だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

天からきた大力童子」 みんなの声

天からきた大力童子 作:高橋 健
絵:福田 庄助
出版社:佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!
本体価格:\1,097+税
発行日:1990年
ISBN:9784333014651
評価スコア 4
評価ランキング 22,275
みんなの声 総数 1
「天からきた大力童子」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • こんな話があったんだあ

    昔、尾張の国の長四郎という夫婦が雷の子を助けました。そのお礼に授かった子どもが大力童子です。並外れて力も強くて賢い子なのでお寺に預けられることになりました。

    尾張の国とあったのですが、尾張出身の私は初めて読むお話でした。ですから「こんな話があったんだあ」と嬉しくなりました。雷の子が落ちて来てしばらくしてから戻るのですが、昔の人は想像力が豊かだったんだなあと思いました。不思議な出来事や現象を物語化する力が昔の人にはあったのをしみじみ実感。

    昔話にはいろいろな話があるので、豊かな想像力というのは、聞き伝えられてきた昔話を読む方が育まれるのではないかという気がしました。

    息子は鬼退治が出てきたところで「ちょっと読むの止めて。これは鬼が島に行く話?」と聞きました。私は「それは『ももたろう』でこれは別の話よ」と説明しました。昔話は各地で点在しており、いろいろな話が交じり合ってできているので、その点が子どもにはわかりにくかったかもしれません。

    昔話はテンポが良いものが多くて、声に出して読む方が断然おもしろいと思います。昔話の世界にどっぷりはまりそうです。

    掲載日:2007/07/30

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



第11回 『くつ あらいましょう』のさこももみさん

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット