たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ
 出版社: サンリオ サンリオの特集ページがあります!
メモ&付箋96枚いり!おてがみがもっとたのしくなる折りてがみアイデアがいっぱい♪

なつの おうさま」 みんなの声

なつの おうさま 作:薫 くみこ
絵:ささめや ゆき
出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2007年06月
ISBN:9784591098097
評価スコア 4.4
評価ランキング 8,683
みんなの声 総数 9
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

9件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ひと夏の思い出

    このお話は、数日間だけ一緒に過ごした女の子と男の子のお話でした。最初は二人は全く合わない感じだったのですが、時間がたつにつれて少しずつ心を通わせていました。二人はトンボが好きで一緒に捕まえたり、トンを捕まえている時はとっても仲良しになったりと二人の間をトンボがつないでいて、そこが最近の子供にはない感じで素敵なお話だな〜って思いました。

    掲載日:2015/06/24

    参考になりました
    感謝
    1
  • 切なくなりました

    夏もそろそろ終わり・・という時に読んだので、なにか自分の
    気持ちとぴったりだったのかきゅうんと切なくなりました。
    夏が終わるのは、楽しいことが終わる(一緒に過ごしていた誰かと
    バイバイする)時の気持ちと似ていますね。
    ぼくと、ひなこの、子どもらしい、どこか不器用なやりとりも
    不器用なだけによりいっそう胸にぐっとせまるものがありました。
    どんなにきらきらした夏も、どんなに楽しい出来事も手放さなければ
    いけない時はくるのですよね。夏も楽しい時間も、手の届かない
    「なつのおうさま」のオニヤンマみたいだなあって思いました。

    掲載日:2014/09/11

    参考になりました
    感謝
    1
  • イラストはささめやゆきさんが担当しています。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子16歳、女の子11歳

    小学校低学年くらいの男の子と女の子のひと夏の友情を描いたお話でした。
    薫くみこさんらしいリズム感のある文章が、とんとんとストーリーに乗って、楽しく読めました。

    ささめやゆきさんがイラストを担当されています。
    どこかで聞いたことがあると思って、検索してみたら、私の大好きな柏葉幸子さんの「牡丹さんの不思議な毎日」のイラストも担当されていました!(あの話もすごくよかったです)

    色使いとか、描かれる世界の角度とか、個性的でとても面白いです。
    夏の話なので、読み聞かせに使うなら夏が一番ですが、夏休み入るとでなかなか集団の子どもたちに紹介する機会が少ないかも〜。

    掲載日:2011/09/28

    参考になりました
    感謝
    1
  • 気持ちをおもいやること

    • らずもねさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子2歳、男の子0歳

    夏休みの楽しい思い出のお話。
    トンボとりをしたり、お泊りをし楽しく楽しく過ごします

    ギンヤンマをとって別れに渡そうと一生懸命捕まえた
    男の子の気持ち
    そして挨拶もせずに駅に入ってしまい
    大きな鳴き声を残す女の子の心。

    相手の気持ちを想像するということって
    なかなか難しく、そしてとても大切なことなんですよね
    息子も終わり方が不可解だったようで
    「バイバイっていうんだよね、おかしいよね」
    といいつつ、何かを一生懸命考えている様子でした
    本当の気持ちはいつわかるのかしらと・・こちらが楽しみになってしまいました

    掲載日:2011/08/18

    参考になりました
    感謝
    1
  • 夏の思い出

    夏の思い出、淡い恋心を感じる気持ち、別れ際にちょっと切なくなってしまった気持ちがなんとも胸にキュンときました。そんな気持ちになれたのが、嬉しく思いました。恋心を抱かなくても、一緒に楽しく遊んだ友達との別れは辛くなるものだと思いました。真夏の風物詩の大輪の向日葵が大好きな花なので、とても夏らしく力強く感じました。
    夏の思い出は、いつまでも二人の胸に残ることと思います。人を恋する気持ちはとても素敵だと思います。

    掲載日:2011/01/06

    参考になりました
    感謝
    1
  • せつなさとともに思い出されるもの

    • はしのさん
    • 40代
    • パパ
    • 神奈川県
    • 男の子15歳、女の子13歳

    夏休み。
    たった二日間、一緒にいた女の子。
    「なつのおうさま」オニヤンマと遊んだのは、二人しか知らない秘密。
    彼女に「ぞうきんしぼり(うでをぞうきんみたいにしぼる)」をしたときに感じたおかし気もち。
    駅で別れたときに聞いた彼女の鳴き声。
    その声が自分のからだにつきささって痛くて泣いたぼく。

    せつないお話です。
    このせつなさは、たぶん経験したことがある人にしかわからないのではないかと思います。
    それも、しばらくたったときに、「ああ、あのときの気もちと同じだ」といった感じで、思い出されるものだと思います。

    だから、小学中学年の子どもたちにでさえ、伝わるかどうか、自信がありません。
    でも、こんな経験を、子どもたちは多かれ少なかれ、これから体験していくのだと思います。
    うらやましい限りです。

    掲載日:2010/06/11

    参考になりました
    感謝
    1
  • 力強い夏

    ツトムとひなこの夏の物語。

    ぼくとお母さん、ひなことひなこのお母さんは、ぼくのいる田舎で2日間を過ごした。ぼくとひなこは同い年。でも同い年だからって気が合うとは限らない。
    ところが一緒に山に登り、まるで鳥のような大きな大きなオニヤンマをみつけて、二人は興奮する。
    まるでぼくたちと遊んでくれたようなオニヤンマ…。
    ひなことの別れ際、お互いの胸の中に灯るこの気持ちは何だろう。

    夏・友達・思い出…子どもが成長していく上で出会う素晴らしいものが力強く描かれていて素晴らしい。
    人と人とのふれあいの場が「夏の田舎」というシチュエーションはありがちで「またかよ」と思ってしまったが、田舎じゃなくても、夏じゃなくても人との出会い・別れ・思い出は心に沁みる。
    読んでいくといつの間にか人との出会いと別れを通して成長したツトムの顔がはっきり見えたようで、力強い印象を受けた。

    掲載日:2009/09/04

    参考になりました
    感謝
    1
  • 初恋絵本?!

    題名が「なつのおうさま」、
    そして表紙には大きなトンボの絵。
    虫系のお話と思ったら、どうやら主人公の淡い初恋物語でした☆彡

    「仲良く遊べるでしょ。同じ年なんだから!」
    ってお母さんはいうけど、じゃあお母さんは同じ年のお米屋のおじさんと仲良く遊べるの!
    っていうのが非常に印象的でした。

    異性を少し意識しだして、ちょっと恥ずかしい。
    そんな男の子の心理に、男の子の母としてはちょっと複雑でした^^;

    うちの子がこんなふうに思う日はいつの日なのかなあ・・・
    なんて思ってしまいました♪

    とまだまだあまり○○ちゃん好きとかなく、ママが一番の息子には少し早かったようです^^;
    ちょっと年齢のいった子におすすめです☆彡

    掲載日:2007/08/08

    参考になりました
    感謝
    1
  • トンボ好きの娘によんだのですが

    トンボが大好きな娘が喜ぶかな?と思って読んだのですが内容がちょっと難しかったようです。ぼくとひなこちゃんの行動がどうしてこういうことをしたのか理由が文字ではかかれていなくて全て自分で考える本だったので難しかったようです。対象年齢は小学低学年ぐらいでしょうか?

    掲載日:2007/07/30

    参考になりました
    感謝
    0

9件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



すべてのおとなとこどもに贈ります

みんなの声(9人)

絵本の評価(4.4)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット