もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

あらしのひ」 その他の方の声

あらしのひ 作:シャーロット・ゾロトウ
絵:マーガレット・ブロイ・グレアム
訳:まつい るりこ
出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,262+税
発行日:1995年
ISBN:9784593503353
評価スコア 4.67
評価ランキング 1,945
みんなの声 総数 8
「あらしのひ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 不思議な出来事が起こったり、とってもハッピーになれる結末が
    待っているわけではなく、
    あらしが来る前とその猛威、そして過ぎ去った後を淡々とつづった作品なのですが
    読んだ後にまさに台風が去った後のようなすがすがしい気持ちになれる、そんな1冊。

    まずページを開くと、文章だけ。
    「男の子が、ゆらゆらゆれるかげろうをみています。
    小さな毛虫が、砂をかぶった草のへりを、のぼったりおりたりしています。」
    と、男の子のおうちとその周辺の様子を客観的に伝えます。
    1枚ページをめくると、見開き2ページにわたって絵が広がり、文章はなし。
    最後までこのパターンで、絵と文章が同じページに載ることはありません。
    文章を読むと光景が目に浮かび、その後絵を見ることで
    あらしのイメージがより確かなものになる気がしました。

    「きんぽうげはまっすぐにのび、黄色い花のうつわに、
    澄んだしずくをだいて、ひかっています」
    自然の描写のしかたがとても素敵ですし、
    マーガレット・ブロイ・グレアムさんのイラストには
    有名な「どろんこハリー」等とはまた違った味があって
    あらしの真っ只中のシーンなどは迫力があります!

    掲載日:2007/07/23

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



「ななちゃんの絵本」シリーズ つがねちかこさんインタビュー

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.67)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット