おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン
原作: やなせ たかし 折り図・指導: 藤本 祐子 作画: やなせスタジオ  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
おじいちゃんもおばあちゃんもみんなでおってあそぼ!

りんごあげるね」 みんなの声

りんごあげるね 作:さえぐさ ひろこ
絵:石井 勉
出版社:童心社 童心社の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:2006年12月
ISBN:9784494010936
評価スコア 4.6
評価ランキング 3,292
みんなの声 総数 4
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 後悔・懺悔する場面が印象的。

    • 西の魔女さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子13歳、男の子9歳

    主人公のれいちゃんの揺れる心から目が離せませんでした。
    悲しみのどん底から 怒りの頂点へ…
    れいちゃんのちっちやな胸に収まりきらなくなり
    爆発してしまった感情。
    一瞬の自分の行動に
    大きな後悔・懺悔の気持ちがあふれ出るあたりが
    とっても読み応えがあります。
    どんな理由があっても 
    感情にまかせてとってしまった行動が
    想像もしない結果をもたらすこともある…という事を
    子供たちに感じさせてくれる絵本だと思いました。
    また れいちゃんが
    ピピッチとの想い出を語るページでは
    動物と暮らす事がどれほど魅力的か  
    よく伝わってきました。
    でも 動物を飼ったら 
    大抵は死を見届けることになる…
    そんな覚悟を感じさせてくれるお話でもありました。

    掲載日:2007/08/06

    参考になりました
    感謝
    1
  • 大切なインコの死

    友達のような 大切なセキセイインコの死 
    冷たくなっているインコを撫でてあげる時の気持ち            なみだが溢れたでしょう 
    「かなしいね れいちゃん・・・・」そう共感してくれる友達もありがたいですね
    ピピッチをお墓に埋めてあげた   そのお墓をカラスがねらっていたのです
    弟のようすけくんは 「カラスのせいでなくなったんではないよね」といいます  弟のしっかり命の重みがわかる子だな〜
    でも れいちゃんの気持ちは収まらず・・・ お墓にやってきたカラスに石を投げつけたのです
    なんとカラスが石に当たり落ちたときの驚き!
    れいちゃんはカラスを抱き上げて撫でてあげると トクトクといきをしていたのです
    この時の気持ち(ドキドキしました)  でもよかった生きていたのですから そして 優しく撫でてあげるのです(泣けてきますね)

    自分の大切にしていたピピッチの時と同じように 撫でててあげたのです
    カラスに石をなげた時のれいちゃんが・・・・  命の重みを感じ取ったのですね
    カラスが 生きていて良かった!
    この時死んでいたら どんなにれいちゃんは 心が傷ついた事でしょう
    あ〜  神様  生きていて良かった

    そして カラスに りんごをあげるのです
    ピピッチが大好きだった りんごを  命  
    れいちゃんは  いのちあるものの大切さを かんじて 大きく成長していってほしいな〜 
    子どもたちに読んでほしいな〜 この本 

    掲載日:2015/05/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • れいちゃんの心の変化

    大事なインコを巡っての主人公れいちゃんの心の変化が
    とてもよく表現されていました。カラスを許そうと思えるように
    なった気持ち、お友達のようすけくんが話した言葉の意味、きっと
    れいちゃんはずっとずっと成長したのだと思いました。

    掲載日:2013/08/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大好きなインコが死んじゃった

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子13歳、男の子11歳

    2007年度読書感想文コンクール小学校中学年課題図書。
    なるほど、命を軸に描かれた少女の心の動きが共感できます。
    れいちゃんは飼っていた空色のセキセイインコ、ピピッチの死を知ります。
    おまけに、ピピッチの亡骸まで、せっかく作ったお墓をカラスに掘り返され、
    失います。
    ダブルのショックにいろいろな想いが交錯します。
    特に後半のカラスとの対峙が感動的です。
    私自身子どもの頃セキセイインコを飼っていて、もちろん、死も体験していますから、
    れいちゃんにとても共感できました。
    周りのお友達の存在感も素敵です。
    悲しんでいるお友達への対応のヒントになりますね。
    ラストのれいちゃんの行動、ほめてあげたいです。

    掲載日:2007/07/10

    参考になりました
    感謝
    0

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ / めっきらもっきらどおんどん / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。


『キッズペディア 地球館 生命の星のひみつ』 編集者 秋窪俊郎さんインタビュー

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.6)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット