十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。

かばのもっこりまだかなまだかな(チャイルド本社刊)」 みんなの声

かばのもっこりまだかなまだかな(チャイルド本社刊) 作:おおはしえみこ
絵:いけずみ ひろこ
出版社:チャイルド本社
本体価格:\429+税
発行日:2007年05月
ISBN:9784805429327
評価スコア 4.33
評価ランキング 11,023
みんなの声 総数 2
「かばのもっこりまだかなまだかな(チャイルド本社刊)」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ほんわかするストーリーです。

    もっこりが植木鉢をうっかり落として割って、
    大泣きに泣いてしまうシーンでは、
    「ああっ! もっこりだいじょうぶ〜?」
    と、とても心配そうな娘ですが、
    最後のシーンでは、ホッと一安心な展開に、
    娘も安心してニコニコになります。

    春になったら子供たちと一緒に、植木鉢に種を蒔こうかな、
    という気分になった一冊です。

    掲載日:2007/10/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 待ちわびる気持ち

    かばのもっこりは、ママうさぎからもらった種を、植木鉢に植えました。毎日毎日楽しみに眺めていましたが、なかなか芽は出てきません。「芽って、どんなのだろう?」植木鉢を覗き込んでいるときの、もっこりのかわいらしい瞳。子どもの好奇心、待ちわびる心が、ページいっぱいに表れています。そして、芽が出たときの、純真な驚き、全身に広がる喜び。何十回と読んでも、娘はもっこりが初めて芽を見たときと同じ表情を見せてくれます。部屋の中に朝日が差し込んで、植木鉢の芽を明るく照らしているように、娘の顔もぽっと紅潮し、ほんの少し照れくさそうに小さな命の誕生を称えているようです。

    掲載日:2007/06/17

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『おやすみ、ロジャー 朗読CDブック』本屋さんインタビュー&体験レポート

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット