ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」

おばけでんしゃ」 みんなの声

おばけでんしゃ 文:内田 麟太郎
絵:西村 繁男
出版社:童心社 童心社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2007年06月
ISBN:9784494010585
評価スコア 4.62
評価ランキング 2,829
みんなの声 総数 76
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

76件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
  • 笑顔になれるおばけ絵本

    おばけなのか、妖怪なのか、とにかく沢山描かれていて、ページをめくるのに時間がかかります。大人でも、おもしろいです!
    言葉はとっても短いのですが、効いてます。
    特にラストの展開、大好きです。
    おばけをみつつ、終始笑顔になれる不思議な絵本でした。

    掲載日:2015/09/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • なんどでもたのしめる!

    おはなしかいでよみました。普段あんまり本に興味ない男子がくぎづけ!! いまおばけにハマってるそうです。他の子たちと競争でどんなおばけがいるか探すのに忙しい。ページいっぱいにたくさんのおばけがいて、うまい展開がひろがっているので大人もじっくり眺めたい一冊。
    さいごにおばけたちがにんげんに化けて電車から降りて行きます。「みんなの隣におばけがいるんじゃない?」と言ったらキャーキャーと大騒ぎになりました。
    おはなしかいで読んで、おうちじっくり眺めて、何度でもたのしみたい本です。

    掲載日:2015/05/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • おばけわんさか

    • てつじんこさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子5歳、男の子2歳

    むしむしでんしゃが気に入った息子たち,この本も読んでみました.

    おばけがこれでもかって出てきますね.ページの端から端まで面白いです.見飽きません.

    人間に化けている姿は,お化けのときの姿と見比べてみると面白いですね.息子とどれが化けてるのか探して遊んで楽しめました.

    竹とんぼで飛んでる雪だるまは,あのキャラクターを思い浮かべてしまいました.
    いろんな面白さが満載の絵本でした.

    掲載日:2015/02/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • おばけ探しがおもしろい!

    いろんなおばけが出てくるので、探しながら読んでいくのが楽しいです。

    おばけと電車という組み合わせが最高だと思います。子どもは食いついて見ていますね。

    「がたごと がたごと」「むしむしでんしゃ」とこの「おばけでんしゃ」は電車好きの男の子にぜひおすすめです!

    掲載日:2014/11/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • おばけがいっぱい!

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子3歳、女の子1歳

    タイトル通り、おばけが乗る電車のお話です。
    乗る人乗る人みーんなおばけ!
    いったい何種類のおばけが描かれているのでしょう?
    ラストでええーっとびっくりしました。
    人間界に来るんですか、おばけのみなさん…。まあ無害…なのかな?

    掲載日:2014/07/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 父ちゃんが怖がらせすぎて・・・

    特急電車に乗って以来、すっかり電車にはまった息子が、自分で図書館で選んだ本です。最初はがたたん がたたん♪とリズムよく気に入って読んでいたのですが・・・
    主人が「お〜ば〜け〜でんしゃ〜・・・」と恨めしげに読みすぎたせいで、すっかり怖くなってしまったよう。最近はこの本に近付きません。人に化けて降りる「にんげんえき」、電車が変身する様子など、こども心を捉える要素がいっぱいの絵本だと思うので、また間を空けて読みたいです。

    掲載日:2014/04/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • こんなでんしゃにのってみたい!!

    おばけの絵本が大好きな娘は、おばけと名のつく
    絵本をかたっぱしから読んでとせがみます!
    その中でも、最近ヒットした絵本がこの本です!!
    おばけのでんしゃにいろんなおばけが乗ってきて、
    そして、そのうち「にんげんえき」に到着します!
    おばけが、いつのまにか、人間に変身してしまう
    のです!!
    ほんとに電車にのっている気分になれた絵本でした♪

    掲載日:2014/01/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • おばけとおに

    同じ内田麟太郎さん&西村繁男さんの「がたごとがたごと」「むしむしでんしゃ」がよかったのでこちらも読んでみることにしました。
    予想通り、娘がすごく楽しんでいまいた。
    子どもって「おばけ」が好きですよね。一生懸命に絵を見ています。
    さらに娘のツボにはまったのが電車に乗っている赤鬼。
    すごく小さくひっそりと乗っているのに、その存在がとても気になるようで、この絵本を開くたびに「おにさんは?」と言って探しています。
    おばけや鬼って、子どもにとっては怖いけれどでも気になるという面白い存在なのでしょうね。

    掲載日:2013/11/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵をじっくり

    ゲゲゲの鬼太郎から、おばけに興味を持った息子。
    おばけに対してまだあまり「こわい」という感覚がないのか、
    こちらもとても気に入ったようです。

    読み聞かせというよりは、一緒に絵を楽しむという感じです。
    何度絵を見ても、新しい絵の発見があって楽しいです。

    最初、主人に読んでもらったらしく、
    私が初めて息子と一緒に見た時、ストーリをわかっている息子は、
    「もうすぐへんしんするんだよ!」と目をキラキラ。

    そして、にんげんえきに到着するシーンで、
    「ほら!」と得意そうにしていました。

    にんげんえきに降り立った人たちをよーく見ると、ふふふ。
    上手に人に化けていて笑えます。

    掲載日:2013/10/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • スウェーデンでも出版されてます♪

    がたたん がたたん がたたん がたたん…
    小気味良いリズム感、絵の色使いもよく、ユーモアたっぷりの一冊です。
    初めて読んだ瞬間から、息子のお気に入り。上の娘も、最後のオチでいつもクスクス笑っています。短いから、何度かせがまれても苦にならずに読めますよ。

    実は、現在スウェーデンで出版されている、たった数冊の日本の絵本のひとつでもあるんです。スウェーデン語では「がたたん がたたん」が「ドゥドゥンク ドゥドゥンク」になっていて比べるのもおもしろかったです。日本の妖怪がたくさん登場するので、西洋社会ではなかなか馴染みのない雰囲気なのですが、そこが新鮮で良いのかなと思います。ただ、最後にひとつめ小僧くんが読んでいる本のタイトルが訳されていなかったのが非常に残念だな〜と思います。

    掲載日:2013/09/26

    参考になりました
    感謝
    0

76件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / おおきなかぶ / かばくん / がたん ごとん がたん ごとん / キャベツくん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うきわねこ
    うきわねこの試し読みができます!
    うきわねこ
    作:蜂飼 耳 絵:牧野 千穂 出版社:ブロンズ新社 ブロンズ新社の特集ページがあります!
    MOE絵本屋さん大賞第2位!満月の夜の、ふしぎなおはなし。


ハッピーなおやすみのえほん!

みんなの声(76人)

絵本の評価(4.62)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット