クネクネさんのいちにち きょうはパーティーのひ クネクネさんのいちにち きょうはパーティーのひ
文・絵: 樋勝 朋巳  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

くろのほん」 みんなの声

くろのほん 作・絵:五味 太郎
出版社:文化出版局 文化出版局の特集ページがあります!
本体価格:\500+税
発行日:1979年
ISBN:9784579400270
評価スコア 4.33
評価ランキング 11,038
みんなの声 総数 5
「くろのほん」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • いろいろ黒の見つけ方

    黒いものって何がある?
    そんなノリで五味さんがいろんな黒いものを描きますが、どこかユニークな感じがします。
    なるほどこれも黒かしら?
    土はひょっとして茶色じゃない?
    この本は固定観念からちょっと距離をおいているようです。
    そんな色の感じ方って大事じゃないでしょうか。
    押しつけでない感性を育てる。
    そんな発想から生まれた絵本ですね。

    掲載日:2015/12/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • かわいい

    どの絵も黒い物に関する絵です。からす、かみのけ、さめ・・・と続いていきます。絵にたいして、ひらがなで単語が書いてあります。色と言葉を教えられます。

    掲載日:2012/03/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 赤白黒

    「あかのほん」「しろのほん」に続いて、「くろのほん」を読みました。
    この3冊はつながっているので、見比べて読むと面白いですね。

    背景に明るい色のページが多くて、黒の物ばかりでも暗くなりませんでした。
    「よる」の絵には、それだけでストーリーがあるようです。

    掲載日:2011/09/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 色の本ですが笑えます

    黒というと華やかさのない色という感じがしますが、花婿さんのタキシードは黒と紹介されていて、華やかな場面にも向く色なんだなあと思いました。

    自分なりに色のイメージがあるのですが、色の絵本を読んでいるとそれが嬉しいほどに覆されます。

    色の絵本ですが、五味太郎のユーモアセンスが生きていて、クスッと笑えるのが楽しいなあと思います。

    掲載日:2008/02/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • おむこさん!

    黒の紹介で、おむこさんが出てくるとは!
    息子におむこさんを説明するのは少し難しいけれど
    本人なりに何かを感じたようです。
    黒でも濃淡がついていて五味太郎さんの微妙な色使いに
    子供も次々ページをめくります。
    黒は決して暗い色じゃないのを感じて欲しいですね。

    掲載日:2007/07/23

    参考になりました
    感謝
    0

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / わたしのワンピース / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの / よるくま

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



2歳からの日本語エンターテイメント第2弾は、つけたし+

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.33)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット