すうじかるた 100かいだてのいえ すうじかるた 100かいだてのいえ
作: いわい としお  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
かるた以外の遊び方もたくさん! 絵本から生まれたあたらしいかるた

まいごのおばけ」 みんなの声

まいごのおばけ 作:佐藤 さとる
絵:村上 勉
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\1,100+税
発行日:1993年
ISBN:9784061978331
評価スコア 4.6
評価ランキング 3,308
みんなの声 総数 4
「まいごのおばけ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 不細工おばけ

    佐藤さとる&村上勉コンビによる絵本です♪
    おばけが主人公なのですが、このおばけかなり不細工です。
    おばけのQちゃんみたい^^;
    そのうえ、このおばけはまいごちゃん。
    そんなおばけに出会ってしまったら…

    うちの子は、たっちゃんのようにやっぱほっとけない〜といっていました。
    でもかなりの怖がり屋さんなんですけどね^^;

    怖いけど、たっちゃんみたいな不思議な経験をしてみたい。
    子供にとっての願いなんでしょうね〜。

    子供が非現実の世界を楽しめる作品の1つではないかと思います。

    掲載日:2008/11/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • おばけっているのかな?

    • 多夢さん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 女の子8歳

    たっちゃんが、どろだんごで、ひとりでおだんごやさんをして遊んでいると、
    とても変わった小さなお客さんが、おだんごを買いにやってきました。

    てるてるぼうずのような口の大きなおばけ。
    髪の毛を?くくっているような頭の上のリボンがかわいい。

    そのおばけが、どろのおだんごを、大きな口の中へ放り込むシーンが、
    なんともかわいい。

    おばけっているのかな?
    でも、子供は想像力、空想する力がとても豊か。
    「もしかしたら・・・」という思いで、物語をどんどん読んでいける。
    楽しいでしょうね。

    さて、おばけは、おだんごを食べたのでしょうか?
    食べなかったのでしょうか?
    作者の問いかけに、親子の会話ができそうですよ。

    字が大きいので、小学生なら一人で読めます。
    幼児童話ですが、おかあさんが読んであげても全然オッケー。
    最後は会話がはずみそう。

    掲載日:2008/10/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大事な場所に

    • ねがいさん
    • 30代
    • ママ
    • 大阪府
    • 女の子7歳、男の子3歳

    おばけの童話は多いですね。
    その中でも、この本のおばけは分厚い唇で、微妙にかわいくない(笑)

    おだんごを食べる場面も、たっちゃんとしゃべるところも、淡々と読んでいた
    私が、キュンとちょっと嬉しいような、切ないような気分になったところ。
    それは、たっちゃんが自分の部屋におばけを連れて帰って、戸棚に入れて
    寝かせたところでした。

    自分の秘密のもの、大事なもの、見られたくないものをこうやって、
    自分の部屋の押し入れの中や引き出しの中にそっとしまい込んだことないですか?
    きっと、そこはたっちゃんの一番大事な場所だったんじゃないかなあと思います。

    娘はあっという間に読み終わって、「はい、この本もう読んだよ〜」と
    あっさり言っていましたが、こんな不思議で素敵な体験をどこかでしてると
    いいなあと思ったのでした。

    掲載日:2008/09/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • もしまいごのおばけに出会ったら

    たっちゃんが、どろ団子を作ってだんご屋さんを始めたら、まいごのおばけがお客さんとしてやって来たというお話です。おばけがどろ団子を食べるところで、息子は「どろだんこなんか食べるわけないじゃんね」と言うので、私が「おばけは何を食べるのかな?くもの巣のスープかな?」と言うと「それは別の本」と言われました。

    おばけが出てくる子ども向きの話は、たくさんありますが、このおばけは迷子なんです。口が大きすぎるところは、オバケのQ太郎のようで、村上勉が絵を描いていますが、とても愛嬌があります。たっちゃんとおばけのやりとりが本当の友だちのようで微笑ましいです。

    「もしおばけがいたら」とはあり得ない空想ですが、こんなかわいいおばけなら出会ってみたいものです。

    対象年齢は小学1年生からですが、子どもと一緒に読みのであれば、長いストーリーも理解できるようになった5歳ぐらいからOKだと思います。

    掲載日:2007/06/19

    参考になりました
    感謝
    0

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    小さなどんぐりちゃんと落ち葉の優しく切ない命のつながりの物語
  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。


『こどものとうひょう おとなのせんきょ』かこさとしさんインタビュー

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.6)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット