たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ
 出版社: サンリオ サンリオの特集ページがあります!
メモ&付箋96枚いり!おてがみがもっとたのしくなる折りてがみアイデアがいっぱい♪

パブロのてんらんかい」 みんなの声

パブロのてんらんかい 作・絵:きたむら さとし
出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2007年05月
ISBN:9784338126496
評価スコア 4.25
評価ランキング 14,047
みんなの声 総数 7
「パブロのてんらんかい」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • いいですね

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子5歳、女の子3歳

    てんらんかいに出品する絵を描こうとするパブロですが、なかなか思うものが描けません。
    パブロが寝てしまった後に、動物たちが集まってみんなが彼の絵に手を加えていくのは、すてきな絵ができてもてんらんかいに出すには…と思っていたのですが、読み進んで「あー、そっかー」と納得できました。
    すてきな絵のほうは絵本を読んでみてください。

    掲載日:2016/09/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵描きのゾウ

    ゾウのパブロが上手に絵を描けないで悩んでいると、面白い夢を見ました。いっぱいの動物が自分の書いた絵に、どんどんと足して絵を描いていきました。うちの子もあんまり絵がうまくないって自分で言ってるので、こうやって助けてくれる人がいたらいいな〜って言って羨ましがってました。

    掲載日:2011/11/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 夢か現実か

    絵が描けずに悩んでいたパブロさん・・・
    夢から良いアイデアをもらいます。
    読んでいてどこからどこまでが夢だったのか現実なのか不思議な感じでした。
    この作者さんの絵は日本人なのですが、なんだか外国の人が書いてるみたいで不思議な絵です。

    掲載日:2011/09/26

    参考になりました
    感謝
    0
  •  動物のアートクラブの展覧会も近いのに、行き詰っているのがぞうのパブロ。
     この名前に、ひゃー、ピカソと同名だぁ〜、と笑ってしまいました。

     スランプに落ち込むパブロに、仲間が素敵なアドバイスをしてくれます。
     そう、環境を変えて描くことを。
     綺麗な消しだらけの田舎で、創作意欲も満々のパブロでしたが、会心のできというわけではなさそうです。
     昼食をとってからと腰を下ろし、サンドイッチを食べたら、・・・。

     パブロが寝ている間に、次々とパブロの作品に筆を加えていくセンスの良い動物たちに、笑いました。
     パブロが起きたら、驚き喜ぶかしら?と思い読み進めたら、なななんと、意外な展開に心地よい気持ちになりました。

     スランプには、眠りもひとつの解決策なのかもしれませんね。

    掲載日:2010/11/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • コミカルで温かい

    • きゃべつさん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子8歳、男の子5歳

    ぞうのパブロは、絵の題材に悩みます。そこで外へ繰り出して考えます。
    パブロが寝ている間に色んな動物達がやってきて、自分の興味のあるものを書き加えていくのですが・・

    次々とやってくる動物達が、面白いアイデアをテンポよく出していくので
    読み進めるのに、先が知りたくなってワクワクしました。

    最後はどうなることかと思ったら意外なことに。
    ちょっとユーモアが効いてて、お話もコミカルでいいと思いました。
    やっぱり、仲間がいると知恵もわきますね。

    掲載日:2009/12/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 最後のどんでん返しが楽しい

    • ジュンイチさん
    • 40代
    • パパ
    • 東京都
    • 男の子12歳、男の子6歳

    絵本ナビに投稿する前にはまった、きたむら おさむさんの作品。
    絵の背景が、おんちのイゴールと酷似しているのですが、きっとイギリスの何処かにある風景なのでしょう。

    お話は、ぞうのパブロが展覧会に出す絵で悩むところから始まります。
    友だちからのアドバイスで、外に出て風景画を描くことに。
    でも、やっぱり上手く描けず、お昼過ぎに眠ってしまいます。

    すると、きたむらさんの作品に出演する御馴染みの動物達が、パブロのキャンパスに加筆していってくれて、絵が見事に仕上がっていくのですが、あっと驚く逆転劇が最後に待っています。

    何ともきたむらさんらしいストーリーで、彼の作品を読んだことのある方なら納得の作品でしょう。

    彼の描く動物の絵のテイストは、いつ見ても心を和ませてくれます。

    掲載日:2009/09/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • アイデアがひらめいた!

    • けいご!さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子8歳、男の子4歳

    ぞうのパブロの夢は、自分の描いた絵を展覧会に出すことでした。

    絵は好きなのに、なかなかうまく描けない、納得のいく絵にならない…画家に限らず芸術家ってたいへんなんですね。
    でも、パブロにはアイデアをくれるすばらしい仲間がまわりにたくさんいました。そして、パブロが寝ている間にみた夢の中にも!

    パブロのように、近くにはげましてくれたり助けてくれたりする仲間がいることがどんなに大切かを学んだ気がします。

    きたむらさとしさんの本は初めて読みましたが、文・絵ともにコミカルながら温かみもあって素敵ですね。ほかにも読んでみたいと思います。

    掲載日:2007/12/22

    参考になりました
    感謝
    0

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

どうぞのいす / からすのパンやさん / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / わたしのワンピース / はじめてのおつかい / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『誰も知らない世界のことわざ』翻訳者・前田まゆみさんインタビュー

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.25)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット