アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵 アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵 アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵の試し読みができます!
作: アレクサンドラ・ミジェリンスカ ダニエル・ミジェリンスキ 編: 徳間書店児童書編集部  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!

バクのあかちゃん」 みんなの声

バクのあかちゃん 作:あいはら ひろゆき
絵:あきくさ あい
出版社:教育画劇 教育画劇の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:2007年06月
ISBN:9784774610610
評価スコア 4.25
評価ランキング 14,555
みんなの声 総数 11
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

11件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 母の寄り添い

    バク=夢を食べる空想上の生き物
    という風に思っていて
    そっか、普通にこうやって散歩するのかな?
    とか、思っちゃいました

    なんとなく似ているような
    白黒のパンダ・・・とは違う・・・
    ぶたさん、いのししさん、ありくい? ともちょっと違う
    でも、やっぱり
    こどもとおああさんの関係は
    同じですよね!!

    見守りの距離がどんどん離れても
    「だいじょうぶ」って

    ものすごく安心します

    おかあさんのやさしさと
    大きな愛に見守られている感じが
    全体に溢れていて
    なんか、ほっこりします

    掲載日:2017/06/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • バクの絵本♪

    動物の絵本はたくさんあるけれど、バクが主役の絵本は
    初めて見つけました!!
    そして、その絵本は、ほんとにかわいい内容♪
    ほのぼのとしたバクの親子が、気持ちをあたたかにさせて
    くれます。
    優しいタッチの絵にも癒されます!!
    最初から最後まで、穏やかな気持ちで読むことができますよ♪
    夜の読み聞かせもいいですね☆

    掲載日:2015/04/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • あったかいお話

    このお話は、赤ちゃんバクの一日を描いたお話でした。お母さんと一緒にいたり、ふらふらどこかへ行って怖い気持ちになったり不安になったり。子供らしい感じが絵本に表れていて読んでいるこっちも微笑ましくなる絵本でした!!

    掲載日:2015/03/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • すてきな親子♪

    • みそぽさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子1歳

    バクの赤ちゃんの模様って不思議ですよね。
    でも意外と知られていなくて、赤ちゃんのときもお母さんと同じ模様だと思っているお子さんは多いと思います。
    なので動物が大好きな子にとってもお勧めです。

    話の内容はほのぼのとしています。
    星空の下での親子の会話は本当に愛があふれています。

    掲載日:2012/07/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • ほのぼの

    バクの赤ちゃんがお散歩に出掛けるお話です。

    初めは、後ろを振り返ってお母さんの姿を確認する所が、子どもらしくて良いなぁと思いました。
    そうやって姿を確認する事によって、安心感をもって探索活動ができるんですよね!

    何より驚いたのが、バクの赤ちゃんはお母さんを体の模様が異なる点でした。
    意外な発見ができ、なおかつ読んでいてほのぼのとする温かい絵本でした。

    是非、親子で読んで親子愛を再確認したくなるオススメの一冊です☆

    掲載日:2009/12/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 微笑ましい

    • ズズさんさん
    • 20代
    • ママ
    • 広島県
    • 男の子6歳、女の子4歳、女の子2歳

    バクの親子のお話です。
    とっても優しいタッチの絵で読みやすかったです。
    2歳の娘も何度もアンコール(笑)

    バクのあかちゃんが自分の思うように冒険?おさんぽをしていても、振り返ればちゃんといつもお母さんが見守ってくれている。
    そしてあかちゃんはまた安心して冒険なおさんぽをする。
    不安になったりする場面も読んでいる私達も不安になりながら読みました。

    最後にあかちゃんが「ママはいつもぼくといっしょだね」と言うとお母さんが「ママはいつもぼうやといっしょよ」と言う会話があります。
    とってもほっこりしました。

    アンコールに応えて自分も何度も読みたくなる、絵本です。

    掲載日:2009/11/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • やさしい母と子のお話

    くまのがっこうでおなじみのあいはら先生の作品です**


    やさしいタッチの絵もとても素敵で優しい気持ちになります♪
    何度もお母さんがいることを確認しながらも、結局は興味に負けて
    迷子になっちゃうところが息子ソックリできゅーんとなります(*^_^*)

    文章もリズムよく、とても読み聞かせしやすいです。
    最後のページの母子の会話がとても心温まります**

    掲載日:2009/09/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 柔らかい絵

    柔らかい描き方の表紙の絵が素敵だったのでこの絵本を選びました。主人公の散歩を垣間見る事ができてとても楽しかったです。とことことこと歩く足取りがとても可愛らしくて癒されました。歩く音もいかにも小さい主人公らしくて素敵でした。いつでも子供を守っているお母さんのお陰で安心して遊べる主人公は幸せ者だと思いました。夜空の星のきらめきも美しかったです。

    掲載日:2009/01/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • 見守る母親

    どんな時でも、我が子を守る母親と、母親の姿を確認するバクのあかちゃんの姿にとても深い愛情と信頼関係で結ばれていると思いました。いつも我が子から離れないで我が子の傍にいる、我が子を見守る母親に感動しました。危険から守る為だと思いますが、やはり深い愛情からの行動だと思います。バクのあかちゃんの「とことこ とことこ」に、のんびり、ゆったりとして平凡な幸せを感じました。優しさをいっぱいもらいました。

    掲載日:2008/12/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 歩きはじめた赤ちゃんへ

    • 花樹幹さん
    • 30代
    • ママ
    • 茨城県
    • 女の子5歳、男の子2歳

    5歳の娘が図書館で借りてきた絵本です。絵がほのぼのしているところに魅かれたのでしょうか。内容は、ばくの赤ちゃんがママが後ろにいることを確認しながらとことこ歩いて行くお話しです。読みながら2歳なりたての息子のようだと思いました。好奇心旺盛だけどママがいないと不安になってしまう赤ちゃんの心と、手出し、口出しはしないけど、しっかりと赤ちゃんを見守っている温かいママが描かれていて、とっても心温まります。

    掲載日:2007/12/13

    参考になりました
    感謝
    0

11件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



「にじいろのさかな」シリーズ <br>編集者インタビュー

みんなの声(11人)

絵本の評価(4.25)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット