーモアたっぷりのシャレた童話

    小学校1年生の長女が、「この本面白いよ。ママも読んでみな」とオススメしてくれたので読んでみました。グリム童話ということで、ちょっと恐ろしい場面もあるのかと想像していましたが、語り口は軽快でストーリーも愉快痛快。挿絵にもユーモアがあって、シャレていて、大好きになってしまいました。
    王様の娘と結婚することを運命づけられていた若者が、それを阻止したい意地悪な王様からの無理難題を見事に解決する物語。表紙の絵も、題名にもなっている「あいててて!」も、主人公の若者ではなく悪魔です。この悪魔がナルシストでとぼけていて、お話しを盛り上げています。
    王様が欲をかいて自滅するラストも笑えて、読み終わるとスッキリ爽やかな気分になりました。      

    掲載日:2012/02/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 完成度の高い作品

    • ジュンイチさん
    • 40代
    • パパ
    • 広島県
    • 男の子12歳、男の子6歳

    2008年のアメリカの作品。
    グリム童話の再話ということなのですが、確かに読んだことのあるような話です。
    グリム童話は、「本当は恐ろしいグリム童話」という書籍が刊行されるくらい原作は残虐な話が多いのですが、今回は再話ということで、少し押さえ気味の感がありました。
    原題は、「Ouch!」
    邦題が、あいててて!なのですが、この題名の由来を知りたいところです。

    物語は、王冠のアザのある赤ちゃんが生まれるシーンで始まります。
    占い師が、「大きくなったらお姫様と結婚する運命じゃぞ!」と言ったものだから、聞きつけた王様は面白くありません。
    王様は、身分を隠し男の子の家を訪ね、沢山のお金を渡し、王様になるに相応しく育てると引き取るのですが、それは全くの嘘。
    赤ちゃんを箱に入れて川に投げ込んでしまうのです。
    ところが、赤ちゃんは、粉やの親父に拾われて育てらます。
    その後も、この男の子に運が味方し、逆に何とか王様になるという予言を阻止しようとする王様の悪巧みはことごとく失敗するのです。

    地獄や悪魔も登場し、物語として読み手を惹きつけることは間違いありまえん。
    そのエンディングで、王様が地獄の淵を流れる川の渡し守になってしまうのですが、これって、ハッピーエンドなのか、一寸疑問です。
    王妃やお姫様は、どう思ったのかの記載はないので分からないのですが、やはりグリム童話という側面があるのかも知れません。

    原作を読んだことがないので比較しようがないのですが、ナタリー・バビットが再話したストーリー展開が素晴らしく文句のつけようがありません。
    人物像の描写も良いし、ワクワクドキドキ感に溢れていて、冒険活劇としても充分楽しめます。
    そして何よりも、フレッド・マルチェリーノの描く絵が、秀逸です。
    中世の風景や地獄絵図の素晴らしさもさることながら、人の表情の豊かさに魅了されました。
    一見の価値は充分にあると思います。

    完成度の高い作品としてオススメします。

    掲載日:2011/11/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • グリム童話の再話 絵のおもしろさ 「あいててて!」と言うタイトルが気に入りました!  表表紙の悪魔のすました顔・ 裏表紙の悪魔の「あいててて!」と頭にてを当てている絵がひょうきんで二つの悪魔が対比してあり、おもしろい!(タイトルの意味もお話の中で見つけられますよ)

    フレッド・マルチェリーノの絵のおばあさん 悪魔のやりとりの絵が表情豊かで舞台を見ているような気もちになりました(さすが 舞台デザインも手がけた才能を感じました)
    王冠のあざのある男の赤ちゃんは 「大きくなったら、おひめさまと結婚する運命じゃぞ!」占い師がいうのですが・・・・
    マルコの運命は ラッキーな運命ですね! 
    それと対比して 意地悪な王さまは どんな運命?
    これはお話を読んでのお楽しみですが・・・  
    あくまの おばあさんは マルコに良い運命をひかせてくれたのですね
    プレゼントまでくれるなんて なんて優しい おばあさん
    悪魔とおばあさんの笑顔は 悪魔とは思えない優しい笑顔なんです
    嬉しくなるような おもしろい場面です!(私のお気に入りです)

    運命は決まっているのかしら? そんなことも不思議と感じるグリムのお話の魅力がありました

    子供にもわかるお話だと思いました 是非読んであげたい絵本でした
    お話が長いのですが、 楽しめると思えました

    掲載日:2011/06/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • グリムにもこんなお話

    宿命というものからは逃れようと思っても逃れられないものなんでしょうね。読んでいてそう思ってしまいました。

    前半の王様の行動が、最近読んだトルコの昔話にも似ているなあと思いました。

    お話もそうですが、絵もとてもインパクトがあります。特に王様が悪だくみをして手紙を書いている場面などは、王様のいやらしさが出ていると思いました。

    文体が、話し言葉的なので、それにちょっと馴染めないものを感じました。

    息子は、盗人が思いがけずよいことをすることに「いいことしてるじゃん」と驚いていました。

    グリムにもこんなお話があったんですね。絵も文も今風にアレンジされているので、好みがわかれるところだと思いますが、おもしろいお話だと思いました。

    掲載日:2010/03/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • もっと 訳本で 名作を

     フランスのペロー、デンマークのアンデルセン、ドイツのグリム兄弟等、“洋もの童話”を幼い頃、相当数 読んでもらいました。
     この頃に、漠然としたヨーロッパ(特に中世西欧)への憧れの背景が、できあがったのかもしれません。まさか、後年これに絡む職に三十年近く就く事になるとは…。

     表紙絵の男性の品の良さに惹かれ、“角”のあることも、タイトル文字の無いことにも気づかず、開いてしまいました。

     グリム童話では、良く出てくるお姫様も登場するらしく、読み進めていくと、『金の毛が3本生えた鬼』をベースにしたお話のようでした。

     絵を見ると、地獄の世界は別として(笑)、服装、建物、風景等、相当練りに練って、時代考証を熟慮し作成されたものであると思います。

     グリム童話は、大人が読むと残酷であったり、展開が強引に思われるところもあったりですが、こどもたちにとっては、ストーリーに引き込まれ、先へ心が逸るような楽しさがあるようです。

     こどもたちが、このような名作たちに出会う事無く、“子ども時代”を通り過ぎてしまうのは、もったいないような気がします。

     この絵本のように、再話のような形でも、たくさん日本で訳され手に取ることができるようになって欲しいと思います。

     さて、我が息子の感想は、「悪魔も寝るんだな〜。」と、ポツリ。
     その後、「悪魔のばあさん、良いばあさん。」とツボにはまって、泣き笑いしてました。 

    掲載日:2009/08/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 楽しさ、面白さ、シャレっけいっぱいの本

    絵といい、文章といいとても軽快。読んでいて楽しくなります。語りが今風で、読む子にはウケそうです。
    ただ、あまり軽い文章を読み聞かせなれていない自分には、いまいちリズムにのれなくて、盛り上げどころで舌が空回り。多少ため口なれしていると良いかも。

    あるところに王冠もようのあざがある男の子が生まれた。それを知った王様が、親をだまして川に投げ捨てる。
    助けられて成長していた事を知った、王様は殺せと書いた手紙をマルコと名づけられた男に城に届けさせる。
    手紙がすり替えられて、姫と結婚することになったことを知った王様は、悪魔の毛を3本持ってこいと難題を命じる。
    本当に悪魔の毛を持ち帰り、おまけに宝物まで目にした王様は、マルコの言葉を信じて地獄に行き、川の渡し守になってしまう。
    これってめでたしめでたし?
    悪いのは王様だと思うけど、マルコの持ち帰った宝物を見て、普通の人間になっちゃったね。
    次の悪知恵を思いつかなかったんだもの。
    お姫さまは、王様がいなくなってどうなんだろう。

    主人公のマルコは、かわいそうだけど、これだけ運のいいヤツってそういない。
    幸せになって良かったね。
    でも、お姫様のお父さんをだまして渡し守にしてしまったんだから、王様の次に悪いのかもしれない。

    それにしても…。
    タイトルの「あいててて!」は何だったんだろう。
    表紙の絵を見て、悪魔との対決がメインテーマかと思った私は見事にだまされた。
    最後の絵で、渡し守となった王様が舟に乗せているのは悪魔。その悪魔が鏡など見てけっこうナルシスト。
    考えるといろいろな事がちりばめられていて、読み返すたびに大人も楽しめる絵本の一級品です。
    子ども達も、あれこれ理屈で考えず、夏の子ども映画を楽しむ感覚で、大いにウケてくれると思います。

    掲載日:2009/07/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 驚くような強運

    • こりえ♪さん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子2歳

    生まれつき王冠の形をしたアザがある赤ん坊は、お姫様と結婚する運命だと占い師に言われたばかりに、王様のひどい仕打ちにあいます。

    この赤ん坊の王冠にはやはり意味があったんでしょうね。
    王様のどんな仕打ちにも、驚くような強運で乗り切ったり、素直で優しい性格で周りに助けられたりします。
    内容もはじめから予想のできる展開ですが、やっぱり王様にはいちいち腹が立つし、好転にはうれしい気持ちでいっぱいになります。

    最後はめでたしめでたしで終わるわけですが、細かいところが気になる自分にはちょっとひっかかることも。
    この主人公の本当の両親のこと、王様がいなくなった後のおきさきさまとおひめさまのこと。
    お互い家族がいなくなって心配していると思うのですが・・・
    悪いことをした王様でも、おきさきさまやお姫様にとっては大切な家族のはずなのに、幸せそうにしているお姫様に違和感がありました。・・・・考えすぎですかね。

    掲載日:2009/04/08

    参考になりました
    感謝
    0

16件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『大きなクスノキ』 みそのたかしさん さとうそのこさん インタビュー

みんなの声(16人)

絵本の評価(4.71)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット