おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン
原作: やなせ たかし 折り図・指導: 藤本 祐子 作画: やなせスタジオ  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
おじいちゃんもおばあちゃんもみんなでおってあそぼ!

はまべのいす」 みんなの声

はまべのいす 作:山下 明生
絵:渡辺 洋二
出版社:あかね書房 あかね書房の特集ページがあります!
本体価格:\1,262+税
発行日:1979年
ISBN:9784251030016
評価スコア 4.5
評価ランキング 6,210
みんなの声 総数 3
「はまべのいす」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 作者のことばを読むと、作者自身の体験を基にしているようです。
    病気で外に出られない自分が見つめていたそのの風景。
    作者が良く歩く浜辺にポツンとあった椅子のイメージ。
    みごとな融合です。
    病室から見えたら、浜辺の椅子は、自由と健康とさまざまなプラスイメージの象徴です。
    その椅子に、通りかかる様々な人や動物や鳥を重ねると、なんだか希望が湧いてきます。
    「あしたはきっと元気になる」ってとてもいいですね。
    「いつの日か」じゃないから。
    色彩表現も素晴らしいと思いました。

    掲載日:2014/06/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大人になって読んでみると・・・

    浜辺に忘れられた白い椅子。

    病室からその椅子をみつめるひろくん。


    その椅子は一日のうちになんども顔を変えます。
    朝日に照らされた椅子、夕日、腰掛ける人たち。

    そして、その椅子にひろくんは
    「あしたは げんきになって、ぼくが あそびにいくからね!」
    と話しかけます。

    明日こそは元気になって、遊びにいくというひろくんの願い。

    浜辺におかれた椅子と病室のひろ君。
    子供にはそこまで理解は出来ていなかったかもしれませんが
    最後まで聞いていました。

    掲載日:2009/11/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 椅子に託す明日の希望 

    砂浜に忘れられた白い椅子、病室から椅子を見つめるひろくん。朝には太陽が椅子をばら色に照らします。ページごとに海辺の色がパッと変わり、海の表情が一つだけでないことに驚かされます。

    ひろくんは浜辺の椅子を眺めながら「あしたは げんきになって、ぼくが あそびにいくからね!」と椅子に話しかけます。ひろくんにとって、椅子は明日への希望を託す存在であることがわかります。

    病院に入院する子どもという設定に大人である私は少しドキッとしました。話自体は病気のことには触れておらず、ひろくんが眺める海辺の楽しい風景なので、暗い話ではありません。病気で動けない時には、いつかは自分も動きたいという願いをこめて、病室から見える何かに自分の明日を重ね合わせるものなのかもしれないと思いました。

    病室で過ごす子どもの心象風景が豊かに描き出されています。海辺に寄せ返す波のように、静かな感動がじわじわとやってくる絵本だと思いました。

    掲載日:2007/07/18

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



たたかえ!じんるいのために!

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット