十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。

ないたあかおに」 みんなの声

ないたあかおに 作:浜田 廣介
絵:黒崎 義介
出版社:フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
本体価格:\950+税
発行日:1987年
ISBN:9784577013526
評価スコア 4.71
評価ランキング 1,103
みんなの声 総数 30
「ないたあかおに」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

30件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
  • 読み比べました!

    これは黒崎義介さんが挿絵を描いている≪ないたあかおに≫。
    我が家にあるのは池田龍雄さんの挿絵のもので、
    その後書きに、
    ≪こんどの絵本にも、この作をやさしく書いて、
    読んでもらうことにしました≫。。とあったので
    今度の絵本とは、これのことかな?と借りてきました。

    文は平易になり、読みやすくなっています!
    でも、私はあの独特の古い言い回しが好きなので、
    少し物足りない感じがしました。
    絵の雰囲気もずいぶん違います!ふくよかな鬼さんは優しそう。
    でも、私は池田さんのスマートで繊細そうな鬼が好きです。
    これは好みの問題ですね〜^^;(笑)
    それでも、お話を読むと、やっぱり切なくなりました。
    とても心に残るお話です。

    長男は『一緒やけど、ちょっと違〜う♪』と言って
    2冊並べて違いを読み比べて、楽しんでいました。(笑)
    子どもには、こちらの方が聞きやすいかもしれませんね!

    掲載日:2007/02/07

    参考になりました
    感謝
    2
  • 3つの立場

    • あおおにさん
    • 30代
    • せんせい
    • 愛知県
    • 男の子1歳

    あかおに,あおおに,村の人という3つの立場にたって読んでみることのできるすばらしい本です。えてして素直で優しい鬼たちの心温まるいい話として読まれてしまいそうな内容ですが,実は人の奥底に潜む差別感を如実に表しているシビアな本だと思います。小さい子供には鬼の立場で,小学生になっていじめを本能でなく確信犯的に行い始める時期に,村の人の立場で読ませたい本です。
    人にしても物にしてもひと目見た感じで第一印象を形成するのは当たり前ですが,それを訂正する勇気を持たなければ本当のことが見過ごされていってしまう。そんなことを考えさせてくれる本です。

    掲載日:2003/02/20

    参考になりました
    感謝
    1
  • 易しい

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子3歳、女の子1歳

    ないたあかおにのお話が好きで何冊か読んでいます。
    こちらのお話は比較的易しく書かれていると思います。個人的にはちょっとあっさりしているかなと感じました。
    3歳児に読んでみましたが、易しいといってもまだこのお話自体が難しいお話だったかな。
    あかおにの気持ち、あおおにの気持ち…そういったものがもう少し分かるようになるのは何歳くらいなのでしょうね。小学生くらいで読んだらまた違った感想を持ってくれそうです。

    掲載日:2015/01/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 考えさせられます!

    「ないたあかおに」のお話は私自身子供の頃にも読んだことがあり(どなたの絵のものかはわかりませんが)とても有名なお話ですよね。
    そして,たくさんの方が描かれていて絵によって雰囲気もずいぶん違うのでしょう。
    いずれ現在4歳の娘にも読んでほしいと思っています。
    こちらの「ないたあかおに」は,優しいタッチの絵で鬼の怖さなどはさほど感じないので幼児などにもいいかも知れません。
    友達,友情,相手を思いやる,実にさまざまなことが学べる絵本ですね。
    大人になった今,改めて読んでも素敵なお話だと痛感しました!

    掲載日:2014/11/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 鬼がよさそう

     このお話にはたくさんの画家さんが絵を描かれています。この絵本のおにたちは、ほんとうにやさしそうな顔をしています。人がよさそう、ではなく「鬼がよさそう」な表情です。
     それでもやっぱり、自分が村人だったら赤鬼と友達になれるかどうか、、、。

     何度読んでもしみじみするお話です。わかりやすい文章なので、小さな子にもぴったりです。
     

     

    掲載日:2014/02/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 友情

    青おにくんの赤おにくんの願いを叶える為に自分が悪者になって去っていくのは、あまりにも切なさすぎます。その為に後になって赤おにくんはきっと村人たちと青おにくんのどちらかを選んだとしたら、青おにくんだったかも知れないのにって思いました。友情かもしれませんが、赤おにくんの幸せの為に身を引いたのかもしれませんが、鬼同士傍にいた方がよかったかなあなんて思ってしまった私でした。

    掲載日:2013/03/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • いいお話だ・・・人間の恐ろしさ・・・

    • びーびさん
    • 30代
    • ママ
    • 北海道
    • 男の子9歳、女の子7歳

    名作ですよね・・・子供には全体読んであげたいと思っていました。
    人間の心の恐ろしさ・・・
    青鬼さんの優しさと赤鬼さんの優しさとても考えさせられるお話です。
    青鬼さんという大事なお友達1人と人間達どちらが赤鬼さんには本当に大切にしたら良かったんでしょう??考えさせられます。
    中学年でもまだ理解が難しいかな・・・?
    私がまた読みたいです。

    掲載日:2013/03/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • いいストーリーなのにウケがイマイチでした

    • ムスカンさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子5歳、女の子0歳

    俵万智さんの『かーかん はあい』に紹介されており、
    息子と一緒に読んでみたくて
    わざわざ予約までして図書館から借りてきました。

    が、息子の反応はイマイチ。
    保育園でも読んだ事があるらしく、
    さして感じる様子もなさそうでした。

    話の流れを理解してないのかな?と思ったけど、
    きちんと分かってる様子。

    私はとってもいいお話だと思ったのですが、
    心の底にジーンと響いてくるような友情がテーマの絵本は、
    冒険心いっぱいの5歳の男の子向きではないようでした。

    掲載日:2012/03/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 友達って・・・

    感動しました。とても深く考えさせられました。
    上の子が借りてきて読んだのですが
    友達っていったいなんなんだろう。と
    改めて私自身深く考えてしまいました。
    子供達にはこのお話の色々な意味はまだまだ
    わからないと思います。
    友情、親友、友達・・・
    子供達がこれから直面していく課題かな。
    こんな友達を持って欲しい、青鬼のような人に
    なって欲しい。
    未就学児でも読んでみてもいいと思いますが
    小学生位ならちゃんと理解出来るかな。
    もう少し大きくなるまで何回も読みたいと思う本です。

    掲載日:2008/02/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 切ないお話です

    • 花明りさん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子2歳

    こどもの頃、赤鬼と一緒に泣きました。
    村人ともお友達になりたかったけど、青鬼と別れたくなかったのに。どうして?
    こども心に切ないお話でした。
    娘にきかせたら、どう思うだろう?
    鬼というだけで怖がるかもしれませんが、読んでみたいと思います。

    掲載日:2008/02/09

    参考になりました
    感謝
    0

30件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『おやすみ、ロジャー 朗読CDブック』本屋さんインタビュー&体験レポート

みんなの声(30人)

絵本の評価(4.71)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット