ねずみくんのクリスマス ねずみくんのクリスマス
作: なかえ よしを 絵: 上野 紀子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
小さなクリスマスツリーをわらわれたねみちゃん。でも、ねみちゃんのツリーは、本当は大きなあるもののかざりだったのです。
morimoriさん 30代・ママ

クリスマスにぴったり^^
小さなねずみのねみちゃんがみんなのため…

おつかい」 みんなの声

おつかい 作:工藤 直子
絵:いけずみ ひろこ
出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
ISBN:9784337003101
評価スコア 4
評価ランキング 19,442
みんなの声 総数 3
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 〈山ぶどうの夢〉が、大好きです

     お話会で詩も読んでいます。
     持っている詩集の中からよく選んでいます。
     特に工藤直子先生の詩が可愛らしくて大好きです。

     図書館で、見つけた絵本スタイルの先生のこの作品に小躍りして借りてきました。
     ほとんど目にしたことのある作品ばかりでしたが、いけずみ先生の絵がなんとも可愛らしく素敵な「詩の絵本」になっていました。

     さっそく今年度は、この中からも選んで読みたいと思います。
     
     昨年度秋に2年生で読んだ〈山ぶどうの夢〉が、大好きです。
     カバー折り返しを見て、「しのえほん」シリーズの一冊と知りました。
     ほかの作品も借りてこようと思いました。

    掲載日:2011/05/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 詩集絵本です

    • ジュンイチさん
    • 40代
    • パパ
    • 東京都
    • 男の子12歳、男の子6歳

    工藤 直子さんの詩といけずみ ひろこさんの絵が、ドンピ

    シャでとても良い感じの詩集絵本に仕上がっています。

    詩集絵本って、これまで読んだことがなかったのですが、独

    特のリズムが心地良くて、癖になりそうです。

    工藤 直子さんの文章は、とても心に響いてくるので、読み

    聞かせというより、子供が朗読をするのに最適の本かと思います。

    掲載日:2007/08/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 小さな自然

    詩集絵本です。説明によると詩集「のはらうた」などからの転載の詩もあります。たとえば、水音をテーマにした「おと」という詩では「ぽちゃん ちゅぴ じゃぶ ざぶん ばしゃびち」など、色々な音で表現されています。大きい音、小さい音、ささやかな音、ちょっと迷惑な音など、音の世界がこんなにも豊かであることに驚きました。

    「ゆきの原」での雪がふる様子は「ふるはらり ひらふわり」という表現で、リスの上に雪が柔らかく降り積もっていく様子が描かれています。
    ちょうどミニシアターを見るように、ページごとに自然の世界が広がっていきます。工藤直子の描く自然は、普段私たちが見落としているような小さな自然の姿です。それは、ありがひまわりを見ているという風景だったり、リスが雪を見あげている姿だったりと。

    表紙がたぬきの子どもたちが走っているかわいい絵(絵はいけずみひろこ)だったので、息子が物語絵本と勘違いして借りたのですが、たまには詩集絵本というのも、いろいろな言葉に出会える機会としていいなと思いました。

    掲載日:2007/06/20

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



2つの写真のまちがいをさがそう

みんなの声(3人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット