あくたれラルフのクリスマス あくたれラルフのクリスマス
作: ジャック・ガントス 絵: ニコール・ルーベル 訳: こみや ゆう  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
わるい子は、プレゼントをもらえないのよ!
レイラさん 50代・ママ

嫉妬
『あくたれラルフ』のねこ、ラルフのクリ…

ほるぷ出版の大きな絵本 ガンピーさんのふなあそび」 みんなの声

ほるぷ出版の大きな絵本 ガンピーさんのふなあそび 作・絵:ジョン・バーニンガム
訳:光吉 夏弥
出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
本体価格:\6,000+税
発行日:2004年
ISBN:9784593720309
評価スコア 4.17
評価ランキング 16,695
みんなの声 総数 5
「ほるぷ出版の大きな絵本 ガンピーさんのふなあそび」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ゆったり流れにのって

    子どもたち動物たちがガンピーさんの船に乗せてと頼みます。ガンピーさんは「いいよ」とただし、条件付きで。「騒がないでね」「暴れないでね」と。みんなは結局、船から川に落ちてしまいますが、みんなで歩いて帰ってお茶にします。なんて、素敵な川下りだったのでしょう!

    4歳の息子はどんどん乗り込んでくる動物たちに興味津々。落ちてしまうところもお気に入りの場面です。

    掲載日:2013/12/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 約束を守らないと…

    • ぷりこさん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子8歳、男の子3歳

    今日、小学生向けのお話し会で、読んでいただいた
    大型絵本です。お部屋の後ろの方で、拝見しましたが
    大きな絵本だけあって、色々な動物が船に乗っているシーンでも、
    小さな動物が見やすかったです。

    いろいろな絵本やお話を聞かせていただきましたが、
    娘は、この絵本が一番面白かったと言って
    とても気に入っていました。

    娘は学校の図書室で借りて読んだことがあった絵本
    でしたが、やはり大型の絵本なので、『いつもよりも
    大きくて嬉しかった。』と言っていました。

    この物語の子たちは、お約束を守れず大変なことになって
    しまうので、ふなあそびのお約束は、是非守ってもらいたいですね。

    掲載日:2010/07/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 左右の描き方が違う。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子14歳、女の子9歳

    本の裏表紙には「全国学校図書館協議会選定図書」と書いてあります。
    で、出版社からの希望は3歳から読んでほしい本らしいです。
    バーニンガム氏にはたくさんの有名な作品がありますが、この絵本もその中の1冊なんでしょうね。(私は最近知りましたが)

    ガンピーさんのボートに次々子どもや動物たちが乗り込んでいって、最後はみんなが暴れてボートがひっくり返っちゃうって、だけの話なのですが、
    この、次々にいろいろな動物がボートに乗ってくる。
    「その特徴をふまえて、ガンピーさんが一言いう」の繰り返しが、
    子どもたちには心地よいのかもしれません。
    ちょっと昔話みたいですよね。

    ボートに乗っている絵は必ず見開きの左側にあって白黒のタッチですが、
    新しく乗ってくる動物たちは右側に描かれていてカラーであるのも、
    制作上のこだわりがあるのかもしれません。
    学校や幼稚園などの読み語りでも、あまり年齢に関係なく楽しめる気がします。
    上にも書いたとおり、ボートに乗っている左側の絵は白黒なので、あまり大人数のお話会には、遠目がきかないかもしれません。

    掲載日:2010/01/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 図書館祭りで読みました!その2

    • ぼのさん
    • 40代
    • ママ
    • 新潟県
    • 男の子15歳、女の子13歳、女の子8歳

    先日、図書館祭りがあり、昨年から参加している、ボランティア同士の情報交換サークルが、お話し会をすることになりました。

    図書館側の要望で「トキ」が出てくる紙芝居をひとつ、あとは今まで読んだことのない大型絵本の中から3冊選んで読むことになりました。
    その中の2冊目がこれ!

    いろんな動物(人間の男の子と女の子も)が次々にやってきて、ガンピーさんの小船に乗りこみ、騒いでひっくり返る、バーニンガムさんの代表作です!

    メンバーの中に白一点=男性がいるので、彼にガンピーさん役をやってもらい、たくさんの登場人物(動物)が出てくるので、一人二役をこなし、にぎやかに鳴き声や効果音を入れて読みました。

    大型絵本にしては、やや小ぶりで(普通の絵本より多少大きいという感じ?!)、紙も薄めでめくりにくいのが難点です。
    また、私は大好きな絵なのですが、優しいタッチでごちゃごちゃ描かれてるので、遠くからだと少し見にくいかもしれません。

    なので、おはなし会に向いてるかどうかは微妙ですが、シンプルな繰り返しが楽しく、小さな子でもけっこう喜んで聞いてくれたようです。

    掲載日:2009/05/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 癒し系絵本!

    • さわこさん
    • 30代
    • ママ
    • 新潟県
    • 女の子4歳、女の子0歳

    おはなし会で読んでいただいた絵本です。

    初めに表紙を見た時に、4歳の娘には難しいお話かも…と思ったのですが、繰り返しのお話で、大丈夫でした。

    ガンピーさんが船に乗っていると、いろいろな動物たちがのせてほしいと言ってきます。
    ガンピーさんは、「○○しなければね〜」と言って、のせてあげます。
    その繰り返しが、聞いていて何とも心地よかったです。
    ガンピーさんの優しさや大らかさがとても伝わってきました。
    そして、私は絵が何とも癒されました。
    この絵本を聞いている時、時間がのんびりと進んでいるような気がしました。

    大人はのんびりとしていて、癒されていいな〜と感じましたが…。
    子供は…というと、このガンピーという名前が印象的で、おもしろかったようです。

    そして、読み手の皆さんの演出の工夫で絵本の中に入り込んでしまいました。
    こういうところが、おはなし会などでの大型絵本の魅力です。

    掲載日:2009/05/14

    参考になりました
    感謝
    0

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



賢治の祈り『雨ニモマケズ』柚木沙弥郎さん×松田素子さんインタビュー

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.17)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット