十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。

ぼくのこともわすれないでよ」 みんなの声

ぼくのこともわすれないでよ 作・絵:シャーロット・ミドルトン
訳:三辺 律子
出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2007年06月
評価スコア 4.57
評価ランキング 4,103
みんなの声 総数 6
「ぼくのこともわすれないでよ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • こんな気持ちになるのかな、と思いながら読みました。いえいえ、あなたも赤ちゃんも、どちらも大事な我が家の宝だよ、そんな私たち親の気持ちが、この本を通じて我が子らにも伝わっていればいいな。皆が我が家にとって欠かせない一員。

    掲載日:2014/10/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • お隣のねこのジェマ

    ダドリーに新しい家族が仲間入りして、アンナがカメレオンのペキート

    に夢中になって焼きもちやいてるように、お隣のねこのジェマも寂しか

    ったような気がしました。隣のねこのジェマを脅しているつもりが、ジ

    ェマからすれば一緒に遊んでいるつもりだったかもしれないと思いまし

    た。どちらにしろ、悪戯好きなジェマからペキートを守ったお陰で、ヒ

    ーロー扱いになったダドリーの立場が安泰してよかったと思いました。

    どちらにしても家族の一員なんだから堂々として先輩づらをしていて

    ほしいと思いました。ダドリーは、おにいちゃんの立場だったのかなあ

    って思ったので、孫に兄弟が出来たときにはまた読んでやりたい絵本だ

    と思いました。

    掲載日:2010/07/23

    参考になりました
    感謝
    0
  •  昨年図書館で、背表紙のタイトルに惹かれて、手に取りました。

     表紙絵の女の子の目が、点の大きさに『わたしごのみ〜』と、開いて

    みました。
     
     アンナと犬のダドリーのお話のよう。

     とっても愛され、アンナを愛しているダドリー。
     
     そんなあるひ、カメレオンの赤ちゃんのペキートが新しい家族に…。

     ペキートがやってきて、アンナとダドリーの生活のスタイルに変化

    が、…。


     夜のアンナとお気に入りの場所で丸くなって、のんびりしているペー

    ジが良いですね。ダドリーもこれだけは譲りたくなかったんでしょう

    ね。最後のページの、ダドリーとペキート、良い関係ですね。

     
     イギリスの作家さんだそうです。画面割りが、とても自由で独創的で

    伸び伸びとしていて、読者を楽しませてくれる構成です。

     新しい家族が増えて、戸惑いそうなお子さんのいる方は、一度呼んで

    あげてはいかがでしょうか?

     息子は、一生懸命、自分に関心を集めようとするページのダドリーを

    見て、「かわいそうになぁ〜。」って、言いながら笑っていました。

    掲載日:2009/08/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 新しい家族との係わり方

    ポップな色彩と絵がとてもかわいく、思わず手に取ってしまいました。

    アンナの飼い犬のダドリーは、新しい家族であるカメレオンのぺキートがやってきてから、見向きもされず寂しい気持ちに。
    ある日ぺキートがいなくなってダドリーは喜んだけど、だんだん心配になり探しに出かけます。
    ぺキートの危機を救ったダドリーに心境の変化が。

    新しい家族との係わり方に戸惑いながらも成長していくダドリー。その様子がユーモアたっぷりのほんわかタッチで描かれていて、優しい気持ちになれる絵本です。
    アンナはもしかしたら、また次の家族を考えているのかも・・・?

    掲載日:2008/02/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • ”どきっ”としました。

    ページをめくっているとドキッとしました。布が本物だったり、トーストしたパンが本物だったり。小物にドキッとしました。貼り絵になっているところにも心を奪われました。新しい家族が出来た時、皆新しい方に目が行ってしまいがちだという事実を浮き彫りにしていたような気がしました。主人公は妬むのではなく優しさを持っていたからこそ新しい家族を助ける事が出来たのだと思いました。娘はまだ一人っ子ですが兄弟が出来た時には是非この絵本をもう一度読みたいと思いました。娘にも主人公の様な優しい心を持って欲しいなと思います。

    掲載日:2008/01/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 新しい家族が来たとき・・・

    新刊絵本コーナーでかわいいなぁと手にとったこの絵本。
    3歳の息子もお気に入りになりました。

    アンナの飼い犬、ダドリーは毎日楽しく暮らしていました。でも、新しい家族カメレオンのぺキートが来ると様子は様変わり。
    アンナを取られてしまって、みんなもぺキートに夢中。
    そんなとき・・・

    新しい家族が来て不安な気持ちがかわいく描かれています。
    そして、自分の役割を見出したとき、自信がつく。。
    素敵なことだと思いました。
    二人目のお子さんが生まれたときにも、当てはまることかもしれませんね。

    掲載日:2007/09/09

    参考になりました
    感謝
    0

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

こんとあき / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / ノンタンぶらんこのせて / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『プルバックでゴー!』しかけ絵本専門店「メッゲンドルファー」 嵐田一平さんインタビュー

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.57)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット