ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」

今森光彦 昆虫記」 みんなの声

今森光彦 昆虫記 文・写真:今森 光彦
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\3,200+税
発行日:1988年
ISBN:9784834008104
評価スコア 4.25
評価ランキング 14,274
みんなの声 総数 3
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 図鑑に匹敵!

    この本は図鑑より詳しく書かれているところも多く、図鑑と併用して常に家においておきたいと思う一冊です。
    昆虫の様子が月ごとに細かく載ってあったり、虫の脱皮や羽化の場面の写真などはとても細かく幻想的です。

    息子はやはり春夏のあたりのページが大好きです。そして、冬のページになるとなんだかさみしくなるようです。
    虫がいなくなりますから・・。

    息子は文字が読めないときからこの本を気に入って図書館に行く度に借りてきています。

    月ごとに虫の様子が詳しく書かれている本というのもあまり見かけないように思うので図鑑に匹敵するくらいに、価値のある一冊ですので虫が好きな方必読の価値ありです!

    掲載日:2011/07/31

    参考になりました
    感謝
    1
  • ブログのお友達に勧めてもらった本ですが、本当にいいです!
    図鑑ではないんだけど図鑑に近いくらい色んな昆虫が登場する。
    図鑑にはない面白さもあって、写真をじっくり楽しんだり、読み物としても楽しめます。

    今森さんの写真は本当に美しいですね。
    昆虫が今にも動き出しそうです。

    月ごとにどんな昆虫がいるかがわかります。
    今森さんの日々の記録(12年間のフィールドノートをまとめたもの)だそうです。

    テーマが面白いし(幼虫の顔、紋当てゲーム等)、1匹の昆虫をずっと追っている写真がすばらしい!
    こういうのを見たかったのよーという感じです。

    夫もこの本にはまり、家族みんなで見て楽しんでいます。

    掲載日:2007/09/10

    参考になりました
    感謝
    1
  • よかったです。

    虫が大好きな娘のためにばぁばに買ってもらいました。

    幼児向けの図鑑を持っていたのですが、道端で虫を見つける度に「図鑑で見てみよか」と言うのでもっと詳しい図鑑を買ってあげる事になり色々検討して大人でも楽しめる図鑑(ってより写真集なかんじですが)ってことでこれを購入しました。

    身近な虫の生態や脱皮がコマ送りの写真で見れ、なかなか面白いです。子供も「これ知ってる!!」「わぁ〜」などと言いながら楽しんで眺めていました。

    3歳には図鑑は難しいような気がするので(文字が読めない等)虫を眺めたり捕まえるのが好きな娘には写真がメインのこれを買って正解でした。

    掲載日:2013/09/09

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / わたしのワンピース / くだもの / ピヨピヨ メリークリスマス / オニじゃないよ おにぎりだよ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ハッピーなおやすみのえほん!

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.25)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット