たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ
 出版社: サンリオ サンリオの特集ページがあります!
メモ&付箋96枚いり!おてがみがもっとたのしくなる折りてがみアイデアがいっぱい♪

バンザイ!海原めざして出航だ!」 みんなの声

バンザイ!海原めざして出航だ! 作・絵:ピーター・スピア
訳:わしづなつえ
出版社:瑞雲舎 瑞雲舎の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:1998年
ISBN:9784916016201
評価スコア 4
評価ランキング 19,446
みんなの声 総数 3
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 嵐の船のシーンが面白かったです。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子18歳、女の子13歳

    マザーグースの詩をピーター・スピアが絵本にしたもので、
    どのページもとても丁寧に描かれていて見ものでした。
    この絵本はもちろん、マザーグースの「詩」有りきなので、
    船や港町の風景や、港町で生活する人々、水夫たちがたくさん描かれています。

    特に面白かったのは嵐の船のシーンで、大変な状況なのによく見ると洗濯物が干してあったり、歌ったり踊ったりしている人がいたり(これって船の楽師でしょうか?)…。
    さすが、ピーター・スピア!と、思ってしまいました。
    じっくりゆっくり何度も捲って楽しみたい1冊です。
    特に絵やイギリスの歴史、マザーグースの詩に興味のある人にはお薦めです。

    掲載日:2013/06/12

    参考になりました
    感謝
    1
  • 心に沁みる 

    長い航海の間の様々な出来事に胸が痛くなったり感動したり・・・
    今よりもはるかに困難であっただろう航海を無事に終えたシーンの文章が心に沁みます。
    スピアの素晴らしい絵の中で遊ぶことができて楽しいです。

    掲載日:2010/02/15

    参考になりました
    感謝
    1
  • 絵がとっても素敵

    ピーター・スピアさんの絵が大好きで、手に取りました。
    1830年頃というからもう200年近く前の話ですね、フランスの港町オンフルールから出航した帆船の航海の様子が描かれています。

    文章は詩のようで抽象的かつ比喩が多く、一読しただけではなんのことやら?という感じでもあります。でも、巻末に詳しい解説(大人向き)がついていて、それをあわせて読むとなるほど、と思わせられます。

    ペンで描かれた輪郭に水彩で色をつけたようなこの作者の絵は、なにより魅力的です。横長の絵本なので、港や街角の様子が見開きで描かれているページは、パノラマ画面になっていて臨場感があります。

    子どものためではなく自分が見て楽しむために購入した絵本です。
    文章は子どもが楽しむのはまだ難しいと思いますが、この素敵な絵を見るだけでも、感性にうったえるものがあるのではないかと思います。

    掲載日:2009/04/20

    参考になりました
    感謝
    1

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / はじめてのおつかい

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ドイツで大人気!バニーが日本上陸

みんなの声(3人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット