ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」

ありんこ リンコちゃん」 みんなの声

ありんこ リンコちゃん 作:タダ サトシ
出版社:こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2007年06月
ISBN:9784772101875
評価スコア 4.46
評価ランキング 7,300
みんなの声 総数 25
「ありんこ リンコちゃん」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

25件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
  • 盛りだくさんの内容

    そういえば子供の頃、よくアリの行列をじーっと眺めたりしたな〜と懐かしく思い、なんとなく手に取ったこの本。アリの生態が描かれた、自然科学絵本かと思いきや。
    いえ、その通りなんですが、それだけじゃないんです。
    好奇心旺盛なリンコちゃんの楽しい冒険物語なんです。

    ダンゴムシで玉乗り、アブラゼミの脱皮、クワガタに木の樹液を吸いに誘われたり…アリジゴクに襲われそうになるところではハラハラドキドキ。カミキリムシさんの登場でホッ。アリの目線で描かれているので迫力満点!絵の描写も細かくて、作者タダサトシさんの、昆虫への愛情が伝わってきます。

    庭もない都市部の集合住宅住まい、さらにインドア派の我が家では、なかなか子供に植物や虫のことを教えてあげられないので、こういった親しみやすい絵本を通して生き物のことを学ぶのも新鮮で楽しいです。

    掲載日:2010/09/22

    参考になりました
    感謝
    2
  • 読み応え十分

    • ぽー嬢さん
    • 30代
    • せんせい
    • 東京都
    • 男の子4歳、女の子2歳

    夏に「カブトくん」にはまり、何度も読んでいた息子。
    蟻の飼育をしているせいか今回も、すっかりはまってしまいました・・・。
    とても丁寧に蟻の生態が描かれているのに図鑑ではなく、しっかりストーリーもあって読み応え十分の楽しいお話です。
    小学生になっても楽しめるのでは?と思っています。

    掲載日:2008/11/30

    参考になりました
    感謝
    2
  • 欲しい!!

    最近スーパーでアリの飼育キットが売っていますよね!?うちの子は前から欲しい欲しいって言っていたのですが、この絵本を読んであげたらますます欲しくなってしまいました。明日買に行こうかな!?とにかくアリのすべてが書いてありました。

    掲載日:2012/05/25

    参考になりました
    感謝
    1
  • めくるめくアリの世界

    • オパーサンさん
    • 30代
    • ママ
    • 福島県
    • 女の子4歳、女の子2歳

    台所に入ってこられたりすると困りますが、基本的にはアリ好きです。
    子どものころ、ビンの中で飼って巣を作る様子を観察したりしました。
    娘たちも、庭でアリの行列を見かけると、飽きずにずーっと眺めています。
    この絵本は、好奇心旺盛なアリのりんこちゃんの物語。
    初めて知る楽しいこと、面白いこと、そしてちょっぴり怖いこと。
    りんこちゃんと一緒に冒険をしている気分になりながら、アリやほかの虫たちの生態も知ることができました。
    個人的には、うちの庭木を枯らしたカミキリムシがいい役なのがちょっと気に入りませんでしたが・・・。
    絵がリアルながらも気持ち悪くないので、虫があまり得意でないお子さん(お母さん)でも楽しめると思います。

    掲載日:2010/10/24

    参考になりました
    感謝
    1
  • 虫の生態

    • リーパンダさん
    • 30代
    • ママ
    • 宮崎県
    • 男の子7歳、女の子5歳

    あり以外の虫の生態もわかる楽しい本でした。
    ありのリンコちゃんの冒険心に共感するところもあり
    母親目線になると「気をつけないサイ」と言いたくなる所もあり・・
    子供達はワクワクしながら読んでいました。
    冒険することは大切な勉強なんでしょうね。
    アリの家の中も覗けて、アリ博士になった気分になりました。

    掲載日:2009/02/02

    参考になりました
    感謝
    1
  • 虫がたくさん

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子4歳、女の子2歳

    タイトル通りありんこリンコちゃんが主人公のお話なのですが、他の虫もたくさん出ますよ。虫好きな子におすすめです。
    目はデフォルメされていますが、全体的に体等がけっこうリアルに描かれているなと思います。
    ラストのアリの巣の中が娘は好きなようです。アリの巣の中の様子を見るだけでもアリのことがわかりまねー。

    掲載日:2015/11/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 虫の世界

    タダサトシさんの描く昆虫が大好きな虫好きの息子
    今回も盛りだくさんの内容で素晴らしいです
    虫の事が本当に好きなんだろうなと伝わってきます
    それがきっと子供にも伝わるのでしょう
    息子も細部まで眺めて楽しんでいます
    アリの生態もよく分かります
    セミの脱皮シーンも美しくて素敵でした

    掲載日:2015/11/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • アリの生活が良く分かります

    アリのリンコちゃんが 巣穴から一人で出かけて 冒険するお話です
    初めての経験で物珍しい物ばかりです
    虫たちとの出会いで蝉の脱皮を見たり
    虫たちが 樹液を吸って生きているのが良く分かりました
    そして 天敵 アリ地獄におちて 危ない! 
    でも カミキリムシに助けられたのです
    アリのす穴の様子も良く分かります
    虫たちの世界のことが 良く分かる絵本でした

    掲載日:2015/10/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 興味しんしん

    • どどさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 三重県
    • 男の子6歳、女の子4歳

    大人もひきこまれます。
    ありんこリンコちゃんの冒険を通して、さまざまな身近な昆虫の様子を知ることもできます。

    この人、虫の絵を描くの上手だな、、、
    素人ながら、感心してしまうのです。
    キャラクター的に描かれているのに、細部はしっかり「昆虫」の絵です。
    絵にも見とれてしまいます。

    掲載日:2014/12/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大人も楽しめるかも

    3〜5歳児に読みました
    アリや昆虫のイラストはリアルなのに、表情が豊かで子どもたちも親しみやすい絵本です
    とくに幼稚園児は日常的にアリと触れ合っているので(笑)絵本を見つめる視線も真剣です
    ダンゴムシとなにしてんの?アブラムシと仲良いの?などと質問も飛び出します
    見たことないカミキリムシやアリジゴクには何の虫だろうと興味がわくのかな・・・?
    じっと絵本を見ながら「何の虫?」
    アリの巣の中も細かく説明してあるので5歳児は読み終えた後にも絵本を手元に置いてじっくりと観察していました
    大人も楽しめるかも

    掲載日:2013/07/24

    参考になりました
    感謝
    0

25件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / キャベツくん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『大きなクスノキ』 みそのたかしさん さとうそのこさん インタビュー

みんなの声(25人)

絵本の評価(4.46)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット