うさぎマンション うさぎマンション うさぎマンションの試し読みができます!
作: のはな はるか  出版社: くもん出版
うさぎマンションには、 画家、パン屋、音楽家、魔法使い… いろんなうさぎが住んでいます。1部屋ごとに進行する物語を 見つけて、楽しむ絵本。

ちっちゃなえほん よるのおるすばん」 みんなの声

ちっちゃなえほん よるのおるすばん 作:マーティン・ワッデル
絵:パトリック・ベンソン
訳:山口 文生
出版社:評論社 評論社の特集ページがあります!
本体価格:\800+税
発行日:1997年
ISBN:9784566005839
評価スコア 4.62
評価ランキング 2,902
みんなの声 総数 12
「ちっちゃなえほん よるのおるすばん」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

12件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 大事なおかあさん

    この作家さんは、おおくまさんとちいくまくんで知ったのですが、
    このふくろうのひなたちの絵本も本当にかわいいです。
    ひなたちが、おかあさんの帰りを待ちながら、
    いろいろな想像をして不安な気持ちになってゆくのが
    伝わってきて切ない気持ちになります。
    おかあさんがおおきく羽ばたきながら、とうとう戻ってきて、
    何騒いでいるの?と言った時、日常がぱっと戻ってくるのですね。
    子どもたちのよろこび、ほっとした気持ち、
    いいなあ、あったかいなあ、と思いました。

    掲載日:2016/10/09

    参考になりました
    感謝
    1
  • 心細さが伝わります

    三羽のフクロウのヒナが
    夜目を覚ますと、お母さんがいない。
    ママはどこだろう?いつ帰ってくるだろう?
    そんなヒナ達だけのわずかな時間のお留守番のお話です。

    大人っぽい絵だと思いましたが、
    夜の森で不安げに寄り添うフクロウが可愛いです。
    お話も、ママがいなくて心細い感じがよく伝わってきます。
    ちょっとの時間も、長く長く感じられるような…
    お母さんが帰って来た時のヒナたちの嬉しそうな様子がなんともいえません。
    小さなお子さんにも、ヒナ達の気持ちがよく分かると思います。

    繰り返し出てくるセリフにキュンとします。
    お母さんから、優しい声で子供たちに読んであげたい絵本です。

    掲載日:2009/05/01

    参考になりました
    感謝
    1
  • 子供もクスッ☆

    • ナカコさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子10歳、男の子7歳

    2度小学校で読んでみてとても反応が良かったので
    はじめて読み聞かせをするお母さんにも勧めてみました。
    どんな風に読んでも笑ってくれます。

    「ママに会いたいよう」
    何度も言うのですが、3回目くらいから
    子供達は大うけします。
    3年生でも笑ってくれました。

    最後はママが帰ってきてみんな安心し、
    ほのぼのとした気持ちにさせてくれます。

    とってもかわいいお話で私は大好きです!

    掲載日:2005/07/11

    参考になりました
    感謝
    1
  • ママに会いたい気持ち

    3歳1ヶ月の息子が、図書館で借りました。
    乗り物以外の絵本はあまり選ばないのに。
    表紙のふくろうの絵に惹かれたようです。

    夜、3匹のフクロウのヒナがお留守番をする話。
    ママに会いたい気持ちがとってもよく伝わってきます。
    絵がきれいです。
    息子は「パパはどうしたのかな?」と不思議そうでした。
    が、まあまあ気に入ったようです。

    これはボードブックなので、小さいですし、持ち運びにも便利そうです。

    掲載日:2014/04/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • ヒナたちの表情やしぐさが可愛かったです。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子18歳、女の子13歳

    表紙の副題に「ちっちゃなえほん」とあります。
    そしてとても小さめな手のひらサイズの絵本です。
    計ってみたら15p×12pでした。
    主人公の三羽のヒナの表情やしぐさがとっても可愛いです。
    特にまだうまく飛べない羽をちょこまかと動かしている姿は、めっちゃいいです!
    フクロウが登場する絵本って、思いだしてみると意外とバリエーションがありますね〜。
    この作品はストーリーといえば、フクロウにとっては何気ない1日の出来事のようですが、1ページ1ページの絵がとても楽しませてくれました。

    掲載日:2014/02/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 不安なお留守番

    • オパーサンさん
    • 30代
    • ママ
    • 福島県
    • 女の子4歳、女の子1歳

    夜中に目を覚ましたフクロウのヒナたち。
    お母さんが見当たりません。
    待っても待ってもなかなか帰ってこないお母さん。
    最初は気丈にがんばっていたお兄ちゃん(かな?)もだんだんと不安を募らせます。
    最初から「ママにあいたいよう!」と言っていた甘えん坊さんはもう泣き出しそう。
    出かけている方にとってはそれほど長い時間ではなくても、待っている身にはつらい時間ですよね。どんどん悪いことを想像しちゃったりして。
    やっとお母さんが帰ってきたシーンでは、息を詰めていた娘が、思わず「フーッ」と息をついていました。まだお留守番の経験はない娘ですが、しっかり感情移入して聞いていたようです。

    掲載日:2010/01/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • ママ、だーいすき!

    ふくろう好きの娘。
    図書館で自分で借りたいと選んだ絵本です。
    夜の世界、しーんと静まりかえった空気を感じます。
    お話は、ある夜3わのひな達が目を覚ますとお母さんがいません。
    なかなか帰ってこないお母さんにだんだんとひな達の不安がつのります。
    「ママにあいたいよう!」とずっと言い続けていた末っ子のひな、やっと帰ってきたお母さんに「ママ、だーいすき!」という言葉がとっても微笑ましいです。ママと会えた時の安心感、嬉しさが伝わってきます。
    お母さんが子供の事を大好きなのはもちろん、やっぱり子供も同じくらいお母さんが大好きなんですね。母子の愛情を感じるお話です。
    子供を膝にのせて、ゆっくり読んであげたい一冊です。

    掲載日:2009/04/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • プーパーかな?

    • こりえ♪さん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子2歳

    母を待つ幼い3羽のふくろうが、なんともかわいらしい絵本です。
    ふくろうが好きな娘はもちろん、興味津々で見ていました。

    お母さんがいないことに心配するふくろうたち。
    ごちそうをきっと持ってきてくれるのだろうと読んでいると、娘がひと言。
    「プーパー(スーパー)かな?」
    スーパーに買い物に行ったと思ったらしいです。
    ここにも微笑ましい光景がありました。

    やっと帰ってきたお母さんふくろうに喜ぶ子供たち。
    娘は「ママのことすきー!って」と、ふくろうの様子を見ておしゃべり。
    次のページを見てビックリ!
    本当に「ママ、だーいすき!」って書いてある。
    意外と言葉はいらないのかも・・・絵本の素敵なところをまた見つけたような気がしました。

    掲載日:2009/04/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 動物好きの甘えん坊にオススメ

    息子が図書館で何気なく手に取った絵本に、親子ではまってしまいました。
    3羽のフクロウのヒナたち。夜中に目が覚めたら、お母さんがいない・・・!不安になりながらも気丈にお留守番をしようとする、しっかりものの子もいれば、「ママにあいたいよう!」としか言わない甘えん坊の子も。最後はもちろん、お母さんが帰ってきて、読み手も聞き手も一安心。
    まだ白くてフワフワで、頼りないフクロウのヒナたちがかわいい!甘えん坊のピヨちゃんは息子にそっくりで、自ら「ぼくとおんなじだね!」と言いながら楽しんでいます。

    掲載日:2007/10/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 心の描写が見事

    • ジュンイチさん
    • 40代
    • パパ
    • 東京都
    • 男の子12歳、男の子6歳

    小学校1年の次男が、学校の図書館で借りてきた絵本です。
    辛口評論家の次男の評価は、「この本なかなか良いね。」でかなりの高評価でした。

    お話は、三羽のフクロウのひなが、ある夜めを覚ました時におかあさんがいないことから始まります。
    3羽の心の描写が見事で、子供も完全に感情移入して聞いていたようです。
    最後に、おかあさんが帰ってきたときの三羽の喜びようったらありません。
    本当に嬉しそうな表情が印象的でした。

    ほんの僅かな時間のお留守番の物語ですが、素敵な絵と相まって心に響く絵本に仕上がっていると思います。
    読み聞かせにぴったりの絵本です。

    掲載日:2007/10/14

    参考になりました
    感謝
    0

12件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『誰も知らない世界のことわざ』翻訳者・前田まゆみさんインタビュー

みんなの声(12人)

絵本の評価(4.62)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット