ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」

恐竜トリケラトプスジュラ紀にいく」 みんなの声

恐竜トリケラトプスジュラ紀にいく 作・絵:黒川みつひろ
出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:1997年
ISBN:9784338101066
評価スコア 4.46
評価ランキング 7,330
みんなの声 総数 12
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

12件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • ジュラ紀の森

    • さみはさみさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子5歳、男の子1歳

    5歳の長男がはまったトリケラトプスのシリーズのなかの1冊です。

    この巻では、トリケラトプスたちは、新天地を求めて旅をしています。途中で入った洞窟で、ステゴサウルスのこどもに出会い、おかげで森(ジュラ紀の世界)を見つけます。そこで肉食恐竜と戦いながら、ステゴサウルスのお母さんを見つけてあげるというお話です。

    シリーズで読むと、トリケラトプスたちの移動の様子や草食恐竜におそいかかる様々な危機を理解することができて面白いとは思いますが、毎巻が戦いなので、単調といえば単調です。

    掲載日:2013/06/21

    参考になりました
    感謝
    1
  • ありそでなかったお話。

    • もももももさん
    • 30代
    • ママ
    • 三重県
    • 男の子3歳、男の子0歳

    恐竜が好きで好きでたまらない息子が図書館で借りてきました。
    恐竜が出て来る本っていっぱいあるけれど、こんなにリアルながら、ストーリー性がある絵本ってありそでないかと思います。
    迷子になったトリケラトプスのお話ですが、お話自体も子供にも分かりやすく、それでいて恐竜たちの名前もしっかり書かれているので、息子はとても満足していました!

    掲載日:2010/03/08

    参考になりました
    感謝
    1
  • シリーズの中では比較的読みやすかったです

    この話には続編があるようですが最初のお話です。トリケラトプスは白亜紀の恐竜ですので、ジュラ紀には生息していないのですが、巨大クレーターがジュラ紀の入り口で、ジュラ紀の世界に遭遇することとなります。恐竜の話ですが、タイムスリップの要素も入っています。

    息子が好きなので他のシリーズも数冊読みましたが、トリケラトプスのリーダー・ビックホーンが勇ましく頼りになります。今回は、その子ども・リトルホーンが迷子のステゴぼうやと出会うお話です。

    肉食恐竜VS草食恐竜という図式なので、どうしてもトリケラトプスを中心とする草食恐竜の方に肩入れしながら読んでしまいます。元々息子が借りて来て、恐竜があまり好きではない私は、絵がリアルすぎてなかなか馴染めませんでした。
     
    読みなれてきたせいなのか、この絵本が他のシリーズに比べると危険が少なかったことや、ステゴぼうやの母親探しがメインの話だったこともあり、今回は割とすんなり絵本に馴染むことができました。恐竜が苦手なお母さんは、黒川みつひろの本のこの絵本から入るといいかもしれません。

    恐竜についての詳しい図解や説明もありますので、恐竜好きな子どもには見逃せない絵本だと思います。

    掲載日:2007/07/06

    参考になりました
    感謝
    1
  • 3歳の時にこのシリーズにはまって、見つけ次第、読んでいっています。

    トリケラトプスたちが住んでいる土地は食べ物がなくなってきているため、
    新天地を求めて旅をしています。

    本来、トリケラトプスは白亜紀の恐竜で、ジュラ紀の世界には行けませんが、
    旅の途中見つけた洞窟内で会ったステゴサウルスの子どもステゴぼうやの案内で
    ジュラ紀の世界に入り込みます。
    その世界で、ステゴぼうやのお母さんを探してあげるお話です。

    この絵本でジュラ紀と白亜紀ではいた恐竜が違うことを理解しました。
    ただ絵本のように、クレーターの中がジュラ紀と思っているような気がしますが…。

    このシリーズを読んでいると、どんどん子供が恐竜に詳しくなっていきます。

    掲載日:2016/02/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • トリケラトプスのいない時代へ!

    タイトル通りリトルホーンたちがタイムトラベルするお話です。
    こういうタイプのお話はありそうでなかった、初めてで面白かったです。
    恐竜もたーっくさんの種類が描かれています。覚えきれないほどです。
    後半の解説ページも読み応えがあります。

    掲載日:2015/07/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • クレーターの中はジュラ紀だった

    • てつじんこさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子5歳、男の子2歳

    なかなか興味深い話でした.
    トリケラトプスがいたのは白亜紀なのに,巨大クレーターのなかにはジュラ紀の世界が残っていたなんて.

    このお話は恐竜どうしの戦いがメインでなくて,迷子のステゴぼうやのママを探すというもので,いつもと違ってて楽しかったです.探す過程でいろんな恐竜が出てきて息子も真剣に見ていました.

    息子と恐竜図鑑を見たり,このシリーズを読むうちに,私もだいぶ恐竜に詳しくなってきました.なんとか紀とかまったく気にしてなかったの私ですが息子の影響で,時代ごとに恐竜も変化していったことを知り,恐竜っておもしろいな〜と思えるようになってきた今日このごろです.

    掲載日:2015/06/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 恐竜にも性格が

    恐竜たちが、群れで移動する姿は迫力があります。

    中でも、ウルトラサウルスの登場に驚きました。
    こんなに大きな恐竜がいたのですね・・・。

    からだは大きくても親切!
    恐竜にも、いろんな性格があったんだろうなあと思いました。

    掲載日:2015/04/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 本当にこんなことが?!

    • ムスカンさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子7歳、女の子2歳

    7歳の息子と読みました。

    「白亜紀」とか「ジュラ紀」とかは聞いた事があるけれど、
    トリケラトプスは白亜紀の恐竜で、なんてことは
    今まで考えたことがなかった私と息子。

    白亜紀のトリケラトプスがジュラ紀に行くって、
    どんな感じなんだろうか?
    江戸時代にタイムスリップする感じなんだろうか?
    私たちからみたらどれもいっしょくたの「恐竜の時代」でも、
    トリケラトプス達はなんだかカルチャーショックな様子です。
    恐竜には恐竜の、時代や文化の違いがあったに違いありません。

    そしてなによりびっくりしたのは、
    クレーターの中だけ外の世界から切り離されているという
    この絵本の設定。

    本当にこんなことが、あったのだろうか?!
    「ガラパコス携帯」という言葉の語源になった「ガラパコス諸島」じゃないけど、
    ここだけ外の世界から切り離されて全体的に時代から取り残されていたとしても、決して不思議ではありません。

    今までの何億もの歴史の中では、
    本当にいろんなことが、地球上で起こったんだなぁ。
    人間なんて小さいもんだな
    なんて思ってしまいました。

    今回の一冊は、シリーズの中でも、
    とてもスケールの大きい一冊でした。

    掲載日:2014/06/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • ハラハラドキドキ

    トリケラトプスのこのシリーズが大好きな子どもがまたまた借りてきました。
    今回のお話で登場してくる恐竜は、ステゴザウルスの親子。そして強敵はケラトサウルス、そしてさらにアロサウルスの登場。今度もハラハラドキドキの展開です。
    うちの子は、ケラトサウルスをやっつけてくれる超巨大恐竜ウルトラサウルスが気に入ったようです。この恐竜は初めて知りました。
    この絵本のお楽しみは、お話に加え最後のページに登場した恐竜たちの解説がついているところ。どんどん恐竜に詳しくなっていきます。

    掲載日:2013/02/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 詳しくなりました

    • Yuayaさん
    • 20代
    • ママ
    • 石川県
    • 男の子6歳、女の子3歳

    恐竜が大好きな息子が借りてきた絵本です。
    が!
    お話自体は状況を掴みやすいんですが、トリケラトプスが白亜紀の恐竜だとか、クレーターだとか、恐竜やこの時代について詳しくないと理解できない部分もあり、息子は一体どこまで理解していたかは不明です。

    説明してあげようにも私自身もあまり詳しくなく・・・^^;
    息子の質問に固まりつつ、話を進めました(笑)
    最後にちゃんと説明がついているのでとても勉強になりました!!
    「?」だらけだった私の頭もスッキリ解決しました。
    好きな子はどんどん入り込み、詳しくなっていきそうな絵本だと思います。

    迫力のある恐竜の絵は臨場感たっぷり!
    難しい事は置いて、絵やお話だけでも恐竜好きにはたまらないシリーズかもしれません^^

    掲載日:2009/06/01

    参考になりました
    感謝
    0

12件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / バムとケロのにちようび / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。
  • うきわねこ
    うきわねこの試し読みができます!
    うきわねこ
    作:蜂飼 耳 絵:牧野 千穂 出版社:ブロンズ新社 ブロンズ新社の特集ページがあります!
    MOE絵本屋さん大賞第2位!満月の夜の、ふしぎなおはなし。


『はやくちこぶた』早川純子さんインタビュー

みんなの声(12人)

絵本の評価(4.46)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット