もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

ビッグブック すてきな三にんぐみ」 みんなの声

ビッグブック すてきな三にんぐみ 作・絵:トミー・アンゲラー
訳:今江 祥智
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\9,800+税
発行日:2001年
ISBN:9784033211602
評価スコア 4
評価ランキング 18,712
みんなの声 総数 5
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 3人組で読もう

    読み聞かせサークル用としてもっています。
    大胆な構図と色づかいなので、画面が大きくなるとよりインパクトがあって惹き付けられます。
    ビッグブックは一人で読むのは大変だけれど、それこそ3にんぐみで読んだらよさそう。おはなし会などで大活躍すると思います。

    掲載日:2014/09/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 朝のお集まりで

    有名な「すてきな三にんぐみ」の大型絵本を図書館で発見したので、保育園の全園児が集まる朝のお集まりの時間に読んでみました。
    年中さん、年長さんは、大きな絵本に大興奮!「次はこうなるんよ」と友達とつぶやきながら、集中してみてくれました。
    年少さんは、絵本の暗い雰囲気が苦手だったのか、泣いてしまう子もいましたが、ほとんどの子どもは興味津々で見ていました。

    掲載日:2014/06/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • おおまさかり♪

    うちのこは、
    「おおまさかり」という言葉のひびきと、おおまさかりの形が好きなようです。3つのアイテムの中で、「おおまさかり」というところを、繰り返し読むように、せがまれます笑。
    ストーリーの展開よりも、この3つのアイテムがすごく気になるようです。
    絵を指差しながら、「こしょうふきつけってどーれ?」とか。
    子どもの反応っておもしろいですね。
    挿絵がとっても素敵です。にくめないどろぼうの姿。
    私も大好きな絵本です。

    掲載日:2013/04/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • ミニ版は持ってるんですが…

    ふと図書館で見つけた大型絵本。ミニ版は持ってるんですが、その何倍もあるサイズなのでいつもと違った感じになるかなあと思い、読みました。反応はいつも通りでした。確かに大型判にする必要があまりないような…大きくても小さくても絵本の良さは一緒でした。じゃあ、ちっちゃいのでいいか、って改めて認識。
    ただ本当にステキな絵本なので、読み聞かせ会とかにはいいのかも。たくさんの子供たちが一気に見られるし。

    掲載日:2009/07/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大型絵本で読みました

    図書館の大型絵本のコーナーで、
    息子が「コレ読んで!」と言ったので、
    初めて手にとって読みました。

    息子は大きな絵本に圧倒されつつ、
    横でジッと聞いていました。

    最後の方になってお城の絵が出てきて、
    三にんぐみと同じ形のお城に「おなじ!」
    と喜んでいましたが、それまでは無反応で、
    お話しはあまり判っていなかったようでした。

    また普通サイズの本で、
    読み返してみたら反応が違ってくるのかもしれませんが、
    息子にはまだ少し早かったのかな?

    掲載日:2007/06/21

    参考になりました
    感謝
    0

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / わたしのワンピース / バムとケロのおかいもの / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。


「11ぴきのねこ」シリーズ こぐま社相談役 佐藤英和さんインタビュー

みんなの声(5人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット