うまれてきてくれてありがとう うまれてきてくれてありがとう
作: にしもとよう 絵: 黒井 健  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
プレゼントにも喜ばれています。いのちの大切さを伝える1冊

エルマーと16ぴきのりゅう」 みんなの声

エルマーと16ぴきのりゅう 作:ルース・スタイルス・ガネット
絵:ルース・クリスマン・ガネット
訳:渡辺 茂男
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1965年09月
ISBN:9784834000498
評価スコア 4.76
評価ランキング 630
みんなの声 総数 24
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

24件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
  • エルマーの成長に、ジーン(;_;)

    • ムスカンさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子11歳、女の子6歳

    6歳の娘と読みました。
    エルマーのぼうけんから始まって3冊目、
    これまでずっとエルマーと、そしてりゅうと一緒に旅をしてきた私たちにとって、
    この絵本で最後だと思うととっても寂しいものがありましたが、
    エルマーがこれまでの冒険を通してこんなにも成長していたことが
    とってもよく描かれている一冊でもあります。

    ちょうど娘の卒園の時期に読んだからか、
    エルマーの成長が娘の成長と重なり(大げさ?)
    ジーンときてしまいました。

    エルマーとりゅうの絆もとってもよく伝わってきます。
    そしてなんだかちょっと不思議なエルマーの両親(笑)。

    どっしりとしたエルマーの頼もしい姿に喜んでいただきたい一冊です。

    掲載日:2018/04/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 何度も読み返したくなる

    6歳なりたての息子と読みました。
    エルマーのシリーズの中で、これが一番息子が気に入ったようです。
    表紙と裏表紙の見返しに地図が描かれていて、
    息子はこの地図がお気に入りでした。

    りゅうが人間に見られてしまうところ、
    りゅうが「あおにゅうどう」と呼ばれるところなど、
    息子は大喜びでした。
    私も実はこの本が大好きでした。
    私は、このりゅうの家族の色や模様が綺麗なので、
    それを想像するのが好きだったなー、など、いろいろ思い出しました。
    いろいろなアイテムが出てきて、それも楽しい。

    また、何度でも読み返したくなります。
    できれば、息子と。

    掲載日:2017/04/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • おもしろいです

    • じっこさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子5歳

    シリーズ完結編です。私はやはり「エルマーとりゅう」が一番好きです。これは二番目かな。りゅうのことがいっぱい知れるので、りゅう好きにはいいかも。
    5歳にはストーリーはちょっと難しかったかな。でも、りゅうの模様を見比べたり、絵でも楽しんでいました。たくさんりゅうが出てきて、みんなに名前がついているのが気に入ったようです。この物語は、エルマーよりもりゅうが主役だと思います。クライマックスに行くまでのくだりがちょっと長くて、最後はあっけない気がしました。でも、りゅうも無事に帰れて安心できたし、3巻全部読んでよかったです。

    掲載日:2016/08/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 最後の冒険!

    • めぐたむさん
    • 40代
    • ママ
    • 岡山県
    • 男の子4歳、男の子0歳

    シリーズ3部作を購入しましたが、息子の一番のお気に入りになりました。
    今回の冒険は、「エルマーのぼうけん」に次ぐドキドキ・ハラハラ感がありました。でも、内容も相手も作戦も全然違うので、新鮮です。無事に、りゅうの家族を助けることができて、読み聞かせている私までホッとした気持ちになりました。
    また、りゅうの名前がわかったことも良かったです。

    掲載日:2016/08/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 勇敢なエルマー

    6歳長女は自分で読んだので、私も読んでみました。「途中でやめれなくなるんだよ」と言っていましたが、長女のいう通り、読んでいる間ドキドキして「次はどうなるんだろう」とやめられませんでした。

    エルマーシリーズの三冊目。完結編です。無事に帰れたと思ったら、またリュウを助けることに。「どうしよう」「どうなる?」とドキドキしっぱなしでした。勇敢なエルマー、これはお子さんと読んでみなきゃ損ですよー。

    掲載日:2014/12/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • りゅうそうどう

    • サマさん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子7歳、女の子4歳

    「エルマーのぼうけん」「エルマーとりゅう」の続きのお話。今回はエルマーを家に送り届けて、りゅうの家族の住むそらいろこうげんに帰るところ。

    なんとそらいろこうげんに人間がいて、りゅうの家族を洞窟に追い込み網を張っていました。
    りゅうは家族を助けるためにふたタブエルマーに助けを求めます。
    今回の相手は人間。シリーズの中で一番スリリングでした。

    りゅうの名前が「ボリス」だったことや、16人(匹)家族意だったこと。兄弟姉妹たちの模様が様々だったこと。このシリーズでりゅうのいろんなことがわかり、楽しめました。また、一度カラーで見てみたいと思ってしまいました。でも子供たちには頭で想像できているのかも。

    りゅうはまだどこかに存在する?このりゅう騒動で事実が明らかに!!!
    うちのお兄ちゃんも夢の中できっと冒険していると思います。寝る前に読んだから・・・

    掲載日:2014/10/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • シリーズ最後の3冊目。あっという間に読んでしまいました。
    どの本も次の章が気になって仕方がなかった息子ですが、この3冊目は特にドキドキワクワクだったようです。
    今回は家族のお話ということもあったと思いますが、りゅうの一家がどうなるのか、無事逃げ出せるのか、息を呑んで聞いていました。
    最後は喜びと共に、お別れが淋しくて涙を浮かべていました。
    一緒に読んでいた私も、一生懸命聞いてくれるのが嬉しいのと、息子の頭の中でいろんな想像力を働かせているのがわかって、終わってしまうのが残念なくらいでした。もっとシリーズが続いていればよかったのに、と思ったくらいです。
    でも、一番想像力豊かな歳は6歳、と誰かから聞いたのを思い出し、今読んであげられたことが心から良かった、と思える本でした。

    掲載日:2014/02/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 残念なところも…。

    エルマーとりゅうに続く本です。
    エルマーと16ぴきのりゅうの最初に、今までのあらすじが載っているので、この本から読んでも良いとは思いますが、ぜひ、前作の2冊を読んでからどうぞ。

    「エルマーのぼうけん」でも、ドキドキしましたが私は、今回の
    方がドキドキ感があります。
    りゅうが何度も人間に見つかるところに驚きでした。
    やっぱり、今までは人のいない島で過ごしていましたからねぇ。

    りゅうがエルマーに助けを求めに行くときに、どのように伝えるのか
    疑問に思っていました。その伝え方も、とても良かったです。

    りゅうの家族の説明の時に、絵が白黒でちょっと分かりづらいです。
    そこはしょうがないので、裏表紙にカラーで家族を載せてほしかったです。
    りゅうの家族のその後を書いた続編も出てほしいです。

    掲載日:2013/09/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 永遠の名作

    有名児童冒険小説の完結編。ドキドキわくわく、とっても楽しいお話です。りゅうの家族15匹、それぞれ色と模様が違います。これが何とも楽しくて、娘は挿絵を熱心に見ていました。そしてりゅうを含め、皆の名前も初めて分かります。もっともっと知りたいところで、エルマーとりゅうはサヨウナラ。ちょっぴり切ない想いも味わえます。永遠の名作ですね。

    掲載日:2011/09/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 勇敢なエルマー!

    • ヤキングさん
    • 20代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子7歳、女の子2歳

    エルマーシリーズ最終話です。
    無事家に帰ったのに、今度はりゅうの家族が大ピンチ!
    しかもその相手が人間って・・・
    次はりゅうの家族を救うために再び出発。
    勇敢なエルマー、すばらしいです。

    息子はカラフルなりゅうの家族に釘付けです。
    そんなりゅうとお友達のエルマーがうらやましいようです。
    今回のお話は前2作に比べるとハラハラドキドキがいっぱい!
    手に汗握ります。
    でも、何で人間はそんなことするの?と聞かれ。少々困りました。
    読み返す回数もとても多く、息子のお気に入りです。

    エルマーシリーズはまずは最初から一通り読み、お気に入りを見つけるのがお勧めです。

    掲載日:2011/04/27

    参考になりました
    感謝
    0

24件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / スイミー 小さなかしこいさかなのはなし / エルマーのぼうけん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



国際アンデルセン賞受賞記念 スペシャル対談 角野栄子さん×金柿秀幸

みんなの声(24人)

絵本の評価(4.76)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット