ほげちゃんとこいぬのペロ ほげちゃんとこいぬのペロ
作: やぎ たみこ  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
大人気!ぶさカワ「ほげちゃん」待望の第3巻目刊行!
ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば

ほげちゃん、頑張りました!
ほげちゃんが、こいぬのペロにやきもちを…

ぼくのひよこ」 みんなの声

ぼくのひよこ 作・絵:高部 晴市
出版社:農山漁村文化協会(農文協)
本体価格:\1,333+税
発行日:2007年03月
ISBN:9784540062971
評価スコア 3.69
評価ランキング 29,996
みんなの声 総数 12
「ぼくのひよこ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

12件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 面白い

    • りかっちぃさん
    • 30代
    • ママ
    • 北海道
    • 女の子7歳、男の子5歳、男の子1歳

    5歳の子の感想。
    「卵を食べようとしたのに、ヒヨコが出てきて面白かった!」

    きちんとオチを理解できたみたいです(笑)

    今の時代見かけなくなったお祭りでのヒヨコ売りから始まり、
    卵が食べたくて一生懸命育てる。
    そして、やっと卵を産んで、食べられる!と思ったら、
    ヒヨコが出てくる。

    主人公の男の子と同じような気持ちで、
    卵はまだか?まだか?とわくわくしながら、
    ページをめくって結局食べれなくて、残念のような、でも嬉しいような
    気持ちになります。

    掲載日:2014/01/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 懐かし〜

    この話は昔懐かしのひよこの屋台でひよこをもらったのが始まりでした。私が子供の時にあったのを思い出して懐かしくなりました。最近見ないのでうちの子には羨ましがられました。そのヒヨコを育てている姿がとっても面白かったみたいでうちの子は笑っていました。

    掲載日:2013/07/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 不思議な絵本

    • らずもねさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子2歳、男の子0歳

    お祭りで買ったヒヨコが店主のまじないのせいか
    次の日にはニワトリになるという不思議なお話。
    それでいてめんどりをネコから守ったおんどりと恋仲になるなんて
    現実的な展開だったり。
    しかもたまごを割ってみると、ひよこが・・・・

    イラストが迫力もありストーリーの不思議さもあり
    引き込まれてしまいます

    掲載日:2011/07/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 屋台のおじさん

    屋台のおじさんが、ひよこちゃんにかけたおまじないがおじさんに似合わなく(?)

      「ぴ・ぴ・  ぴよこちゃん

        ぷぷい〜の  ぷい!」


     とっても可愛いおまじない! 顔に似合わなくてちょっと笑えてしまいました。きっと優しいおじさんなのだと思いました。そう思うと顔まで優しく見えました。おじさんなんのおまじないしたんだろうなあ・・・・

    「おおきなれよ おおきなれよ」じいちゃんみたい言ってたのかなあって想うと懐かしくなりました。娘のじいちゃんは、いつも「おおきなれよ おおきなれよ」と、両足を擦ってました・・・・・

    めんどりが、卵かけご飯を食べようとした僕に、「コラ コラ」の明るい発言に、ひよこちゃんが登場する場面に笑えました。ユーモアたっぷりの絵本に気持ちが明るくなれます。

    掲載日:2010/10/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • おいしい卵が食べたい!

    • イザリウオさん
    • 40代
    • ママ
    • 群馬県
    • 男の子9歳、男の子7歳

    みんな大好きな卵。

    ぼくもおいしい卵が食べたくて、にわとりが卵を産むのをいまかいまかと待っていたのに・・・

    やっぱり、最後はおいしい卵かけご飯を食べているところが見たかったな。

    思ったより、話が盛り上がりにかけていたかな。
    高部さんの絵は面白かった。

    掲載日:2010/08/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 高部さん

    農文協出版だったのと高部さんの作品だったのでこの絵本を選びました。この絵本を読むことで雄鳥と雌鳥の違いについて自然に学ぶ事が出来るのが良いと思いました。主人公が鶏の世話を一生懸命に頑張って奮闘しているのが素敵でした。ポップな絵も気に入りました。縁日の叔父さんがユニークで魅せられました。

    掲載日:2010/03/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 幼いお子さんをかなり意識しています?

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子14歳、女の子9歳

    他の方のナビの感想を読ませていただきました。
    みなさん、お子さんのウケは良かったと書かれていますね。
    うちの子どもたちはもう大きいので、
    顔色も変えず、さらっと流して「ふ〜ん」てな感じでした。

    私は高部さんの絵本は結構好きなんですが、
    他の絵本と比べると、文字も大きく、文章も簡潔で(少ない)、
    一つ一つのイラストも(やけに)大きくはっきりと描かれている気がしました。
    これは、より幼いお子さんを意識してのことなのでしょうか?

    私的には、もう少し突っ込んだところが見たかったな〜。
    簡潔すぎて物足りない感じがしました。

    掲載日:2010/02/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 夜店のひよこ。

     夜店でひよこを買いました。その時、おじさんがなにやら呪文をかけて、次の日鶏になっていた!という、テンポのよいお話です。なかなか卵を産まない鶏に、お父さんが焼き鳥にしようとかいうところなんか、スーパーの切り身しか見たことのない子どもたちには、食べている動物=絵本なんかに出てくる牛・ブタ・鶏ってちゃんと結びついているのかなぁと、他の動物の生命を頂いて生かされていることなど、命の尊さを考えるきっかけになってくれればと思います。

     待ちに待ったたまごを、卵かけご飯にしようと親鳥の悲痛な叫びを無視して割ってみると、なんと中からひよこが出てきたのにはびっくりでした。

    掲載日:2007/11/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • まつりのおじさん!!

    • リーパンダさん
    • 30代
    • ママ
    • 宮崎県
    • 男の子7歳、女の子4歳

    お祭りの夜店って不思議な雰囲気がありますよね。
    このお話のおじさんもすごい人でした。
    ひよこを売れて帰ったら翌日には、鶏になっていて・・
    ありえない話に子供たちと「え〜」を連発でした。
    家の中が鶏だらけになる前に、はやくおいしいたまごかけご飯が食べられるといいね。
    と、子供たちは笑っていました。

    掲載日:2007/10/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 笑えちゃう、楽しい絵本です。

    • NON×2さん
    • 30代
    • ママ
    • 愛媛県
    • 男の子8歳、女の子5歳

    すごくカラフルな絵本で、素敵です。
    昔・・・
    カラフルなひよこを、夜店で売っていたのを思い出します。
    懐かしさを感じる、レトロな雰囲気が、いい味出してます。
    一日でひよこがニワトリになる。・・・
    そうだといいなぁって思いがはいっているのでしょうか。
    やっとの事で卵を産んだめんどり。
    たまごご飯を食べようとすると・・・
    楽しいオチで笑えました。
    親子には、懐かしさ。子供には夢を与える素敵な絵本です。

    掲載日:2007/07/27

    参考になりました
    感謝
    0

12件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

こんとあき / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『こえだのとうさん』 いとうさゆりさん インタビュー

みんなの声(12人)

絵本の評価(3.69)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット