ことばの豊かな子をそだてる くもんのうた200えほん ことばの豊かな子をそだてる くもんのうた200えほん
監修: 公文教育研究会  出版社: くもん出版
KUMONが大切にしてきた「うた200」の知恵をご家庭で! 人気の童謡から手遊びうたまで、親子で楽しく歌える200曲を収録。

14ひきのひっこし」 みんなの声

14ひきのひっこし 作・絵:いわむら かずお
出版社:童心社 童心社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1983年07月
ISBN:9784494006182
評価スコア 4.69
評価ランキング 1,524
みんなの声 総数 137
「14ひきのひっこし」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

137件見つかりました

  • 家族みんなで!

    14ひきシリーズ、大好きです!
    少しずつ手元に置いて揃えていっています。

    あの、素敵なおうちはこうしてできあがったのですね。
    天敵にみつからないように歩きながら、暮らすのにいい場所を
    探し、お部屋を過ごしやすいように調えていく家族達。
    素晴らしいのはみんなで!力をあわせてやっているところ。
    こんなにたくさんいたら誰かひとりはさぼっててもいいや、
    なんて言い出すこがいてもよさそうなものですけどみいんな
    一生懸命。いいなあって思いました。
    竹を組んで床材にするのもいいな。
    木のおうちに憧れているのです。

    掲載日:2012/05/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 表紙と裏表紙の見返し必見

    細かい描写と大家族の微笑ましい様子が楽しい「14ひきシリーズ」は、我が家でも大好きで、何冊か家にあります。ただ、順番は気にせずに読んでいたので、シリーズ1冊目のこの本は後から読みました。
    14ひきがみんなで力を合わせて新しい住処をつくります。子どもたちは、ねずみたちが器用にお家を建てるのを興味深く見ていました。自分たちの力で生活を作り上げていくことの素晴らしさを感じます。
    表紙と裏表紙の見返しにある家の周りの景色と14ひきの家の絵がかわいくて大好きです。何度も見ては癒されています。

    掲載日:2012/04/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 第1作目

    「14ひき」シリーズ、第1作目の絵本です。

    このシリーズ、3冊目ですが、やっと第1作目に出会えました。

    この「ひっこし」の絵本は、家族みんなが協力する姿が、とっても良かったです。

    最後、みんなで揃っての食事が、私も子供も大好きな場面です。
    家族っていいな〜と改めて感じる絵本でした。

    掲載日:2012/03/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • だれかを探すのが楽しいです

    ねずみみんなに個性があってページをめくるのが楽しみです。
    子どもたちがみんな手伝いをしたり助け合ったりするする姿は娘と重なり、かわいらしく思いました。

    娘は誰かを探すのに夢中になり長く読んでいることができます。毎日誰かを探すうちに、親よりも早く、いっくん、にっくん、さんちゃんと見分けがつくようになりました。
    いたちに見つからないように身をひそめているシーンが好きで、そのページになると、身をかがめて一緒に隠れています。
    家族の絆が強い、ねずみ一家を楽しみながら感じてくれたらいいと思います。

    掲載日:2011/11/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 質問の答えを探しながら

    文は各ページの下に一行だけで、それ以外のスペースは全部絵なので、絵を楽しめる絵本です。

    お話の所々に、「おっと、しりもちつきそうなのは だれ?」などのように質問が入っているので、その答えを絵の中に探しながら読み進めるのがまた楽しかったです。

    ねずみの大家族が新しい住みかを見つけ、住むためのセットアップをしていくお話で、何度も引っ越ししている我が家の娘は、引っ越しを身近に感じながら聞いていたようです。

    掲載日:2011/10/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 引っ越しはわからないけど

    引っ越しはまだわからないけれど
    このシリーズは好きなので
    最初を読んでみました。
    子供は自分をとっくん、にしています。
    見ていると毎回服が違うので
    これだれだっけ。。。なんて思うのですが
    家族みんなが役割分担して
    協力して生きている姿は素晴らしいです。

    掲載日:2011/09/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 温かい絵本です。

    このシリーズは娘が小さい頃からずっと慣れ親しんできた、娘の成長と共にあるような絵本です。
    この「ひっこし」はシリーズの舞台ともなる、木の根元の穴を利用した家に、ねずみたちが引っ越しする、14ひきシリーズの元ともなる絵本です。
    いわむらかずおさんの絵は温かくて、いつ見ても癒されますね。
    1ページに対する文章の割合はとても少ないのですが、ぱーっと読んでしまわず、1ページ1ページゆっくりと眺めながら読んでいます。
    竹を切って並べて2階を作ったり、川から水をひいて水道にしたりと、家族みんなで協力して自分たちの住む場所を作っていく様子は、とてもほのぼのとしていて、家族の温かみに溢れています。
    シリーズでお勧めの絵本です。

    掲載日:2011/09/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 「絵」本です。

    文字は少ないので、絵の説明をしたりしてあげました。
    かわいらしい絵で大人も楽しんで眺めていられます。
    お話というよりは絵を楽しむ本でした。

    掲載日:2011/08/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • まずはここから14匹ワールドへ!

    「14匹の朝ごはん」から14匹シリーズの大ファンになった1歳10カ月の息子と私。
    やっぱり、シリーズの最初からということでこちらを購入しました。
    「朝ごはん」ではすでに出来上がっていたお家ですが、今回はそのお家を14匹が探して作るお話です。
    「朝ごはん」の日常的な感じも好きだったけれど、こちらのちょっとアドベンチャーな感じもすごくすてき!
    ちょっとドキドキするような怖い場面もあったりして、親子でワクワクしながら毎日読んでいます。
    息子もすっかり14匹ワールドにのめりこみ、普段でも「いっくんが…」とか思い出していたり、この本の中のシーンで「いたちは僕らを食べるこわいやつ」というフレーズがあるのですが、それが印象的らしく、時々ぼそっとそのセリフをつぶやいていたりします。
    1歳の息子にもリアルですごく楽しい世界なんだなあと思います。
    どれから読んでも楽しめる14匹シリーズですが、やっぱり、一家が暮らすお家ができあがるこの本は最初に読むといい気がします。

    掲載日:2011/06/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • シリーズの1作目です

     14ひきのシリーズは,季節感があふれ,とても大好きですが,このシリーズの1作目は少し違います。

     14ひきがお引っ越しをし,木の根っこに自分たちの家を作るまでが描かれています。
     他のシリーズでは,家族が楽しそうに行動しているのですが,この絵本では,恐ろしい「いたち」に遭遇する場面,「ふくろう」に襲われないように,寝ずの番をする場面などが描かれています。 
     14ひきの家族の絆は,このような苦労を重ねることで,築きあげられた事を感じさせます。

     でも,恐い場面はこれだけで,家族で協力して,水道を引き,家を作る場面は,本当に楽しく読めます。

     家族の原点を知ることができる,1冊です。

    掲載日:2011/04/30

    参考になりました
    感謝
    0

137件見つかりました

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん / うずらちゃんのかくれんぼ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



長谷川義史さん イベントレポート&インタビュー

みんなの声(137人)

絵本の評価(4.69)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット