ほげちゃんとこいぬのペロ ほげちゃんとこいぬのペロ
作: やぎ たみこ  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
大人気!ぶさカワ「ほげちゃん」待望の第3巻目刊行!
ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば

ほげちゃん、頑張りました!
ほげちゃんが、こいぬのペロにやきもちを…

だれでも知っているあの有名な ももたろう」 みんなの声

だれでも知っているあの有名な ももたろう 作・絵:五味 太郎
出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2007年08月
ISBN:9784871100663
評価スコア 4.13
評価ランキング 17,446
みんなの声 総数 15
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

15件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • イラストは大好きなんですが

    • AAさん
    • 30代
    • ママ
    • 山口県
    • 女の子7歳、女の子4歳

    ごめんなさい。私にはこの本はよく分からないです。
    五味太郎さんは好きでみんなが分からないといわれる類のも私はうけている性質なんですが、このももたろうの裏話はちょっとリアルで真実味がある部分と、全くリアリティがない部分(鬼が島での鬼との勝負など)があったので、そこがどうかな?と思いました。
    ももたろうのお話自体が最後のほうは変わっていましたから。
    そこが子どもにはちょっと不評だったかな。

    でも、五味さんのももたろうのイラストは大好きなんです。
    お土産のきびだんごも、いろんな会社のがありますが、五味さんのイラストのものをどうしても選んでしまいます。

    私個人的な希望では、五味さん作のいわゆる普通の「ももたろう」を読んでみたいです。

    掲載日:2008/12/10

    参考になりました
    感謝
    1
  • 「あまり有名ではありませんが」(*^^*)

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子16歳、女の子11歳

    五味さんらしい、すごい楽しい絵本でした。
    うちの子どもたちも喜んでくれました。
    上の子が一番気に入ったのは
    ≪でもじつは、ももたろうがすくすく育つのを
     お手伝いした人は、ほかにもたくさんいました。……
     あまり有名ではありませんが、ほんとうです。……≫
    のところらしく、しばらく「あまり有名ではありませんが、だって……」と笑っていました。
    下の子も、面白い面白いとページをめくってました。

    五味さんの絵ははっきりとして遠目が効くし、色鮮やかな絵なので、学校などの読み聞かせにもお薦めします。
    本当の昔話とは一風違った「ももたろう」の裏話みたいな作りのこの絵本、ぜひ一度読んでみてください。
    でも、もし原作のももたろうを知らない人は、
    まず、本当の昔話(といっても、地方によっていろいろなバージョンで伝わっていますが)の方を読むか聞くかしてからこの作品を読むと、より楽しめると思います。

    掲載日:2011/11/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 五味さんらしくて好き

    • こてりゅうさん
    • 40代
    • ママ
    • 栃木県
    • 男の子3歳、男の子1歳

    五味太郎さんが書く『ももたろう』

    以前 戦略戦争の時代に子供たちに読ませた童話 というのを何処かで聞いて なるほど。。。と思った。

    この本はそれを撤回してくれる内容になっていると私は思う。

    最後には鬼と仲良くなるこの絵本。

    子供には普通の「ももたろう」を読んでからにしないと回りくどくてちょっと難しいかも。
    でもこの本のラストは子供にはおススメ。

    掲載日:2011/06/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • ちょっとくどいかな

    • わにぼうさん
    • 30代
    • ママ
    • 宮崎県
    • 男の子7歳、男の子4歳

    有名なももたろうを五味太郎さんバージョンで!と
    ものすごく期待して借りてきたのですが。

    有名な話です、だれでもしっています

    と、ももたろうのお話の裏話のような感じで
    進んでいきます。

    う〜ん。面白いですよ、たしかに。

    ももたろうだけでなく、きゅうりたろうがいたりとか
    お供がイヌ、サル、キジになった理由、
    鬼ヶ島での鬼との戦いとか。

    有名です、誰でも知っていますのくりかえしが
    ちょっとクドいかなぁと思いました。

    ももたろうを寝る前に読みまくった兄ちゃんにも
    ふーんという感想でした。

    ちょっと変わったももたろうと言う形では
    おもしろいかもしれません。

    掲載日:2011/05/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • だれでも知っている…から始まる展開

    • おしんさん
    • 40代
    • ママ
    • 鹿児島県
    • 男の子23歳、女の子21歳、男の子18歳

    ももたろうです。
    だれでも知っているあの有名なももたろうです。
    と、お話が始まるのです。
    ももたろうが育っていくところにも、注釈が加えられ、鬼が島に行く時のお供がどうして、さる、キジ、犬なのか、なぜ、きびだんごをもっていったのかなど、なるほどなと納得できました。
    誰でも知っているところに、五味さんらしくスパイスを織り込んで、今まで語られなかった部分まで教えてくれるとは、なかなか面白いお話でした。

    掲載日:2011/04/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 一歳児には難しい・・・

    昔話の「ももたろう」が欲しかったので、正直失敗です。
    絵本大好きといっても何せ一歳児、”有名な「桃太郎」”すら知らないので・・・
    五味太郎さんが好きだから、購入したのだけど。。。残念

    数ページでも立ち読みできたら購入しなかった!!!

    掲載日:2010/11/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • ここ太郎のお話は、むかしむかし・・・・みんなによく知られた昔話
    これが、五味さん流になると おもしろい!

    きゅうりたろう りんごたろう くりたろう いもたろうが おもしろい!

    なんといっても クライマックスは、五味さんならではの 描き方です!

    桃太郎の島は こんな具合になりました。 絵がおもしろいので 見ているだけで 楽しくて笑えてきます!

    みんなのおかげで桃太郎は大きくなった おじいさん・おばあさんだけではないというのも ほんと 五味さんらしいな〜

    とにかくおもしろくて みんなにも 見せてあげたくなります。

    掲載日:2010/09/08

    参考になりました
    感謝
    0
  •  皆さんがよく知っている「ももたろう」のお話のうらには、隠された真実がたくさんあったのです。
     例えば、桃太郎は桃から生まれましたが、その陰には、きゅうりから生まれた「きゅうりたろう」や、栗から生まれた「くりたろう」がいたこと。
     おやつに持っていったのは、きびだんごですが、ほかにもいろいろなおやつを持っていったこと。などなど意外な裏側にちょっとびっくりです。
     「ももたろう」のお話を読んでから、読むとさらに楽しく読めます。
     そして、自分オリジナルの「ももたろう」を考えてみたくなってきますよ。
     五味太郎さんの挿絵もカラフルで楽しい感じです。 

    掲載日:2010/01/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大爆笑!

    • 蒼良さん
    • 20代
    • せんせい
    • 兵庫県

    さすが五味太郎さん。
    イラストも可愛く親しみがもてますし
    内容も誰でも知っているあの有名な桃太郎・・・・
    のはずが、実は知られていなかったことがたくさん描かれていて
    五味太郎ワールド全開でクスクスと笑ってしまいました。

    けれど、この絵本は6,7歳以上じゃないと
    ちょっと難しいかもしれないですね。
    所謂「誰もが知っている桃太郎」の話を理解し、
    その上で、この絵本のユニークさを理解しようと思うと・・・
    読み聞かせをするなら小学生以上になるかもしれません。

    掲載日:2010/01/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • なんかちゃうで

    • とむままさん
    • 40代
    • ママ
    • 三重県
    • 男の子13歳、女の子11歳

    誰でも知ってるあの有名な『ももたろう』というタイトルが決めてです。

    これで・・100%『知ってる!!』と答えてくれます。

    でも・・
    でも・・・

    こんなことは誰も知りませんでした。

    うそ!
    めちゃくちゃな話やん!

    等、読んでいる時に声がいっぱいかかるおもしろいお話です。

    五味太郎さんの絵にぴったりしたなんともユニークなほのぼのしたお話でまねをしていろんな昔話を作りたくなりました。

    掲載日:2009/01/19

    参考になりました
    感謝
    0

15件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / まどから おくりもの / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / バムとケロのそらのたび / はじめてのおつかい / たべたの だあれ / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ドイツで大人気!バニーが日本上陸

みんなの声(15人)

絵本の評価(4.13)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット