だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

えんぴつたろうの三つのぼうけん」 みんなの声

えんぴつたろうの三つのぼうけん 作:佐藤 さとる
絵:岡本 順
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\1,165+税
発行日:1994年
ISBN:9784061956728
評価スコア 4.33
評価ランキング 11,019
みんなの声 総数 2
「えんぴつたろうの三つのぼうけん」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 家の中を探検しているような気になれます

    挿絵の少ない絵本ですが、うちの息子4歳は身近な道具“えんぴつ”のお話しということもあるのでしょうか、最近はお絵描きや、かなの練習も兼ねたお手紙を書くこともあり“えんぴつ”と触れ合うことも多いせいでしょうか、何度も、「読んでっ!」と持って来ました。

    僕は僕で、ちょうど岡本順さんの絵にハマっていたこともあり、その縁で初めて佐藤さとるさんと出会うことができました。(僕は小さい頃佐藤さとるさんを読んだ・読んでもらって記憶が無いです…そんな人は珍しいですかっ!?)

    佐藤さとるさんといえば、“ゆわかし”がおしゃべりしたり、家の中でモノたちが冒険するというのは定番のお話しのようですね。

    読み進めて行くうちに、自分たちも小さくなって家の中を探索しているような錯覚というか、お話しに入り込んでしまったような気になれるファンタスティクなお話しです。

    この“三つのぼうけん”をたまたま図書館で借りて息子も僕も気にり、絶対我が家のコレクションに加えたいと思ったんですが、どうも絶版になっているようですね。

    三篇の“えんぴつたろうのぼうけん”を読めるのはこの本だけのようですものね、“復刻”“再販”を身を削る思いで待ちたいと思います。

    掲載日:2008/01/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • もしかしたら自分のえんぴつも動くかも

    私の実家に「えんぴつたろうのひっこし」という幼年童話があります。そのお話は、この「えんぴつたろうの三つのぼうけん」では、2つ目の話として収録されています。元々えんぴつたろうの話は独立した3つの話でしたが、この本では3つのエピソードが1冊に収録されています。

    あるおうちの男の子が「えんぴつたろう」と名付けたえんぴつが、トランプのジョーカーに魔法をかけられて少しの間だけ動くことができたというお話です。えんぴつなので、その特性を活かして手紙を書くこともできます。

    息子は「えんぴつがしゃべるのが面白かった。しゃべるわけないよねえ」と言っていましたが、えんぴつが話をする点がとても新鮮に思えたようです。

    身近な物が動くというのは、佐藤さとるの得意としている世界で、私が子どもの頃は、えんぴつを見て「もしかしたら自分のえんぴつも動くかも」と考えたことがあります。「物を大切にしなさい」と大人はよく言いますが、自分のえんぴつがもし動くのだったら、子どもたちもえんぴつを大切にしようと思うのではないでしょうか。

    えんぴつが冒険というとても親近感がわく話なので、ファンタジーを今まで読んだことのないお子さんにぜひ読んでもらいたいなと思います。

    掲載日:2007/07/02

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。


『プルバックでゴー!』しかけ絵本専門店「メッゲンドルファー」 嵐田一平さんインタビュー

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット