なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子の試し読みができます!
作: 松岡 享子 絵: 大社 玲子  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
創刊40年!世代を越えて愛され続ける、不朽の名作です!読み聞かせは4歳から、一人読みは6歳から
しろりりんさん 50代・その他の方

幼児におすすめ
5歳くらいの子におすすめだと思います。…

こりゃ まてまて」 みんなの声

こりゃ まてまて 作:中脇 初枝
絵:酒井 駒子
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\800+税
発行日:2008年05月
ISBN:9784834023435
評価スコア 4.66
評価ランキング 2,267
みんなの声 総数 81
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

81件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
  • 歩けるようになったばかりの女の子が、絵本の中を歩きだす

    • ランタナさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子8歳、男の子5歳

    酒井駒子さんが描く、歩き始めたばかりの女の子が
    たまらなく愛らしいです。
    ふっくらしたほっぺた
    細くて柔らかい髪、
    バランスが悪くて、ポテポテッとした歩き方
    ふと目に入った対象に、後先考えず、とりあえず向かっていく大胆さ・・・
    危なっかしい足取りを、ずっと見守っていたいような気持ちになります。
    沢山のお母さんが「あぁ、ウチの子みたい」と思うのではないでしょうか。

    女の子が出会う、まだ名前を知らない(言えない)生き物たち。
    「ひらひら」「しゅるしゅる」「ばさばさ」
    ちいさな人は毎日が新しい発見と冒険でいっぱいですね。
    「こりゃ まてまて」というフレーズがとてもいい。
    特に最後の「こりゃまてまて」の正体とラストがとびきり素敵です。

    自分用に購入してしまいました。
    お母さんにおすすめの絵本ですが、
    1〜2歳位のときの息子にも読み聞かせてみたかったなぁと思います。

    掲載日:2011/10/12

    参考になりました
    感謝
    2
  • 名前を言えたかも?

    こりゃまてまて と子どもが追いかけて、動物たちが逃げるだけの単純な絵本。
    ですが絵がとってもかわいらしくて、ふんわりやさしい雰囲気があります。最後にパパが出てくるのも愛情を感じてすてきです。親がハマってしまう本ですね。

    もちろん1歳2カ月の息子にもヒットしました。
    特に笑ったりはないのですが、寝室に置いておくと一番に持ってきます。

    最後のページ、肩車している人を「パパだよ」と教えたら「パパ、パパ」と言うようになりました。
    肩車されている子どもは息子だよと教えてあげると「たーたん」と。
    え?今まで自分のこと「たーたん」なんて言ったことなかったのでびっくり。「た」から始まるけどちゃんと言えないから「たーたん」になったんでしょう。
    しかしその後はなぜかその子どもを「ママ、ママ」と呼ぶようになりました。しょうがないので後ろで縄跳びをしている人を指さし「ママだよ」と教えました。
    するとその縄跳びの人を「ママ」と指差すようになったのですが、肩車している人もされている子どもも全部「ママ」になってしまいました。
    この月齢の子って気まぐれですねw

    でも名前を言ってくれたのかな?と思えた貴重な絵本です。(親ばか〜)

    掲載日:2014/10/05

    参考になりました
    感謝
    1
  • 宝石のような一冊

    子どもが2歳のころに出会った本です。書店で見つけて、絵の素晴らしさにくぎ付けになり、気付いたら買っていました。子どもにとっては普通の本だけど、親の私にとっては美しい宝石のような一冊。

    酒井駒子さんの描く子どもって、どうしてあんなに愛らしいのでしょう?

    絵は紙の上で静止しているはずなのに、幼い子のぷにぷにした肌の感触や、弾む息、おぼつかない歩きぶりや、不器用で愛らしい仕草が、絵本の上で確かに息づいているのです。

    文章も一見超シンプルなのですが、全編おなじ「こりゃ まてまて」という言葉だけなのに、最後に「こりゃ まてまて」される側がくるりと逆転するサプライズには「やられた!」と言う感じ。

    絵本のことなんてさっぱりわからない、物ごころつかないおチビさん向けと侮るなかれ。絵も文も、「本物」のクオリティを求めて極限まで練り込まれ研ぎ澄まされた一冊だと思います。

    ところで、子どもが2歳くらいまでは、いまのわが子がどんな本なら理解できるのか?食いついてくれるのか?が分からず、空振りだらけだったのですが、そんなときこの「0,1,2歳の本」はとても有用でした。こういうシリーズを出そうと思った編集者の人、偉い!

    掲載日:2013/03/02

    参考になりました
    感謝
    1
  • 惹きつけられる美しい絵と言葉

    女の子の身近な発見がとても美しい絵で描かれているのに惹かれて、1歳の娘に買いました。
    身近で出会える動物を「こりゃまてまて」と追いかける女の子。
    表情がとってもいいですね。
    娘もとってもよく見て聞いてくれます。
    この絵本のように、いろんな生き物を娘と一緒に見つけたいと思いました。
    最後のパパに「こりゃまてまて」言われ肩車されて「さぁいこう」とっても素敵です。

    掲載日:2011/12/25

    参考になりました
    感謝
    1
  • 酒井駒子さんの赤ちゃん絵本

    酒井駒子さんの赤ちゃん絵本は初めてみました。
    いつものごとく、少し暗いイメージの絵です。

    まてまて、と子どもが何かを追いかけることは、よくあることですね。
    ですが、この絵本では、その好奇心のような躍動感に少し欠けていて残念な気がしました。

    ひらひらひら、めくって、こりゃまてまて
    という風な順番の方が、私はいいのにな…と感じました。

    掲載日:2017/11/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • シンプルだけど、愛らしい♪

    2歳10ヶ月の娘が、図書館で選んできたので、借りて読みました。

    「こりゃ まてまて」 と、目に付いた生き物を追いかける、ヨチヨチあるきの幼い子。

    ぽってりとした体型や、あどけない仕草は、少し前の娘を思い出し、懐かしく、愛らしい気持ちになりました。


    文字も少なく、赤ちゃん向けなので、今の娘には物足りないかな?とも感じましたが、フレーズもシンプルな分、すぐに覚えて、自分でも嬉しそうに読んでいました♪

    ゆっくりと時間をかけて、
    「こりゃ まてまて」 と言いながら、そーっとページをめくって…

    「ばさばさばさ」 と、鳩が飛び立つシーンなどは、シンプルながらも、まるで自分もそこにいる様な感覚になりました。


    今の娘でも楽しんで読んでいますが、このお話に出てくる子(1歳前後くらい?)くらいの時に、読んであげたかったなぁ…と思いました。


    小さなヨチヨチ歩きの赤ちゃん〜お子さんがいるママに、おすすめです♪

    掲載日:2016/04/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • おっかけっこ

    小さな子供が、生き物を追いかけてこりゃまてまて
    というだけのシンプルな絵本

    家ではお父さんが読み聞かせをするのですが
    最後にお父さんが子供をこりゃまてまて、と捕まえるのが気に入って
    よく「こりゃまてまて」とはいはいで笑いながら逃げる子供を捕まえています。

    掲載日:2015/11/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 捕まったー

    小さな子が蝶やトカゲ、ハトや猫を追いかけようとしてすぐに逃げられちゃう、子供のあるあるを描いた絵本で、ほっこりします。子供のしぐさや表情、ぷっくりとした手、ほっぺの描き方が絶妙。
    最後はお父さんに「こりゃまてまて」と捕まって、肩車してもらう、ほんわかといい気持になる絵本です。

    掲載日:2015/09/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • ものがたる絵

    酒井駒子さんの絵に見入ってしまいました。幼い子どもの姿が本当に愛らしく描かれています。文字が少ないぶん、絵がものがたります。
    0歳からの絵本ということで、ほとんど文字のないなか、ラストの展開にははっとしました。あったかい気持ちで本をとじられます。
    出会ったことのないタイプの赤ちゃん絵本でした。

    掲載日:2015/05/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵に引き込まれる

    この本を知ったのは息子が大きくなってからなので、私一人で読みました。
    とても繊細で、思わず引き込まれる絵本でした。
    0歳向けということですが、空気感がとても好きで、大人が読んでも癒されると思います。
    ラストのシーンは特に素敵です。

    掲載日:2015/04/20

    参考になりました
    感謝
    0

81件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / ねないこ だれだ / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん / うずらちゃんのかくれんぼ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



あの名作の世界が手のひらサイズの小さなしかけ絵本に!

みんなの声(81人)

絵本の評価(4.66)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット