だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

はたらくじどうしゃ1」 みんなの声

はたらくじどうしゃ1 作・絵:山本 忠敬
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\600+税
発行日:1972年
ISBN:9784834005585
評価スコア 4
評価ランキング 18,960
みんなの声 総数 4
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 分かる人には分かるその良さ

    • さみはさみさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子5歳、男の子1歳

    働く車が大好きな1歳の次男に借りてきました。

    表紙からは想像できないほど精緻な描写でマニアックな内容です。正直なところ、私にはその良さはわからないのですが、好きな子は好きなんですね。息子はまだ内容を理解するわけではないので、色々な自動車の本を見比べて、絵で好き嫌いを決めているようです。

    薄いし、持ち運びやすいのでお出かけの際にいいかもしれません。

    掲載日:2013/11/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • カタログみたい

    いろいろなブルドーザ、いろいろなショベルが載っていて、型番までかいてあります。いままでひとくくりにしてきたけど、用途によって使われるブルドーザの形も様々。はたらくくるまが大好きな子どもには、たまらない1冊です。大人のほうも工事現場を通りかかると、ついつい「本に載ってたな」と確かめてしまいます。

    掲載日:2010/10/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • わからないけどいい!

    内容は子供向けかしら、と思うほどマニアックです。
    私もよくわかりませんが
    息子は何度もめくって指差したり、うーうー言ってます。
    薄いのでお出掛けにもいいし
    これは四冊揃えたいですね。

    もうちょっと大きくなったら、
    内容をよんであげれますが
    いまは、車の名前を言う程度です。
    でも大好きなのです。

    掲載日:2010/08/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 車好きの方必見!

    最近まで近くの道路で工事をしていたので、工事現場の車両をよく見ました。私が名前を知っているのはブルドーザとパワーショベルぐらいですが、工事現場の車両の用途についての説明が詳しいのでよくわかります。

    1972年発行だそうですが、現在も再販を繰り返されているロングセラー絵本です。値段もお手頃で薄いので本棚でスペースをとらないのも嬉しいです。

    万人に受ける本というよりは、車好きな男の子とかつて男の子だったお父さんにオススメです。

    掲載日:2007/08/02

    参考になりました
    感謝
    0

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

どうぞのいす / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『ことわざ生活 あっち篇 こっち篇』<br>ヨシタケシンスケさんインタビュー

みんなの声(4人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット