もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

55階のねこ」 みんなの声

55階のねこ 作:なかえ よしを
絵:上野 紀子
出版社:佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!
本体価格:\903+税
発行日:1981年
ISBN:9784333010523
評価スコア 4.33
評価ランキング 11,689
みんなの声 総数 2
「55階のねこ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 大きな空や雲や野原

    ねずみくんのシリーズ以外の絵本は初めてです。
    ちいさな子猫の冒険を、大丈夫かしら?とドキドキしながら
    読みました。
    特に表通りで、本物の大きな車に出会ったときは。
    エレベーターの中の、気持ち悪そうに毛を逆立てている様子は
    おかしかったですね。
    外に出て、素敵なお友達に出会えて、疑問も解決して、
    何より、大きな空や雲や野原を見ることができてよかったです。
    よろこびの声がかわいい。

    掲載日:2017/08/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大人への旅立ち

    娘は猫が好きで、猫が主人公のこの本も、自分で見つけてきました。
    高いマンションの一室で飼われている猫が、下をちょろちょろ動いているものが何か知りたくて、勇気を出して出かけていきます。
    上から眺めていた世界は、マンションの一室とは大違い。
    その様はちいさなこどもが少しずつ親の膝元をはなれて
    外界と触れ合っていくイメージに似ているように思います。
    母として読む私は、とてもハラハラした気持になります。
    娘は、この本の最後の決め台詞の「にゃーごー」が特に好きで、
    そこに来るといっしょに「にゃーごー」とないて猫の真似をします。

    掲載日:2007/07/09

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



本屋さんイチオシ(読売KODOMO新聞)

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット