おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン
原作: やなせ たかし 折り図・指導: 藤本 祐子 作画: やなせスタジオ  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
おじいちゃんもおばあちゃんもみんなでおってあそぼ!

いぬとねこ」 みんなの声

いぬとねこ 再話:ソ・ジョンオ
絵:シン・ミンジェ
訳:おおたけ きよみ
出版社:光村教育図書 光村教育図書の特集ページがあります!
本体価格:\1,600+税
発行日:2007年07月
ISBN:9784895726665
評価スコア 4.67
評価ランキング 1,747
みんなの声 総数 20
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

20件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • いろんな意味でおもしろい本です

    韓国の昔話だそうですが、日本のあの昔話に出だしが似ているのです。すっぽんを助けたり、お礼に竜宮に招待されたり、お土産をもらったり・・・子供たちもすかさずあれっと反応してくれました。 まぁ、浦島太郎があばあさん、かめがすっぽん、すっぽんに乗って竜宮に案内されるのではなく、男の子に乗って行ったりともちろん違うので、そこも楽しめます。
    そしてそのお土産にもらった玉で暮らしは激変するので、そこでよくばりばあさんの登場です。まんまとしてやられた後、おばあさん思いのいぬとねこが活躍します。犬より、ねこの機転とあきらめない気持ちで無事に玉を取り返し、いぬは外、ねこが家の中で飼われることになったという結末も楽しめました。
    もう一つ、鳴き方です。ヤオンにモンモン。早速、そういうことを書いた本も紹介して、各国の表現の仕方の違いも紹介できました。おもしろさ満載の本です。

    掲載日:2016/03/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 細かく描かれた絵がおもしろい

    3歳11ヶ月の息子に図書館で借りました。
    韓国の昔話です。
    毎年行っている、ボローニヤ国際原画展で、
    いつも気になるのが韓国の方の絵本なので、借りてみました。

    お隣りの国の昔話とあって、最初の方はなじみのあるストーリーでした。
    竜宮城が出てきたり、やさしいおばあさんと、意地悪ばあさんが出てきたり。
    後半は日本にはないような話ですし、
    動物たちの鳴き声も韓国のものですし、
    似ている文化や、少し違うところも肌で感じ取ることができるでしょう。

    ストーリーも興味深いのですが、
    私がとても気に入ったのは、なんといっても「絵」でした。
    ちょっと抑えめな色調なのですが、細かく模様を書き込んでいたり、
    平面的な不思議な感覚を起こさせる構図であったり。
    表現方法が手が混んでいて、見ていて気持ちがよく、見入ってしまいます。
    韓国の伝統的な、中庭や門のある家の書き方がいいです。

    息子はよく聞いていました。

    掲載日:2015/02/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 韓国の昔話、なかなか面白い!

    • 梅木水晶さん
    • 30代
    • ママ
    • 山形県
    • 女の子2歳、男の子0歳

    読み始めて数ページ目までは、日本の代表的な昔話、浦島太郎のパクリかと思いましたがそうではなく、何故猫が家の中で、犬が家の外で飼われるようになったかをわかりやすく教えてくれる本です。執念深くある事もたまにはいい事をもたらすね!

    掲載日:2014/11/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 国が違えば・・・

    • しいら☆さん
    • 40代
    • ママ
    • 宮城県
    • 男の子20歳

    韓国の昔話とのこと

    「浦島太郎」と「不思議玉」と「意地悪ばあさん」を
    混ぜ合わせたような感じでした

    韓国における
    犬と猫の扱いの歴史的違いから
    きているようですよ

    その国の文化の違いも
    垣間見れます

    貼り絵のような
    コラージュも楽しめます

    掲載日:2012/02/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 韓国のお話

    お話の前半部分は、「うらしまたろう」のようでした。
    子供も気がつき、「これって、うらしまたろうだよね。おばあさんだけど」と、言いました。
    しかし、後半からは、犬と猫がおばあさんのために頑張ります。
    特に、猫はあきらめずに頑張っていたと思います。
    猫が家・犬が外となったきっかけと考えられることが、面白かったです。

    掲載日:2012/01/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • オノマトペ

    韓国の昔話で、韓国の絵や色づかいってこんな感じなんだ〜と思った。
    印象的だったのが模様! おもしろい!

    オノマトペが勉強できました。
     日本で犬は「ワンワン」 韓国では「モンモン」
     子どもたちは、国によって違うってことが勉強できました。

    ストーリーは日本の昔話と似たような内容もありましたが、絵の感じが違うからなのか新鮮な気持ちで読めました。

    ちょっと世界に目を向けれた絵本でした。

    掲載日:2011/11/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 日本にもこういう話があるけど、韓国にもこんな話があったんですね!しかも、前半は浦島太郎みたい(笑)後半も日本に似た話あるし!

    すっぽんを助けたおばあさん、竜王の息子にお礼に城に招待され、帰る時にお土産に願いの叶う玉をもらう。でも欲張りばあさんに盗まれて、ペットの犬と猫が取り返しに行く。二人で助け合って取り返すけど、犬のせいで(というのはちょっとかわいそうだけど)玉を川に落としてしまう。でも、犬がさっさと帰った後も、探しつかれた猫が食べた鯉に玉が入ってて安心。おばあさんに届けた猫が可愛がられる理由を作ったというお話。

    日本の話2つミックスしたような話でした。長いけど、3歳の娘も面白く読んでいました。

    ちなみにこの本の解説によると、韓国での動物の鳴き方、
    犬はモンモン
    猫はヤオン
    豚はクルクル
    虎はオフーン
    だそうです。面白いですね。

    掲載日:2011/05/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 外国のむかしばなしって興味そそられます

    • けいご!さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子11歳、男の子7歳

    韓国の子どもがみんな知ってるむかし話なんだそうです。
    いぬは外で、ねこは家のなかで飼う由来を、おもしろおかしく知ることができます。
    いぬもねこも大活躍!おばあさんのために、一生懸命な姿に応援したくなりました。結果的にねこのがんばりが目立ちますが、私的には、犬もがんばったんじゃないかと。。。いろんな意見があがりそうですが、それもまた、むかし話のいいところではないでしょうか。
    外国のむかしばなしって、手っ取り早く異文化を体験できておもしろいですね。自分のなかの常識がくつがえされる感じもあって、それが刺激的で、考え方は一つではない!って再認識させられます。

    掲載日:2010/08/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 鳴き声も違います

    • うーずさん
    • 30代
    • ママ
    • 静岡県
    • 女の子7歳、女の子4歳

    犬とネコの鳴き声が日本とは違うのが気になったようです。国によって、鳴き声の表現の仕方が違うんだよ、と話すと興味深そうでした。

    韓国ではメジャーなお話しだそうです。犬が外で、ネコが家の中で飼われるようになった由来が分かって、へぇ〜?という感じです。犬の方が忠実なイメージがあるので、少し意外な気もします。

    ネコは、自分で探すよりももっと効率よくネズミを使います。この戦略には脱帽です。

    掲載日:2010/02/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • タイトルの意味がやっと解りました

     韓国の昔話だそうですが、とっても絵が私好みでした。
     幼い頃、祖父に聞かせてもらった昔話(創作)と似たような懐かしい空気を感じました。

     竜王の息子(すっぽん)を助け、竜宮に招待さてたおばあさん。
     おみやげに、魔法の玉を。
     その、玉はおばあさんの生活を豊かにしてくれますが…。

     日本の昔話に類似した展開ですが、ねこといぬの活躍に『へ〜、かっこいい。 』。
     ねずみのページに、笑いがこみ上げてきました。
     
     終盤の展開に、『それで、それで、エッ?あ〜〜〜あ。』。
     さらに、『フ〜〜〜。よかった。』
     ラストは『なるほどね!。』
     タイトルの意味がやっと解りました。
     楽しいお話でした。
     お話し会に使ってみたいと思いました。
     低学年から中学年が良いでしょうか。

    掲載日:2009/10/21

    参考になりました
    感謝
    0

20件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

どうぞのいす / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / バムとケロのそらのたび / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



葉祥明さんの描く不朽の名作

みんなの声(20人)

絵本の評価(4.67)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット