庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

Cinderella (シンデレラ洋書版)」 みんなの声

Cinderella (シンデレラ洋書版) 絵:マシュー・ラインハート
出版社:Little Simon
本体価格:\4,000+税
ISBN:9781416905011
評価スコア 4.29
評価ランキング 13,377
みんなの声 総数 6
「Cinderella (シンデレラ洋書版)」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 美しい!

    字が読めないお子様でも驚きと感動をもって眺められる絵本だと思います。読みなれたシンデレラでも仕掛け絵本となると、今までとは違う気持ちで見られるようで何度も飽きずに繰り返し見ていました。こんな風になりたい、などと丁寧な振る舞いなどもしてみたり踊ってみたり、すっかり自分がシンデレラになったつもりでしばらくはいました。
    大人の私が見ても楽しい絵本でした。

    掲載日:2007/10/09

    参考になりました
    感謝
    1
  • 全部英語だ・・・。

    • こぐまんさん
    • 20代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 女の子4さい

    うちの娘が最近シンデレラが大好きなので 購入しました。仕掛け絵本でしかも4000円と高価だったのですが、期待して待っていました。開けてみると全部英語・・・。きちんと解説を読んでいなかった私のミスなのですが、がっかりです。本も開けにくいし・・・。飛び出し方はすごくゴージャスで子供さんは 喜ぶと思いますが 破れないかハラハラします。

    掲載日:2007/09/08

    参考になりました
    感謝
    1
  • 魔法がいっぱい

    出産祝いにいただきました。

    アリスやオズの仕掛け絵本で有名な、
    ロバート・サブダさんのお弟子さんの作品みたいです。

    素敵なしかけの数々は、ロバート・サブダさんの作品にひけをとりません!

    わたしが好きなページは、かぼちゃの馬車のページです。
    お話が書かれている小さい扉では、
    ねずみが御者に、とかげが召使に変身します。

    最後、シンデレラが素敵なドレス姿から、
    ボロボロのお洋服に戻るところも、
    王子様がシンデレラの足にガラスの靴を履かせるところも、
    ちゃんと作られていて、素敵です♪

    女の子はきっと好きな世界なので、
    娘がかじったり、やぶったりしないように配慮しながら、
    もうちょっと大きくなったら一緒に楽しみたいと思います。

    大人の女性へのプレゼントにもオススメです。

    掲載日:2008/04/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 最初、ページをめくる時注意!

    絵本ナビの半額セールにて前々から欲しかったこの仕掛け絵本を購入しました。私は最近不思議の国のアリスも手に入れたのですが、個人的にシンデレラの方が仕掛けも絵本も好きです。いつもあんまり反応しない主人も感動してました。多分、アリスは色々なところで仕掛けを事前に見ていたから感動が少なかったのかもしれません。
     大きな仕掛けもさることながら左右にある小さな仕掛けの方が好きです。シンデレラの魔法がとけるところ、ガラスの靴のところなど本当に夢を見ることができます。ため息ばかり読みながらしてました。もちろん、娘はすごーいと言いっぱなし。でも一人で読むには壊しそうで怖いと言ってます。

    掲載日:2008/02/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 360度シンデレラ!

    お誕生日に頂いた仕掛け絵本なのですが、
    まず色の綺麗さにうっとりします。次に細かなところにまで仕掛けを施してある遊び心。一枚めくるたびに予想を裏切る仕掛けに、ただただ感動しました。一番嬉しいのは立体の正面から見えない部分にもきちんと色が入っていて手を抜いていない所!私の一番の見所は、ガラスの靴を履くシーン。本当にシンデレラの足がガラスの靴に入る仕掛けは感動ものです。360度どこから見ても隙がない、完璧なシンデレラを楽しめる一冊です。

    掲載日:2007/11/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 目の前で魔法が

    シンデレラといえば、
    ネズミが御者や馬に、そしてカボチャが馬車にと、
    魔法で大変身するところが魅力のひとつです。
    アニメ等ではキラキラの光などで
    いわば「ごまかす」ところが、

    「ただの紙」であるハズの絵本の中で、
    ページを開いているうちに、みるみる大変身!
    舞踏会の場面では、ちゃんとみんな踊っています。
    しかも立体…どうなってんの!?
    魔法だ、と一言で済ますほうがむしろ簡単な世界が
    次々と広がります。

    掲載日:2007/07/07

    参考になりました
    感謝
    0

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / くれよんのくろくん / いないいないばあ / もこ もこもこ / てぶくろ / ねないこ だれだ / かいじゅうたちのいるところ / おでかけのまえに

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



柚木沙弥郎さんのあかるい「雨ニモマケズ」

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.29)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット